疲れ目 ビタミンAとCにより目の粘膜生成を – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

疲れ目 ビタミンAとCにより目の粘膜生成を

疲れ目の原因にはパソコンやスマホでの酷使、睡眠不足、血行不良など

目の疲れを解消するには、粘膜の形成、修復を助けるビタミンAを摂ることが大切です。

鶏レバーは焼いてレモンを絞るとビタミンCとの相乗効果で、効率よく栄養素が摂れます。

また、ヨーグルトとブルーベリーは、混ぜたりスムージーにしたりすれば、栄養素が合わさり、相乗効果が期待できます。

鶏レバーのビタミンAはロドプシンの合成を助けて健康な目の維持をサポートします。

また、ビタミンB1、B2、B12も健康な目の維持に必要です。粘膜の健康を守るレモンのビタミンCと一緒に摂ると効果が得られます。

ヨーグルトのビタミンAは、網膜の健康を維持し、ビタミンB2は目の機能を維持する働きが期待できます。

また、ブルーベリーのアントシアニンは目の健康を維持を助け、一緒に摂ると目の疲れの解消を促します。

栄養素:ビタミンA(鶏レバー、ヨーグルト)

体の疲れ ビタミンB1とアリシンとで体力回復と免疫力をアップ

体の疲れは、不規則な生活や運動不足、栄養不足が原因です。

疲れを取るためには、生活習慣と食習慣の両方の改善が重要です。

豚ヒレ肉のビタミンB1は水に溶け出る性質があり、アリシンは熱に弱いため、豚ヒレ肉は蒸し、にんにくはソースにしましょう。

アスパラガスは油で軽く炒めれば、アスパラギン酸の損出少ないうえ、抗酸化作用があるβカロテンの損出がアップします。

豚ヒレ肉に含まれるビタミンB1は、筋肉に溜まった疲労物質の乳酸を分解して疲労回復を助ける働きがあります。

にんにくに含まれるアリシンを一緒に摂ると、吸収率が高める効果が期待できます。

玄米はビタミンB1を含むため、糖質代謝を助けて疲れにくい体を作ります。

アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、疲労回復を助ける効果が期待できます。

栄養素:ビタミンB1(豚ヒレ肉、玄米)

アンチエイジング いつまでも若々しく健康的に

アンチエイジングとは、「抗老化」を意味します。野菜の抗酸化作用で細胞レベルで老化防止。

抗老化には、体内の細胞を酸化(サビる)させる活性酸素の除去に働く食材をしっかり摂り入れましょう。

抗酸化作用のあるブロッコリースプラウトのスルフォラファンは発芽後3日目に抗酸化物質がもっとも多くなるため、このタイミングで料理を、ブロッコリースプラウトやキャベツをサッと炒めれば、抗酸化作用があるβカロテンに吸収アップも期待できます。

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンは、活性酸素を無害化する働きがあります。

また、食物繊維が豊富なアボカドを一緒に食べて老廃物の排泄をすることで、抗酸化力アップがより期待できます。

キャベツのスルフォラファンやイソチオシアネートは、老化の原因となる活性酸素の除去を助けます。

また、赤ピーマンのβカロテン、ビタミンC、Eも活性酸素を除去し、アンチエイジングが期待できます。

栄養素:スルフォラファン(ブロッコリースプラウト、キャベツ)

にきび、吹き出物 荒れた腸内環境の改善が健康な美肌への近道に

にきびや吹き出物は、腸内環境の乱れが影響しているといわれます。生活習慣の改善に加え、腸内環境を整える食事が必要です。

アボカドやえのきたけの食物繊維は、ヨーグルトやみそと合わせると効果的に、ヨーグルトやみそは生で摂ると、乳酸菌の効果が得られるので、アボカドはヨーグルトをマリネしてサラダに、えのきたけは炒めて火を止めてからみそダレを和えると良いでしょう。

アボカドの食物繊維は老廃物を排泄し、腸内環境を整えてにきびや吹き出物の予防改善があります。

整腸作用があるヨーグルトも合わせて摂ると、腸内環境を整える働きにより、相乗効果が期待できます。

えのきたけに含まれる食物繊維は、にきびや吹き出物の原因となる老廃物の排泄を助けます。

また、みそに含まれる乳酸菌は腸内環境を整え、相乗効果によってにきびや吹き出物の予防改善が期待できます。

栄養素:食物繊維(アボカド、えのきたけ)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。