ごまの不飽和脂肪酸により、しなやかな血管を保つことができる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

ごまの不飽和脂肪酸により、しなやかな血管を保つことができる

ごまはサッと炒ってすりつぶすと栄養素の消化吸収がアップする

ごまの選び方は、粒の大きさが揃っている。実が締まっていて、よく乾燥しているものを選びましょう。旬は9、10月。

小さな粒のさらに内側に強力な栄養素を保有するごま。この栄養素を摂取するには、ひと手間かけてください。

ごまを炒って、さらにすりつぶすことで、種皮が壊されて栄養素の消化吸収を高められます。

ごまの注目成分・セサミンは動脈硬化の予防に作用する

健康食材として市民権を得たいるごま。小さな粒の約半分を占める脂質には、リノレン酸やリノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が含まれていて、血管をきれいにし、悪玉コレステロールの低下や、動脈硬化の予防に期待できます。

また、セサミンは肝機能強化や、動脈硬化予防に貢献するともいわれています。

ごまの注目成分

ビタミンB1、鉄、カルシウム、モリブデン、銅

ごまとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ごま+しらす しらすとごまのふりかけ
ごまやしらすに含まれるカルシウムは、骨の形成に効果があるといわれています。これらを合わせることで、骨の形成に役立つ他、骨粗鬆症予防の効果が期待できます。

わかめのヨウ素が甲状腺機能を高め基礎代謝もアップする

わかめは、油と一緒に炒めて汁物にすれば栄養を丸飲み。旬は3~6月。

わかめの選び方は、乾燥品は表面にツヤがあり、よく乾燥してあるもの。生は緑色が濃くツヤや弾力があるものを選びましょう。

わかめに含まれる血液凝固に関与するビタミンKは、脂溶性のため油と合わせることで吸収率は高まります。

腸内環境の改善作用がある食物繊維が豊富なので、味噌汁などのスープに入れて摂取しましょう。

わかめの注目成分

ビタミンK、食物繊維、葉酸、ヨウ素

わかめとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]わかめ+きゅうり わかめときゅうりの中華炒め
わかめやきゅうりに含まれる食物繊維は、腸内環境を整える働きがあります。これにより便秘解消に貢献し、美肌などの美容効果も期待できます。

ひじきは牛乳に勝るカルシウム量で丈夫な歯や骨を作ります

ひじきを戻した水は捨てて、油で炒めてから煮る。旬は2~5月。

貧血予防や骨、肌の形成に働く鉄は、水溶性でひじきを戻すとき、多少溶け出るともいわれています。

しかし、ひじきはヒ素が含まれているため、戻し水は絶対に使わないこと、油で炒めてから煮ればより効果的に。

ひじきの注目成分

鉄、カルシウム、ビタミンK、ヨウ素

ひじきとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ひじき+さやいんげん ひじきとさやいんげんの煮物
さやいんげんのビタミンCは、ひじきの鉄の吸収率を高める作用があります。これにより貧血予防の効果が期待できます。

アボカドはビタミン類が豊富で肌も腸内もきれいな状態に

アボカドを油でサッと炒めて栄養素の吸収率もアップします。

アボカドの選び方は、黒に近い深緑色でツヤがあり、皮の表面がなめらか、触ったときに弾力があるもの。極端のやわらかい、一部だけ凹んでいるものは避けて、注意して選びましょう。

美肌作りに役立つビタミンCは、熱に弱いため、サッと炒めて、若返りの栄養素ビタミンEは、脂溶性なので油と合わせましょう。

食物繊維も豊富ですが、脂質も多いのでバランスよく摂取してください。

アボカドの注目成分

ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、ビタミンB6

アボカドとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]アボカド+えび えびとアボカドのマスタード炒め
アボカドのビタミン類とえびのたんぱく質が合わさることで、アンチエイジング効果が期待できます。美肌作りにも貢献するといわれています。

アーモンドのビタミンEとビタミンB1の働きで細胞を強化し疲労回復を

アーモンドの選び方は、むき実は粒が割れていないものを選びましょう。

アーモンドの栄養素を吸収するには、すりつぶして細胞壁を壊しましょう。細胞を強化するビタミンE、疲労回復を促すビタミンB1などを含むアーモンドです。

この栄養素は細胞壁を壊して吸収できるので、すりつぶすのが有効的です。

ビタミンB2は光に弱いので、日光は避けましょう。

アーモンドの注目成分

ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB1、銅

アーモンドとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]アーモンド+イチゴ イチゴとアーモンドのトースト
アーモンドのビタミンEと、イチゴのビタミンCには、それぞれ免疫力強化の効能があるといわれ、これらを合わせることでより健康増進が期待できます。

りんごのリンゴ酸やクエン酸で疲労回復や老化防止に働く

りんごの選び方は、軸がしっかりしている。皮にハリ・ツヤがあり、キズがない、色ムラが少なく、全体に色づいている。同じ大きさなら、重いものを選びましょう。旬は9~11月。

りんごは出来れば皮も一緒に食べる、すりおろして酵素を増やす

クエン酸やリンゴ酸は、疲労回復に働く成分です。すりおろすと細胞膜が壊れ、酵素が活発になります。

整腸作用がある食物繊維が含まれている皮も一緒に食べてください。ビタミンCは熱に弱いので、加熱はNGです。

りんごの注目成分

ビタミンC、カリウム、食物繊維、銅

りんごとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]りんご+ヨーグルト りんごとヨーグルトのスムージー
りんごの食物繊維と、ヨーグルトの乳酸菌は、腸内環境を整える作用が期待できます。これらが合わさることで、便秘解消が期待できます。

バナナのカリウムが精神を安定させ、ストレス対策にも

バナナの選び方は、全体の色が黄色でキズやへこみがない。つけ根がしっかりしているものを選びましょう。

バナナは生食がベスト、ソテーして食物繊維を摂取する

でんぷん質を含むバナナはエネルギー補給に貴重な食材です。

ビタミンCやカリウムは熱に弱いのですが、食物繊維を摂取するために、ソテーなど油と合わせることで腸内環境の改善に役立ちます。

バナナの注目成分

カリウム、ビタミンC、食物繊維、ビタミンB6

バナナとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]バナナ+くるみ 焼きバナナのくるみソースかけ
バナナとくるみに含まれる食物繊維は、腸内環境を整える作用があります。これらが合わさることで、美肌効果や便秘解消の効果などが期待されます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。