えのきたけの豊富な食物繊維で腸内をきれいにし便秘解消 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

えのきたけの豊富な食物繊維で腸内をきれいにし便秘解消

えのきたけは切る前に水洗いすると栄養は逃げない

えのきたけは加熱は短時間で炒めること。

えのきたけの選び方は、白く透明感があり、全体が瑞々しくてハリがある。傘が小さめで開いていたり割れたりしていないものを選びましょう。旬は10、11月。

比較的安価で頻繁に使用しやすい、えのきたけに含まれるカリウムやパントテン酸は水溶性なので、茹でるのはNG。

さらに切ってから水洗いすることも栄養素の損出原因になるので、洗うなら切る前にすること。サッと火を通す程度にしましょう。

火が通りやすいえのきたけは、ほかの食材を炒めてから、仕上げに加えるのがポイントです。

えのきたけのビタミンB1で疲労回復、食物繊維でお腹もスッキリ

日本の食卓でポピュラーなえのきたけは、きのこ類の中ではしいたけを抜いてビタミンB1の含有量が多く、疲労回復や集中力を高める働きが期待できます。

ビタミンB1は、長ねぎやにんにくなどに含まれるアリシンと一緒に摂ると吸収率が高まります。

また、食物繊維が豊富で脂肪の吸収を抑え、便秘を解消する働きが期待できるため、ダイエット中の人や便秘の人にも役立ちます。

整腸作用のあるヨーグルトやキムチなどの乳酸菌を一緒に食べるとより効果が期待できるでしょう。

その他、むくみ解消に働くカリウムや、肌荒れを防止するパントテン酸も含まれています。

えのきたけの注目成分

ビタミンB1、パントテン酸、カリウム、食物繊維、葉酸

えのきたけとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]えのきたけ+木綿豆腐 えのきたけと豆腐のそぼろ
えのきたけのカリウムと、豆腐のたんぱく質を組み合わせることで、高血圧予防が期待できます。また、これらはむくみ解消にも役立つとされます。

[check]えのきたけ+長ねぎ えのきたけと長ねぎのピーナッツ炒め
えのきたけのパントテン酸と、長ねぎのビタミンCを組み合わせることで、髪を美しく保つ働きに貢献します。また、免疫力強化にも期待できます。

まいたけの食物繊維とβ-グルカンで免疫機能を高める

まいたけは油炒めがベスト。洗う場合は切る前にすること。

まいたけは一年中出回っています。料理にちょい足したい食材です。まいたけに含まれるビタミンDは、油と相性が良く、一緒に炒めることで吸収率が高まります。

このビタミンDは、天日干しすることで増える性質があるので、1時間ほど干してから使用すると効果的に。

また、ナイアシンやビオチンは水に溶ける性質があるので、茹でる料理は避けましょう。洗う場合は、切る前に行ってください。

まいたけの正しい選び方は、軸が白く、固く締まっている。傘が肉厚で密集していなく、茶褐色でハリがあるものを選びましょう。旬は9~11月。

まいたけのβ-グルカンが免疫力向上、免疫活性によりがん予防も

まいたけには、免疫機能を正常に保つ働きやβ-グルカンが豊富に含まれ、免疫を助けて腫瘍の増殖を防ぐ抗がん作用が期待できるといわれています。

食物繊維も含むため、便秘解消を助けてくれます。また、まいたけに含まれるビタミンDには、カルシウムの吸収率を助ける働きがあります。

カルシウムは、油と一緒に摂ることで吸収率が高まるため、効率よくカルシウムを摂るためにもまいたけは、油で炒める料理がおすすめです。

粘膜や皮膚の生成に作用するナイアシンや、ブドウ糖の再合成を補助するビオチンが含まれているにも魅力のひとつです。

まいたけの注目成分

ビタミンD、ナイアシン、ビオチン、ビタミンB2、ビタミンB1

まいたけとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]まいたけ+ターメリック まいたけのターメリック風味
まいたけのナイアシンやターメリックに含まれるクルクミンは、二日酔いに効果があるといわれています。また、冷え性の改善にも期待できます。

[check]まいたけ+パセリ まいたけのパセリ炒め
まいたけのビオチンやパセリのビタミンCには、美肌・美髪に貢献する働きあります。双方が合わさることで美しい肌や髪の維持が期待できます。

大豆のイソフラボンにより美肌から貧血まで徹底的ケア

大豆は煮ることで消化吸収がアップ。煮汁も一緒に食べましょう。

大豆の選び方は、粒の大きさが揃っている。虫食いや傷がなく、表面にツヤがあり、ふっくらとしているものを選びましょう。旬は9~11月。

大豆の小さな粒に満点の栄養が詰っていて、消化吸収をよくするためにも煮ることをおすすめします。ただし、カリウムや鉄は水溶性なので、煮汁も一緒に食べ、栄養素を無駄なく摂取しましょう。

大豆の鉄や葉酸で貧血予防、むくみ解消も期待できます

大豆は畑の肉とも呼ばれるほど、良質なたんぱく質や鉄を含みます。

また葉酸も含んでおり、鉄と合わせて貧血予防に期待できます。さらに、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つ、イソフラボンを含むのが特徴です。

これは、骨粗鬆症の予防や丈夫な歯の維持、更年期障害の軽減が期待できます。

大豆の注目成分

カリウム、鉄、葉酸、ビタミンB1、ビタミンB2

大豆との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]大豆+かぼちゃ 大豆とかぼちゃの煮物
かぼちゃのビタミンCは、大豆の鉄の吸収率を高める作用があります。これにより貧血予防の効果が期待できます。また、肌のくすみやシミの防止も期待できます。

のりには鉄などのミネラルをたっぷり含む、貧血予防に

のりをたくさん食べるなら佃煮。酢を入れて煮ることです。

のりの選び方は、濃い深緑で光沢がある、厚さが均一で穴や破れがないものを選びましょう。旬は11~3月。

料理の脇役にされやすいのですが、鉄やカルシウムが豊富。カルシウムは煮る際に酢を入れることで吸収率がアップします。

鉄は水溶性なので、煮物なら煮汁まで食べるようにしましょう。佃煮にすればたくさん摂取できます。

のりのカルシウムで骨を丈夫に、たんぱく質も豊富

海の肉といわれることもあるくらい、栄養素が豊富な、のりですが一度にたくさん食べられないのが難点。

しかし、佃煮にすれば比較的たくさんの量を食べることが出来ます。

注目すべき栄養素は、鉄やカルシウムといったミネラル、貧血予防、骨の生成、美肌作りなど、うれしい働きが満載です。

のりの注目成分

カルシウム、鉄、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸

のりとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]のり+酢 のりの佃煮
酢がのりのカルシウムの吸収を助け、丈夫な骨の維持をサポートします。よく知られている食べ方が、酢飯とさまざまな食材を合わせるのり巻きです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。