むくみ解消 塩分過多を解消するにはカリウムの摂取が有効 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

むくみ解消 塩分過多を解消するにはカリウムの摂取が有効

むくみは大きな病気のサインの危険性も

むくみは血液中の水分が浸み出して回収されず、血管外の水分量が増えた状態のことです。

運動不足、リンパの流れが悪い、塩分の摂り過ぎなどが原因と言われています。

カリウムには余分なナトリウムの排泄を助ける働きがあり、バナナやアボカドに含まれています。

水溶性のため茹でるのは避けましょう。バナナはアーモンドと一緒にヨーグルトに加え、アボカドは炒めたごぼうとサラダにしましょう。

バナナに含まれるカリウムは、余分なナトリウムの排泄を助けてむくみの予防改善に働きます。

また、アーモンドに含まれるビタミンEは血流をよくするため、一緒に摂るとむくみ解消の効果が期待できます。

アボカドに多く含まれるカリウムは、余分なナトリウムの排泄を促してむくみ改善に役立ちます。また、ごぼうの水溶性食物繊維はナトリウムと一緒に排泄されるため、塩気の強い料理に合わせるのが最適です。

栄養素:カリウム(バナナ、アボカド)

集中力の欠如 魚特有の栄養素をビタミンCと一緒に摂取

集中力の低下を防ぐには、バランスの良い食事や十分な休息が必要です。

効果的な栄養素は、さばやぶりなどの魚類に豊富に含まれるDHAは、酸化しやすい特徴がありますが、キャベツのビタミンCと一緒に摂ると、酸化防止が期待できます。

料理では、蒸すとビタミンCの損出を減らせます。また、豆腐に含まれるレシチンも集中力アップに期待できる栄養素です。

さばに含まれるDHAは、集中力を高める働きが期待できます。DHAは酸化しやすいため、栄養効果を高めるには、キャベツに含まれるビタミンCと一緒に摂ると酸化を防いで効率的です。

ぶりに含まれるDHAは、集中力を高める働きが期待できます。また、豆腐に含まれるレシチンは、体内で情報伝達に関わるアセチルコリンを作ります。

試験勉強など集中力を高めたい時の食事にぴったりです。

栄養素:DHA(さば、ぶり)

子供のダイエット 脂肪の多い食材は避ける食物繊維が豊富な食材を食べる

子供の肥満には、規則正しい生活とバランスの良い食事で効果が期待できます。

脂肪の多い肉類や揚げ物、お菓子や清涼飲料水は控えましょう。食事では、ごぼうやえのきたけなどの食物繊維を摂ると満腹感を高め、脂肪の吸収を抑えて肥満の予防が期待できます。

また、たらや豚ヒレ肉に含まれる代謝に必要なビタミンB1は水溶性のため、茹でるのはNG。蒸すことで油の摂り過ぎを防げます。

ごぼうの食物繊維は、脂質の吸収を抑える効果や、噛む回数を増やして満腹感を高める効果があります。

代謝アップを助けるたらのたんぱく質を一緒に摂り、ダイエットのサポートに期待できます。

食物繊維が多いえのきたけには、噛む回数を増やして食べ過ぎや早食いを防ぎ、脂質の吸収を抑える効果があります。

また、豚ヒレ肉のビタミンB1は、糖質の代謝を高めて脂肪を付きにくくする働きが期待できます。

栄養素:食物繊維(ごぼう、えのきたけ)

身長が伸びない 栄養補給にはたんぱく質、骨の形成にはカルシウム

身長を伸ばすには、食事が大きく影響します。さまざまな栄養素が必要となりますが、その中でも良質なたんぱく質は不可欠です。

かつおは新鮮ならそのまま食べるのがおすすめですが、加熱するなら油でサッと炒めると栄養素の損出を減らせます。

また、たんぱく質の分解・合成に関与するささ身のビタミンB6は、水に溶け出る性質があるため、蒸すか炒める料理法がおすすめです。

かつおに含まれるたんぱく質は、骨の成長に必要な軟骨細胞の増殖を助ける働きが期待できます。

また、モロヘイヤのカルシウムは身長が伸びるときの骨の成長に必要とされるため、一緒に取りましょう。

ささ身と木綿豆腐に含まれるたんぱく質は、成長因子IGF-1の血中濃度を上げて、骨が伸びるうえで必要な軟骨細胞の増殖を助けます。

また、ささ身のビタミンB6はたんぱく質の分解・合成の効率を高めます。

栄養素:たんぱく質(かつお、木綿豆腐)

頭を良くしたい DHAを摂って頭を活性化、レシチンで記憶力を高める

頭を良くする手段として、集中力と記憶力を高めることが挙げられます。

集中力はDHA、記憶力はレシチンがその効果を発揮するといわれています。DHAを含むぶりと、レシチンを含む豆腐の組み合わせはおすすめです。

豆腐のビタミンB1は水溶性なので、蒸したり炒めたりすると良いでしょう。

なお、DHAは酸化しやすいので、それを防ぐビタミンCを含む野菜と一緒に料理するのがおすすめです。

ぶりのDHAは、集中力を高める働きがあり、効率よく勉強したい時に摂りたい栄養素です。

糖質の代謝に必要な豆腐のビタミンB1も集中力を高める効果が期待できるため、合わせて摂るようにしましょう。

さんまに含まれるDHAは、集中力を高めて勉強の効率を高める効果が期待できます。

なお、納豆に含まれる亜鉛は、記憶力を高める助けをするといわれています。相乗効果で勉強の効率アップが期待できます。

栄養素:DHA(ぶり、さんま)

肝臓の機能低下 たんぱく質で細胞再生を促しビタミンCと合わせて効果アップ

肝臓は「人体の化学工場」ともいわれ、さまざまな重要な働きをします。

肝機能をアップさせるには、バランスのいい食事とともに、肝細胞の再生を助ける良質なたんぱく質の摂取が必要です。

卵のたんぱく質はブロッコリーのビタミンCと合わせると吸収率が高まり、炒めればビタミンCの損出も抑えられます。

豆腐とあさりは一緒に煮て、煮汁まで飲めば無駄なく栄養が摂れます。

卵のたんぱく質は、肝細胞の再生を助ける働きが期待できます。肝機能の低下時にはビタミンやミネラルの吸収が悪くなるため、これらを豊富に含むブロッコリーを一緒に摂ると肝機能の改善が期待できます。

肝細胞の再生を助ける働きが期待できるたんぱく質を含む豆腐は、肝機能を高める期待が出来る、タウリンを含むあさりと一緒に摂ると、相乗効果によって肝臓の機能を高める効果が期待できます。

栄養素:たんぱく質(卵、木綿豆腐)

血糖値の上昇 野菜から食べ始める習慣、おだやかな血糖値上昇に

血糖値上昇の原因には、食べ過ぎ飲み過ぎ、運動不足、睡眠不足などが挙げられます。

血糖値が高い状態が持続すると、さまざまな合併症が起こります。予防には生活習慣を見直し、食事の際に食後の血糖値上昇を抑える働きが期待できる食物繊維を含むサラダや野菜のスープから食べましょう。

料理の時には、油も一緒に食べると消化吸収に時間がかかり、血糖値の急激な上昇を抑える働きが期待できます。

ごぼうの食物繊維は、糖の吸収をおだやかにして食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きがあります。

また、酢にも食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きが期待できるため、合わせて摂るとよいです。

オクラの食物繊維は、食後の血糖値の上昇を抑える働きが期待できます。また、インスリンの働きを良くするミネラルも豊富です。

血糖値の維持を助ける働きが期待できる、玉ねぎを合わせて食べると良いでしょう。

栄養素:食物繊維(ごぼう、オクラ)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。