微量ミネラル ヨウ素 元素記号l 甲状腺ホルモンを作る、子供の発育を促す、エネルギー代謝を促進する – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 栄養のガイドブック

微量ミネラル ヨウ素 元素記号l 甲状腺ホルモンを作る、子供の発育を促す、エネルギー代謝を促進する

目次

微量ミネラル ヨウ素は甲状腺ホルモンの成分となる

体内のヨウ素のほぼすべて甲状腺に含まれていて、成人の体内に約13mg含まれています。

トリヨードチロニンやチロキシンといった甲状腺ホルモンの成分というものです。

食物中のヨウ素の吸収率は高くなり、摂取量のほとんど全量が体内に吸収されるのです。吸収したヨウ素は、甲状腺に運ばれていき甲状腺ホルモンの合成に使われます。

そのほか吸収したヨウ素のほぼ全量が尿中に排泄されることから、尿中の排泄量から摂取状態を知るということが難しくありません。

スポンサードリンク


ヨウ素はエネルギー代謝を活発化させる

甲状腺ホルモンは、酸素の消費を高くし、エネルギー産生を行動的にし、細胞の活動を高くして、骨形成の働きを活き活きとし、乳幼児あるいは成長期の子供の発育を促進します。

ヨウ素を多く含む食品

わかめ、ひじきといった海藻類や魚介類など海産物にたっぷり含まれてます。

ま昆布(素干し)、ひじき(乾)、カットわかめ、まだら、さんま

ヨウ素の上手な摂り方

ヨウ素は海水中に多く含まれていることから、海藻類や魚介類に有機化合物の形でたくさん含まれています。

伝統を受け継いだ日本食の中で海産物を多く食べているなら、足りなくなることはほとんど見られません。

欧米流の肉食ばかりの人、インスタント食ばかりの人は、海藻を積極的に食べたほうが良いでしょう。海外では内陸地域にヨウ素が不足していることがよく発生します。

ヨウ素の欠乏症/過剰症

・欠乏症/ヨウ素が欠乏すると甲状腺腫が生じて、甲状腺が肥大します。疲労感、新陳代謝が鈍り、胎児では発育が止まるクレチン症などが発生します。
ヨウ素は海産物にたくさん含まれていることもあって、欠乏症は国内ではまれでしょう。

・過剰症/過剰摂取でも甲状腺腫、甲状腺機能障害が発生します。

微量ミネラル マンガン 元素記号Mu 酵素の働きを活性化、骨の発育を促進、抗酸化作用

マンガンは種種の酵素の働きに必須のミネラル。食物中のマンガンは胃液の塩酸で溶けて小腸上部から吸収されるのです。

その中の吸収率は数パーセントなのですが、体内での必要量は少ないため欠乏の心配は低いというわけです。

吸収したマンガンは肝臓へ送られ、ほとんどの酵素の補酵素の役割を果たしてます。ほとんどの場合胆汁や膵液を通じて腸管内に排泄されるのです。

マンガンは発育期の骨の成長を支えるミネラル

肝臓、脾臓、腎臓、毛髪に比較的多く含まれており、糖質や脂質の代謝、たんぱく質やDNAの合成にかかわる酵素の補酵素となって成長や生殖にかかわっています。

マンガン含有酵素のスーパーオキシドジスムターゼの成分となって、抗酸化作用に関与しているのです。

マンガンを多く含む食品

穀物や茶葉、種子、豆類にたくさん含まれています。

アマランサス、イタヤ貝、干しずいき、栗(国産・生)

微量ミネラル セレン 元素記号Se 酵素の成分として過酸化物を消去、水銀、カドミウム、ヒ素の毒性を軽減

セレンは過酸化物質から体を守るミネラル。摂り込んだセレンは、小腸上部から吸収されるのです。

成人の体内に約13mg含まれます。セレンは強力な抗酸化作用を持つグルタチオンペルオキシターゼという酵素の構成成分になるので、体内の過酸化物質から細胞を守っているわけです。

セレンはイオウ、ヒ素、カドミウム、水銀といった生体内で拮抗作用を示して、そういった毒性を抑制します。

セレン含有のわずかな土壌であれば欠乏症が見られる

食事から摂るセレンの量としては、その地方の土壌に含まれるセレン濃度がけっこう影響していて、土壌中のセレンが低レベル土地からはセレンの欠乏症が存在しています。

中国の北東部から南西部にわたって潜んでいる克山病(こくざんびょう)はセレン欠乏が関わっているのです。

セレンを多く含む食品

魚介類や肉、豆類などに広範囲に含まれています。

豚腎臓、あんこうの肝、たらこ、クロマグロ、レンズ豆

セレンの上手な摂り方

食品中ではセレンはたんぱく質に結合していて、藻類、肉、魚、卵にたっぷり含まれています。

国内の土壌でしたら、通常の食生活で足りなくなる心配は起きないでしょう。国内の平均摂取量は約100μgですから、上限量との差が少ないため、サプリメントによっての過剰摂取に注意した方がいいでしょう。

セレンの欠乏症/過剰症

・欠乏症/克山病といった心筋壊死が発症する心疾患があるのです。そのほか、貧血、関節炎、成長阻害、筋萎縮、不妊症、免疫力低下、がんの発症リスクの上昇などが言われています。

・過剰症/土壌のセレン濃度が高い土地からは、セレン中毒が原因の脱毛や爪の変形、免疫機能の低下を挙げられます。

微量ミネラル 亜鉛 元素記号Zn 成長を促進し味覚を正常に保つ

微量ミネラル亜鉛の主な働きは、約100種類の酵素の補酵素として働く、細胞の生成、成長を促進する、インスリンの合成を促す

体内に見られる亜鉛の95%以上は細胞内に存在し、100種類よりも多い亜鉛含有酵素として働いているのです。

成人の体内に約2.3g含まれます。DNAやRNAといった核酸の合成、たんぱく質合成、インスリンの合成や糖代謝、アルコール代謝などにかかわっているわけです。

また、活性酸素の消去に働くスーパーオキシドジスムターゼンの補酵素となって、細胞内の抗酸化作用にかかわっているのです。

亜鉛の軽度欠乏で味覚障害が増加

亜鉛は舌の表面の味蕾(みらい)にある味を感知する細胞を強める働きをしていて、足りなくなると味覚異常を起こします。

また、軽度の亜鉛欠乏でしたら味覚異常から食欲不振を挙げられます。国内でも味覚異常が増えているという理由から、亜鉛欠乏との関連が報告されています。

亜鉛を多く含む食品

肉や魚介、種子、穀類などとりどりの食品に含まれます。

豚レバー、和牛肩肉(赤身)、カキ、からすみ、糸引き納豆

亜鉛の上手な摂り方

成長期の子供、ストレスがかかっている場合、病気療養中は亜鉛の消費が高くなり、不足しやすくなりかねません。

若い世代のダイエットや高齢者の低栄養も不足の原因です。

亜鉛は穀類や豆類に含まれるフィチン酸や食物繊維と結合しやすく吸収を妨げられます。動物性たんぱく質を摂ると吸収されやすくなるのです。

亜鉛の欠乏症/過剰症

・欠乏症/亜鉛不足は急増していますが、足りなくなれば味覚異常、食欲不振、成長障害、皮膚炎というものを発生させます。さらに免疫機能低下、生殖機能の異常、精神障害などが考えられます。

・過剰症/急性亜鉛中毒からは、胃障害、めまい、吐き気。長期間の過剰摂取で貧血、免疫障害、神経症状などが発症する危険も考えられます。

・拮抗作用
カドミウムなどのような毒性と同じミネラルは細胞の特定の受容体と結合し作用し始めます。セレンはこういったミネラルと受容体との結合を抑止しますが、これを拮抗作用と言うのです。

微量ミネラル クロム 元素記号Cr インスリン作用を増強、糖代謝を促す、血中脂質濃度を正常に保つ

ビタミンCが吸収率を上げる。摂取したクロムは小腸から吸収されるのですが、その吸収率はかなり低く、フィチン酸、シュウ酸で妨げられます。

また、ビタミンCによって吸収がアップします。体内に吸収後は、トランスフェリンといった糖たんぱく質と結合して血中を運ばれ、肝臓、腎臓、脾臓、骨に集結します。

成人の体内に約1.8mg含まれます。

クロムはインスリンの作用を強める

クロムは正常な糖質代謝や脂質代謝、発育、免疫力などに関わっています。

また、インスリンの作用を増強し、血糖値や血しょう脂質(あるいは血中コレステロール)濃度を正常に保持して糖尿病であったり生活習慣病を予防する働きをしてくれます。

そういうわけで、クロムが足りなくなったら、血中インスリン濃度が正常でもグルコース耐性が低下してしまいます。

クロムを多く含む食品

小麦胚芽などの穀類や海藻類、魚介類なんか広範囲にわたって含まれます。

アマランサス、青のり、刻み昆布(素干し)、ひじき(乾)、ミルクチョコレート

クロムの上手な摂り方

クロムはシュウ酸やフィチン酸と一緒に摂ると吸収が阻害されてしまうことになります。

シュウ酸はほうれん草、里芋など限られた野菜に含まれることから、料理時にアクを取るなどでシュウ酸を取り除いた方がいいでしょう。

ビタミンCを合わせて摂ると、吸収率が高まります。

クロムの欠乏症/過剰症

・欠乏症/クロムが欠乏したら末梢神経の障害を来たし、糖質、脂質の代謝が成り立たなくなります。そういうわけで高コレステロール血症や動脈硬化を発症させ、虚血性心疾患や糖尿病になりやすくなってしまいます。

・過剰症/通常の食事を摂っているようでしたら、クロムの過不足が悪影響を及ぼすとは思えません。

微量ミネラル モリブデン 元素記号Mo 尿酸の合成にかかわる

微量ミネラル モリブデンは、肝臓、腎臓、副腎に多いミネラル。

食物中のモリブデンは、胃と小腸から吸収されるのです。それから、赤血球やマクログロブリンという血しょうたんぱく質と結合して血中に流れ、体中の各組織に送られてきます。

特に肝臓、腎臓、副腎に多く含まれています。成人の体内に約9.3mg含まれています。

モリブデンは、吸収率が高くなり、尿中にすかさず排泄されるのです。尿中への排泄のせいで、体内量は一定に保たれているわけです。

モリブデンはプリン体を尿酸に分解する

モリブデンは主に肝臓や腎臓で、チサンチンオキシザーゼなどの酵素の構成成分ということです。

糖質や脂質の代謝を促進してエネルギーとなることを助けたり、鉄を使用しやすくすることで貧血を防ぎます。

さらに、体内の老廃物となるプリン体が尿酸に分解するのを助け、体外に排除します。

モリブデンを多く含む食品

納豆や豆腐、がんもどきなど大豆加工食品、ナッツに多く含まれています。

豚レバー、大豆(ブラジル産・乾)、緑豆(乾)、糸引き納豆、そら豆(全粒・乾)

モリブデンの上手な摂り方

モリブデンは吸収されるのが容易なミネラルですから、通常の食生活であったら、不足の心配はわずかです。

植物性食品では穀類、豆類、果物に多く含まれています。動物性食品だと牛や豚のレバーに何よりも多く含まれる他、肉、魚類、糖質などたんぱく質全てから摂取できます。

モリブデンの欠乏症/過剰症

・欠乏症/食生活が原因で欠乏症となることはおそらく起きないでしょう。カテーテルで栄養補給を行なう完全静脈栄養の患者ならばモリブデン欠乏症が見受けられ、低尿酸症、頻脈、多呼吸、意識障害などが報告されているのです。

・過剰症/尿としてすかさず排泄されることから過剰症は起こることはありません。

・プリン体
プリン核を持つ物質の総称です。核酸の中にアデニンやグアニン、その中間代謝物はプリン核を持ち、尿酸となって排泄されるのです。プリン体の代謝異常により結痛風を発症します。

微量ミネラル コバルト 元素記号Co 骨髄で赤血球の生成にかかわる、ビタミンB12の成分として働く

コバルトは骨髄での造血機能にかかわる。1935年ころにビタミンB12の構成成分として発見されたミネラルで、成人の約1.5mg含まれます。

骨髄での造血機能にかかわり、赤血球を作るのに関わっています。

コバルトは腸内細菌によりビタミンB12に合成

摂り込んだコバルトは、腸内細菌によりビタミンB12に合成され、コバルトは肉ばかりか、腎臓、レバー、乳製品、カキ、はまぐり、アサリなど、ビタミンB12を含む食品に含まれています。

ビタミンB12は、胃の中で内因子と呼ばれる糖たんぱく質と結合して、小腸から吸収されるのです。

高齢者や胃の手術を受けた人では、胃液の分泌不足によってビタミンB12が吸収することが難しいことが発生します。

微量ミネラル フッ素 元素記号F 歯のエナメル質を形成する、骨を強化する、虫歯予防

フッ素は虫歯予防に効果的であるとして認知されるミネラルです。

食品中に含まれるフッ素は、胃と小腸上部から吸収が行われ、骨や歯に運ばれて沈着するのです。フッ素は、腎臓を通り過ぎて尿中に排泄されるのです。

体内のフッ素の99%はフッ化ナトリウムとして骨や歯といった硬組織に含まれます。歯のエナメル質の形成や骨のミネラル化に効果があると考えられます。

フッ素を慢性的に摂り過ぎるで斑状歯に

フッ素には殺菌作用があって、歯垢内を殺菌することによって虫歯を防ぎます。

また、歯のエナメル質に取り込まれてこれを強力にし、酸に溶けづらくしてくれます。慢性的にフッ素をたっぷりと摂取すると、フッ素中毒症として歯に褐色のシミや斑点が起こる斑状歯が、骨については骨軟化症が起こりやすくなるのです。

・斑状歯
米国では虫歯予防という目的で飲料水にフッ素を0.7~1.2mg/ℓの範囲内で添加している地域があるのです。その濃度が2.0mg/ℓを超えると慢性フッ素中毒である斑状歯が確認されます。

植物由来の化学物質ファイトケミカル

ファイトケミカルの「ファイト」はギリシャ語で「植物」という意味。「ケミカル」は化学物質の意味ですので、「ファイトケミカル」は、「植物由来の化学物質」ということなのです。

このことは、植物が紫外線や有毒物質、害虫や外敵などから自身を守ることを考えて作り上げる物質です。

野菜や果物、穀類や豆類といった植物性の食品に、色素や香り、苦味や辛味などといった成分となって含まれています。

その種類は数千種類とも称され、これから先も成分の特定技術に発展と共に増えていきと言われています。

ファイトケミカルは、たんぱく質や糖質、脂質、ビタミン、ミネラルといった栄養素とは関係なく、通常の身体機能維持に必要とされているということではありません。

ですから、摂取量が多くないからといって欠乏症が起こる事実はありません。また生活活動のエネルギーにもならないのですが、病気を予防する効果があって、健康を保つことを考えて必須の成分であると考えて、その広い範囲の機能性が評価されています。

がんや老人性認知障害、動脈硬化や心筋梗塞などの発症は、活性酸素と因果関係があると考えますが、ファイトケミカルには強力な抗酸化作用を持つ確率が高くあるんです。

そういうわけで、常日頃より意識的に抗酸化物質を摂取することが必要であるという認識が現れました。

ファイトケミカルは、われわれが常日頃から摂取している野菜や果物は言うまでもなく、ほぼすべての食品に含まれているわけです。

1日に野菜350g以上、果物20gを目安に、種種の食品をバランスよく摂るということを考えてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。