免疫力の低下 アリシンを上手に取り入れてウイルスに負けない体作りを – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

免疫力の低下 アリシンを上手に取り入れてウイルスに負けない体作りを

免疫力とは、細菌やウイルスから体を守る力のことです

この免疫力が低下するとさまざまな不調の原因になります。

にんにくや長ねぎに含まれるアリシンは、血行を促し、体内循環をよくすることで免疫力を高める効果が期待できます。

加熱すると壊れやすいため、にんにくはすりおろして生姜と合わせてドレッシングにし、長ねぎは生のまま刻んで焼いたさばに添えて食べると良いでしょう。

にんにくに含まれるアリシンは、免疫力を高めて病気に負けない体を作ります。また、生姜に含まれるショウガオールは、体温を上げて免疫力を高める相乗効果が期待できます。

長ねぎの香りの元、アリシンには強い抗酸化作用があり、免疫力を高める働きがあります。

また、さばのEPAにも免疫力低下を抑制する効果があるため、一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

栄養素:アリシン(にんにく、長ねぎ)

血管の老化 抗酸化作用の高い食材で血管の若返りを目指す

血管を強化するには、血管を丈夫にし、老化を防ぐ食材を摂ることが重要です。

納豆やみそのポリアミンは、細胞生成に不可欠で、血管を丈夫にして動脈硬化を防ぐ働きがあります。

ポリアミン自体は加熱で壊れにくいですが、納豆やみそは加熱すると壊れる栄養素があるため、加熱料理はしないようにしましょう。

モロヘイヤを油で炒めてから、納豆を混ぜる。玉ねぎを薄切りにしてみそと和えるとおいしいです。

納豆のポリアミンは成長ホルモンに似た働きがあり、血管を丈夫にして動脈硬化を防ぎます。

抗酸化作用があるファイトケミカルも含む、モロヘイヤと一緒に摂ると、相乗効果で血管強化の働きが高まります。

みそに含まれるポリアミンは、成長ホルモンに似た働きをし、血管を丈夫にして動脈硬化を防ぎます。

玉ねぎに含まれるケルセチンは、血管の老化を防ぐ働きがあるため、合わせて摂ると血管強化が期待できます。

栄養素:ポリアミン(納豆、みそ)

体の冷えによる内臓機能の低下も食を通して体を温める

冷えは万病の元というほど、体に悪影響を及ぼすとされています。

体を温める効果が期待できるアリシンは、加熱すると壊れやすいため、できれば生のまま食べてください。

加熱する場合は、火を通し過ぎないように注意してください。ニラと生姜はみじん切りにしてソースに、にんにくはすりおろしてオイルや、酢、塩と混ぜて油で炒めたかぼちゃに和えれば効率よくアリシンが摂れます。

ニラに含まれるアリシンは、体を温める効果があり、冷えの予防改善につながります。また、生姜に含まれるショウガオールは体を温めて冷えを改善する働きがあるため、合わせて摂ると相乗効果が期待できます。

にんにくに含まれるアリシンには、体を温める効果が期待できます。また、かぼちゃに含まれるビタミンEには、血行を促進する働きがあるため、合わせて摂ると冷えの改善効果がアップできます。

栄養素:アリシン(ニラ、にんにく)

睡眠不足(不眠)、ストレスや生活習慣による不眠をトリプトファンで安眠対策

不眠の改善には、ストレス解消や、規則正しい生活が必要です。また、食事では安眠物質のセロトニンを生成するトリプトファンと、安眠を助ける食品を組み合わせて食べましょう。

バナナのビタミンB6は水溶性のため、豆乳と一緒にスムージーにして飲むと効率よく摂れます。

また、卵をレタスと炒め物にすると、自律神経のバランスを整えるラクチュコピクリンの摂取量が増やせます。

セロトニンの材料のトリプトファンは睡眠に入るまでの時間を短くし、睡眠を深くする働きが期待できます。

また、セロトニン合成を助けるビタミンB6を含むバナナも一緒に摂ると安眠効果がアップします。

卵のトリプトファンは睡眠の質を高める働きがあります。また、レタスのラクチュコピクリンは自律神経のバランスを整え、安眠を促す作用があるため、合わせて摂ると睡眠不足の改善がより期待できます。

栄養素:トリプトファン(豆乳、卵)

二日酔いはタウリンの力で肝機能を回復、二日酔いの朝には貝汁を飲む

二日酔いは、時間が経てば解消されますが、早く回復するにはタウリンを摂って肝機能を高めましょう。

タウリンには、肝臓の細胞再生を促進させたり、胆汁酸の分泌を盛んにして肝臓の働きを助けたりする効果があるとされています。

しじみやあさりのタウリンには、熱の強く水に溶け出る性質があります。茹でる以外の加熱料理か、汁物にすると無駄なくタウリンを摂れます。

しじみのタウリンは、肝機能を高め二日酔いの回復を促します。カレー粉に含まれるクルクミンは、解毒作用や胆汁酸分泌促進作用があり、一緒に摂ることでより早く二日酔いを回復させる働きが期待できます。

あさりのタウリンやビタミンB12には、肝機能を高めて二日酔いの回復を助ける働きがあります。また、梅干しのピクリン酸も肝機能を高める働きがあり、合わせて摂ると二日酔い解消をより期待できます。

栄養素:タウリン(しじみ、あさり)

ダイエットのポイントは食習慣、必要栄養素を効果的に摂取する

ダイエットをするには、適度な食事と運動習慣が重要です。

栄養バランスの良い食事をして、食物繊維が豊富な食品や脂肪燃焼を助ける食品を摂り入れるとよいでしょう。

食物繊維が豊富なえのきたけやごぼうを油で炒めると、便の排泄を助けて便秘を予防し、代謝アップが期待できます。

ダイエット中の油はNGと思いがちですが、適度な油はダイエットを成功させるうえでは不可欠です。

えのきたけの食物繊維は、油の吸収を抑える効果が期待できます。えのきたけは噛む回数が多いため、満腹感を感じやすい。

高たんぱくな魚・たらと一緒に摂って筋肉をつけると、脂肪燃焼を助ける働きが期待できます。

ごぼうの食物繊維は、脂肪の吸収を抑えて太りにくい体作りを助けます。ごぼうの噛む回数が自然と増えるため、早食いや食べ過ぎを防げます。

また、生姜のショウガオールは代謝を高め、脂肪燃焼をサポートします。

栄養素:食物繊維(えのきたけ、ごぼう)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。