エリンギの豊富な食物繊維が内臓脂肪の蓄積を防ぎます – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

エリンギの豊富な食物繊維が内臓脂肪の蓄積を防ぎます

エリンギはカルシウム食材を合わせ油でサッと炒める

エリンギの賢い選び方は、軸が白くて太く、弾力があってシワがないもの。傘はあまり開いてなく、割れていないもの。裏側が変色していないものを選びましょう。

独特の歯ざわりが特徴のエリンギは、きのこ類で人気の食材です。エリンギに含まれるビタミンDは、油と一緒に摂ると吸収率が高まります。

ナイアシンは、水に溶け出るという性質があるので、料理は炒めることが効果的です。

さらにビタミンDは、カルシウムの吸収率を高める作用があるので、魚や乳製品、大豆などと合わせて、炒め料理にするとよいでしょう。

食感を残すためにも炒めすぎないように注意しましょう。

エリンギの食物繊維で便秘解消、カリウムで高血圧予防

ひらたけの仲間のエリンギは、今やきのこ類の中でも料理への活用頻度が高い食材です。

味もさることながら、独特の食感が魅力で、これは食物繊維によるものです。食物繊維は、腸内環境を改善し、美容に役立つ栄養素です。

噛む回数が増えることで、満腹感が得られ、食べ過ぎを防げるというメリットもあります。

また、きのこ類の中ではカリウムの含有量が高く、高血圧予防に期待できます。

その他にもナイアシンやビタミンDなど、丈夫な肌を保持する栄養素が含まれていて、二日酔い解消や冷え性の改善にも期待できます。

エリンギの注目成分

ビタミンD、食物繊維、ナイアシン、ビタミンB1、カリウム

エリンギとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]エリンギ+かぼちゃ エリンギとかぼちゃのマリネ
かぼちゃのビタミンC、Eと、エリンギの食物繊維が合わさることで、抜け毛予防が期待できます。
また、動脈硬化予防の効果も期待できます。

[check]エリンギ+カレー粉 エリンギのカレー炒め
エリンギに含まれるナイアシンやカレー粉に含まれるクルクミンは、二日酔い解消や冷え性の改善に貢献し、双方が合わさることで期待が大きくなります。

しいたけのエリタデニンという特有成分が生活習慣病を予防します

しいたけの天日干しでビタミンDの含有量が増え、油で炒めると吸収率がアップします。

しいたけの賢い選び方は、傘の色は茶褐色。表面はハリがあり、肉厚で八分開き。湿り気やムラやシミがないもの。裏側が白く、ひだがきれいで傷みやシミがないもの。軸は直径1cmくらいの太さがあり、短いものを選びましょう。旬は3~5月、9~11月。

さまざまな料理の具材として、ダシトして活用幅の広いしいたけ。生ものや干したものが販売されていますが、実は天日干しすることで、ビタミンDの含有量が増えるのです。

ビタミンDは、脂溶性なので油と一緒に炒めるのがベスト。水溶性のナイアシンも含んでいるので、茹でるのは避けましょう。

ビタミンDは、カルシウムの吸収に働くので、魚介類や乳製品とのコンビもおすすめします。

しいたけの特有成分エリタデニンが高血圧や動脈硬化を予防

古くから栄養源として重宝されてきたしいたけ。食物繊維やビタミンB群が豊富で、腸内環境の改善、肌や髪の生成に役立ち、特にビタミンB1は、疲労回復や集中力の維持などに期待できます。

しいたけ特有の成分として、エリタデニンというものがありますが、これは高血圧などの生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

また、天日干しをすることでビタミンDの含有量が増えるというのも特徴的で、骨粗鬆症予防に役立つカルシウムの吸収に寄与します。

ビタミンC、Eや乳製品と組み合わせるとよいでしょう。

しいたけの注目成分

ビタミンD、ナイアシン、食物繊維、カリウム、パンテトテン酸

しいたけとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]しいたけ+ピーマン ピーマンとしいたけの炒め物
ピーマンのビタミンC、Eと、しいたけの食物繊維が合わさることで、抜け毛予防に期待できます。また、動脈硬化予防の効果も期待できます。

[check]しいたけ+チーズ しいたけのチーズ炒め
しいたけのビタミンDは、チーズのカルシウムの吸収を助ける作用があります。これにより骨粗鬆症予防や、丈夫な歯の維持が期待できます。

しめじの豊富なビタミン類で、肌の調子を整え老化も防止する

しめじの油炒めがベスト料理。煮物なら煮汁も一緒に。しめじの正しい選び方は、傘は小ぶりでふっくらとし、密集しているもの。軸は白くて弾力があり、太めで長すぎないものを選びましょう。旬は9~11月。

和洋中の料理でちょっと足すだけで、味わいを豊かにするしめじ。

もちろん栄養素も豊富に含まれていて、その中でもビタミンDに注目です。これは干ししいたけ同様に、天日干しすると増量する性質があります。

脂溶性なので油と一緒に炒めて吸収率を高めましょう。カリウムは、水に溶け出てしまいますが、煮物に入れる場合は、煮汁と一緒に食べることで栄養素を無駄なく摂取しましょう。

しめじのβ-グルカンで体を守る、ビタミンDで骨粗鬆症予防

きのこ類は健康に寄与するといいます。さまざまな研究報告がされていますが、しめじに含まれるβ-グルカンは、免疫力を活性化させる作用がると期待できます。

また、ビタミンDが豊富で、これはカルシウムの吸収率を高め、骨への沈着をサポートするという重要な役割りを持っています。

魚介類や乳製品としめじを合わせることで、骨粗鬆症予防も期待できるのです。

また、整腸作用のある食物繊維、美肌作りに貢献するビオチン、血圧抑制やむくみ解消に働くカリウムも含みます。

水溶性のものが多いので、茹でる料理は避けましょう。

しめじの注目成分

ビタミンD、カリウム、食物繊維、パントテン酸、ビオチン

しめじとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]しめじ+さけ さけとじめじのバターしょう油炒め
さけのたんぱく質と、しめじのカリウムを組み合わせて摂ることで、高血圧予防が期待できます。また、しめじは魚介類と合わせるとカルシウムの吸収率が高くなります。

[check]しめじ+ごぼう しめじとごぼうの山椒炒め
しめじ、ごぼうには食物繊維が含まれています。これらを合わせて食物繊維量を増やすことで、血糖値の維持や便秘解消の効果が期待できます。

ヘルシーな温野菜は蒸してオイルをかけて食べるのがベストな料理法

ダイエットに向いているといわれる温野菜ですが、特にブロッコリーやにんじんなど色が濃くて固い緑黄色野菜は、温野菜に適した食材です。

緑黄色野菜は水溶性のビタミン類を多く含みます。加熱して温野菜を作る場合は、茹でるよりも、焼く、蒸すなどの料理法がおすすめです。

また、緑黄色野菜は油と一緒に摂ると脂溶性ビタミンの吸収率が高まります。オイル入りのドレッシングを食べましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。