便秘 乳酸菌と食物繊維を摂取し腸内環境を整えましょう – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

便秘 乳酸菌と食物繊維を摂取し腸内環境を整えましょう

便秘は不快感を感じるだけでなく、肌荒れや病気の原因にもなります

生活習慣の見直しやバランスの良い食事に加え、ヨーグルトやみそなどの乳酸菌で腸内環境を整えてください。

乳酸菌は生で摂ったほうが良いとされるため、なるべく加熱しないことです。

ヨーグルトやみそは、りんごやこんにゃくの食物繊維と合わせれば、老廃物の排泄を助けるので、便秘解消の効果アップが期待できます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、便秘解消を助ける働きが期待できます。

りんごに含まれるペクチンとの相乗効果によって便秘解消につながります。

みそに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、不要な老廃物の排泄をスムーズに行い、こんにゃくに含まれる食物繊維も腸内環境を整える働きがあります。

これらを合わせて摂ることで便秘解消がより期待できます。

栄養素:乳酸菌(ヨーグルト、みそ)

下痢は腸内環境の改善がポイントでミネラル補給をしっかり取る

下痢はいつもよりも多くの水分が排泄されるため、水分と一緒に流れてしまうミネラルのバランスが崩れがちになります。

ミネラルを含んでいる飲料水を飲み、腸内環境を整える食物繊維の一種・ペクチンを取りましょう。

ペクチンは、植物に含まれるジャムをかためるゲル化作用を持つ身近な天然成分です。

りんごやみかんのペクチンは、お腹のゆるさを改善させる効果が期待できます。

りんごのペクチンは、腸内環境を整えてお腹のゆるさを改善する働きがあり、ミネラルも取れます。また、緑茶のタンニンは便を固くし、お腹のゆるいときにスムージーなどにして摂ると有効です。

みかんに含まれるペクチンは、腸内環境を整えてお腹のゆるさを改善し、改善に必要なミネラルも一緒に摂ることが出来ます。

また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境の乱れを整える働きが期待できます。

栄養素:ペクチン(りんご、みかん)

食欲不振は強い疲労やストレスが原因で免疫力低下に、アリシンで食欲増進を

食欲不振は、ストレスや過労、不眠などが原因で、これらが長く続くと十分な栄養が摂れなくなって免疫力が低下します。

食欲を増進させる効果があるのは、アリシンという栄養素です。

ねぎ類の独特の香りのもとで、血管を詰らせる血栓を防ぐ効果や、疲労回復などの効果があります。

ただ、アリシンは熱に弱いので、玉ねぎやにんにくはすりおろすなどして生で食べるようにすると良いでしょう。

玉ねぎの香り成分・アリシンは食欲増進させる働きあります。梅干しの酸味成分であるクエン酸も食欲増進させるため、合わせて摂ると相乗効果によって食欲不振の改善がより期待できます。

にんにくの香り成分のアリシンは、食欲を増進させる働きがあります。酢の酸味も食欲を増進させる働きがあります。

これらを合わせて摂ると相乗効果によって食欲不振の改善をより期待できます。

栄養素:アリシン(玉ねぎ、にんにく)

貧血(鉄欠乏性貧血)日常的に鉄の補給をレバーやほうれん草が良い

貧血(鉄欠乏性貧血)は赤血球のヘモグロビンの材料である鉄の不足が原因です。

特に女性は月経時に血液が失われて貧血(鉄欠乏性貧血)になりやすいため、意識的に鉄を摂るようにしましょう。

豚レバーやほうれん草の鉄は茹でると水に溶け出るため、油で炒めると有効的です。

また、鉄はビタミンCと合わせると吸収率がアップするので、レバーには柑橘類を合わせ、さらに動物性のたんぱく質と合わせても効果があります。

豚レバーに含まれる鉄は、貧血(鉄欠乏性貧血)を改善する働きが期待できます。鉄はそのままよりも、すだちなどの柑橘類に含まれるクエン酸と一緒に摂ると胃酸の分泌を促し、吸収率を高められます。

ほうれん草に含まれる鉄は、貧血(鉄欠乏性貧血)を改善する働きが期待できます。植物性の鉄はとても吸収されにくい性質があるため、豚ロース肉に含まれる動物性のたんぱく質よ合わせて摂ると、鉄の吸収率がアップします。

栄養素:鉄(豚レバー、ほうれん草)

生理痛 体を温めて冷え対策を血の巡り改善にビタミンEが効果的

生理痛では頭痛、腹痛、腰痛、下痢などの症状が現れます。生理痛を緩和させるには、血行を促進するビタミンEを摂ることが有効です。

ビタミンEが豊富なアーモンドと体を温めるショウガオールを含む生姜を合わせましょう。

すりおろして加熱すると吸収率が高まるので、ポタージュにして摂るのがおすすめです。

かぼちゃに含まれるビタミンEは脂溶性のため、茹でるよりも油で炒めると吸収率アップが期待できます。

アーモンドに含まれるビタミンEは、血行を促進し生理痛を緩和させる働きがあります。また、生姜に含まれるショウガオールにも体を温める働きがあり、一緒に摂ると生理痛の緩和がより期待できます。

かぼちゃに含まれるビタミンEは、血行促進を促して生理痛を緩和させる働きがあります。

また、桜えびに含まれるカルシウムは神経の興奮を鎮める働きがあり、生理痛のストレスを和らげる働きが期待できます。

栄養素:ビタミンE(アーモンド、かぼちゃ)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。