ストレス解消 カルシウム摂取が必要でビタミンCが吸収をサポート – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

ストレス解消 カルシウム摂取が必要でビタミンCが吸収をサポート

強すぎるストレスは不眠や自律神経失調症、うつ病などの原因になる

リラックスできる時間を持つことやバランスのより食事が必要です。

パルメザンチーズや桜えびのカルシウムは、神経の興奮を鎮める作用があります。カルシウムはそのままですと吸収率が良くないので、ビタミンCなどと一緒に取りましょう。

ブロッコリーのビタミンCは、茹でると壊れやすいので、サッと炒めることがおすすめです。

パルメザンチーズのカルシウムは、神経の興奮を鎮める作用があり、ストレス解消を助ける働きが期待できます。

ブロッコリーのビタミンCはカルシウムの吸収率を高めるため、一緒に摂ると効果的です。

桜えびのカルシウムのひじきのマグネシウムには、神経の興奮を鎮めてストレス解消を助ける働きが期待できます。

カルシウムとマグネシウムを2:1の比率にして摂ることが理想と言われています。

栄養素:カルシウム(パルメザンチーズ、桜えび)

女性ホルモンの不足 イソフラボンは女性の味方、豆腐や納豆を積極的に摂取しましょう

ホルモンバランスが乱れると、肉体的にも精神的にも不快症状が現れることがあります。

これを予防改善するには、生活習慣の改善に加え、イソフラボンを摂ると良いとされています。

イソフラボンは木綿豆腐や納豆に豊富に含まれており、すりつぶしたごまやアーモンドと一緒に摂ると、栄養素が吸収されやすくなり、ホルモンバランスを整える効果をより期待できます。

納豆のイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをして、ホルモンバランスを整える働きが期待できます。

また、アーモンドのビタミンEもホルモンバランスを整えるサポートをするため、相乗効果が期待できます。

栄養素:イソフラボン(木綿豆腐、納豆)

髪のダメージ 美髪の秘訣はたんぱく質を他の食材で吸収率を高めましょう

パーマやカラーリング、髪の洗い方や紫外線などは髪が傷む原因になります。

ツヤツヤな髪を維持するには、まずたんぱく質を積極的に摂ってください。

まぐろは生のままで食べると栄養の損出が少なくなるので、赤ピーマンと合わせてサラダにするのがおすすめです。

卵は、にがうりと一緒に炒めると、たんぱく質の吸収率が高まり、ツヤツヤな髪の維持に役立ちます。

脂質の摂り過ぎは抜け毛の原因となるので、まぐろは赤身を選ぶと良いです。抗酸化作用があるビタミン・ミネラルを含む、赤ピーマンと一緒に食べることで、相乗効果によって艶やかで健康な髪を維持できます。

卵は、毛髪の主成分のたんぱく質を含み、上部で健康な髪を作るのを助けてくれます。

また、にがうりに含まれるビタミンDは、たんぱく質の吸収を高めて、抗酸化作用によってツヤツヤな髪を保つ働きが期待できます。

栄養素:たんぱく質(まぐろ、卵)

風邪 油の使用はなるべく避けてたんぱく質を積極的に摂取しましょう

風邪の
悪化を防ぐには、規則正しい生活と休養に加え、たんぱく質など免疫力を高める食材を摂ることが重要です。

体調が悪いと消化機能が落ちるため、料理では油はなるべく使用しない様にしてください。

たらや豆腐ははスープにすると食べやすく、無駄なく栄養が摂れます。ブロッコリーやにんにくは加熱しすぎると、ビタミンCやアリシンが壊れるため、仕上げに入れてサッと加熱する程度です。

たらのたんぱく質は免疫力を高める効果があり、風邪を引きそうなときに積極的に摂りたい食材です。

たんぱく質の吸収率を高め、免疫力も高める効果が期待できるブロッコリーのビタミンCと一緒に取りましょう。

豆腐に含まれるたんぱく質は免疫力を高める効果が期待でき、風邪を引きそうなときに摂りたい栄養素です。

また、にんにくに含まれるアリシンは、殺菌作用があり、血行を促進して風邪を予防します。

栄養素:たんぱく質(たら、木綿豆腐)

骨粗鬆症はカルシウムで骨を強化、ビタミンDとKがサポート

骨粗鬆症は、骨密度が低下して骨の内部がスカスカになり、少しの衝撃(つまずいて転倒)で骨折しやすくなります。

無理なダイエット、運動不足に加え、カルシウム不足も影響を及ぼします。

カルシウムは、にぼしと干ししいたけをふりかけにすると手軽に食事に摂り入れられます。

また、納豆のビタミンKはカルシウムが骨に沈着するのを助けます。効率よく摂るなら非加熱のまま他の食材に和えると良いです。

にぼしのカルシウムは丈夫な骨を形成する材料となり、骨粗鬆症を予防する働きが期待できます。

カルシウムは単体ではなく、干ししいたけだけに含まれるビタミンDと一緒に摂ると吸収率が高まります。

骨ごと食べられるししゃもは、骨の材料となるカルシウムを効率よく取れて骨粗鬆症予防が期待できます。

また、納豆のビタミンKは骨の再石灰化を助けカルシウムを骨に沈着させる働きが期待できます。

栄養素:カルシウム(にぼし、ししゃも)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。