機能性成分 乳酸菌の働きとは – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 栄養のガイドブック

機能性成分 乳酸菌の働きとは

乳酸菌は糖質を分解行なって乳酸を作る細菌の総称

乳酸菌の種類は200以上でビフィズス菌、ブルガリア菌、ヤクルト菌といった乳酸菌の一種で、ヨーグルトといった発酵食品の製造に取り扱われています。

腸内細菌については、大腸で難消化性の糖質を分解行なって短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、乳酸とか)、ビタミン(ビタミンK、葉酸、ビオチンなど)、アミノ酸(リジンとか)を作り、人の栄養の役に立っているのです。

スポンサードリンク


乳酸菌は腸内細菌のバランスに身体に良い役割りを

腸内には100兆個以上の細菌が生存しているのです。これを細菌叢といい、ビフィズス菌やブルガリア菌のように体に有用な菌もある一方で、有害な作用を引き起こす菌や、有害菌が増殖すると有害な作用が生じる結果となる日和見菌(ひよりみ)も存在します。

細菌叢における腸内細菌のバランスは、健康状態や食事の摂り方などによって変わって、そのバランスの変化は健康状態にかなりの影響を与えます。

年齢の影響でも、腸内細菌のバランスは変わっていきます。乳幼児の腸内ではビフィズス菌が優勢なのですが、高齢期ともなれば少なくなります。

ビフィズス菌といった乳酸菌は、大腸で水溶性食物繊維、レジスタントデンプン、難消化性オリゴ糖といった難消化性食品成分を活用して、短鎖脂肪酸は、腸内を酸性にして有害菌の増殖を阻止します。

腸内細菌のバランスを良くします。こんなふうに、有用な腸内細菌の栄養源と化して健康に効果がある難消化性の食品成分を、プレバイオティクスと呼んでいます。

生菌を製品化したプロバイオティクス

プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを円滑にし、体に有用な生菌を使っての発酵乳といった商品を示します。

主として乳酸桿菌、ビフィズス菌、ラクトバチルスといった様な乳酸産生菌を使ってのヨーグルト、乳酸菌飲料、サプリメントが製品化されています。

プロバイオティクスの作用は多岐に渡り、腸の健康改善、栄養成分の利用を引き出す、免疫活性化、発がん抑制作用、アレルギー発症の緩和、血中コレステロールの低下作用といったものが指摘されているわけです。

・プロバイオティクスで起こる健康機能
アレルギーを低減、血中コレステロール低下作用、腸内環境を改善、便通を改善、免疫調節作用、血圧降下作用、発がんリスクを低減、腸内細菌叢のバランスを改善

主なプロバイオティクスの種類と働き

種類 含有食品 保健効果
ビフィズス菌 ヨーグルト
乳酸菌飲料
腸内細菌叢のバランスを改善、整腸作用に優れ、便通を整える
免疫力を強化し、感染症の予防、がん予防といった効果を見せる
KW乳酸菌 ヨーグルト
乳酸菌飲料
免疫力を強力にし、感染症を阻止する
花粉症やアトピー性疾患といったアレルギーの症状を抑止する
LG21乳酸菌 ヨーグルト
乳酸菌飲料
酸に強く胃内で作用を発揮、ピロリ菌から胃を守る
腸内細菌叢のバランスを改善、整腸作用を発揮する
ラブレ菌 乳酸菌飲料
すぐき漬け
免疫力を上向かせ、がん予防などに効果を見せる
腸内環境を改善し、コレステロール低下作用
ケフィア ケフィアの種菌 免疫力を強化し、がん細胞の増殖を抑制する
胃腸機能を改善し、便秘を抑制する
ビール酵母 ビール酵母 ビール酵母粉末、ビール酵母を含むビール、ビタミンやミネラル
を豊富に含むマルチサプリメントとして活用される
ブルガリア菌 ヨーグルト
乳酸菌飲料
ヨーグルトのなかのブルガリア菌(Lactobacillus bulgaricus)は
人間の腸内には住み着きません。腸内細菌叢由来の乳酸桿菌
(Lactobacillus acidophilus)やビフィズス菌を使っての発酵乳が
普及しているのです、ブルガリア菌はおいしさを加えるためこう
いった腸内細菌叢由来の乳酸菌と同時進行で利用されています。
死菌から遊離された菌体成分が吸収されて免疫機能を刺激して
感染やがんに対する抵抗力を高めるというのが期待できます

・乳酸菌
生きた乳酸菌食品は、日本が世界に先行して完成した健康食品です。ここ数年、乳酸菌が腸内でよく定着し始めるように、他の遊離菌を組み合わせたり、増殖をサポートするオリゴ糖を併用したり、腸内に到達しやすいようにカプセルに封入するとかと工夫されています。

・レジスタントデンプン
調理・加工したデンプン質食品中に、アミラーゼによって消化を受けることのないレジスタントデンプンが存在しています。これらは老化したじゃがいもデンプンに多く含まれます。

機能性成分 糖アルコール エネルギー源にならない代替甘味料

糖アルコールとは、グルコースやキシロースといった単糖類やマルトース、ラクトース、パラチノースなどの二糖類が還元されたものなのです。

酸、アルカリ、熱に強く、それでいて難消化性で甘味があるということから、低カロリーの甘味料や虫歯予防甘味料としてもさまざまな食品に利用されているわけです。

糖アルコールは血糖値を上げない、虫歯になりづらいといった働きで特定保健用食品に

砂糖は、小腸でスクラーゼという消化酵素によってグルコースとフルクトースに分解して吸収され血糖になって、糖アルコールは砂糖みたいな糖質とは違い、小腸で消化吸収されません。

血糖値を上昇させないからインスリン分泌も刺激することありません。そのため、血糖値の高い人の代替甘味料という形で最も適しています。

小腸で吸収されることがなかった糖アルコールは、大腸でビフィズス菌や乳酸菌といった発酵を受け、酢酸、プロビオン酸、酪酸、乳酸などの短鎖脂肪酸に分解されるのです。

短鎖脂肪酸は吸収されてエネルギー源になります。

糖アルコールの有効エネルギー量は、1gあたり2~3キロカロリーです。摂り過ぎると大腸でも水分吸収を阻害して、下痢を起こすことが発生します。

さらに、口腔内の細菌は、糖質を栄養源になると歯垢を作りますけども、糖アルコールは栄養源に使用することができないことから、歯垢ができづらく、虫歯菌が増えません。

これを甘味料に使用したガムや菓子類は、特定保健用食品に認可されているのです。

糖アルコールの種類

●キシリトール
キシロースから生まれ、甘味度は砂糖と同じくらいなのですが、熱量は砂糖の3/4程度です。キシリトールは体内で合成受けていて、医療用になると、肝障害や糖尿病でのエネルギー源として点滴用輸液に使われているわけです。

●ソルビトール
果実類に含まれ、甘味は砂糖の70%程度です。工業的にはグルコースから作られ、まろやかな甘味があって、菓子類に多く活用されています。
体内だったら糖尿病患者の糖質エネルギーとなって、輸液などに用いられます。

●還元パラチノース
砂糖に酵素を作用行わせて受けることができるパラチノースに、水素を添加して作られます。還元パラチノースのエネルギー量は砂糖の約半分で、虫歯が発生しない性質を保持しているので、抗う蝕性甘味剤としてガムといった食品に用いられているわけです。

●マルチトール
甘味は砂糖とそれほど見分けがつきませんが、利用エネルギーは砂糖の約1/2程度です。後味のスッキリとした甘味を保持して、体内に吸収されづらいことから低エネルギーの甘味料にふさわしく活用されているわけです。
糖尿病や肥満などエネルギー上限が求められる人に活用されているのです。

●ラクチトール
還元乳糖とも称されており、ラクトースに含まれるグルコースが還元されたものとなります。甘味は砂糖の半分以下で、甘味度がちょっとだけ飲みいいように、下痢といった副作用が比較的少ないという理由から、高アンモニア血症の治療薬として必要とされています。

糖アルコール(ラクチトール)が血中アンモニアを抑える仕組み

ラクチトールは、大腸で短鎖脂肪酸に分解され、腸内のpHを下げて乳酸産生菌の増殖を促進させます。

浸透圧が亢進し、腸管輸送能が高くなって、アンモニアを含む腸管内容物の排泄が活発化されます。

・短鎖脂肪酸
難消化性の炭水化物はそっくりそのまま大腸に運ばれ、乳酸菌などを使って、酢酸、プロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸や乳酸に分解されるのです。
人は短鎖脂肪酸を吸収し、活用できます。

機能性成分 オリゴ糖 機能性食品として注目の難消化性オリゴ糖

オリゴ糖は、人の体内では母乳の成分から発見されて、腸内環境を整え、広い範囲の生理活性のある成分と見なされて研究されてきたのです。

特に難消化性オリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌など体に有用な菌(プロバイオティクス)を増やすプレバイオティクスとしての機能に注目が集まっています。

そういうわけで、オリゴ糖は便秘の予防や改善に働き、お腹の調子を整える、特定保健用食品として確認されています。

しかし、水分を吸収する力が強く、摂り過ぎると下痢を起こすことになります。

腸内細菌によって、オリゴ糖からビタミンK、B1、B2、B6、B12、ビオチン、葉酸などが合成されるのです。体のビタミン補給に身体にいい働きです。

難消化性オリゴ糖は、単糖に消化なされないため血糖は増加せず、インスリン分泌も発生しません。

そのため、血糖値を上げづらい甘味料として活用されます。虫歯予防効果も認められています。

・腸内細菌叢の変化と体に対しての影響
腸内細菌のバランスが悪くなると、ウェルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌といった有害菌が増殖し、アレルギーの原因となっているヒスタミンなどを生じさせます。
また、有害菌は直接腸管に害を与え、発がん性物質を生成するなど、好ましくない状態を引き起こします。さらに、腸内細菌により生成された有害物質の一部は体内に吸収され、長い年月に、各種臓器に障害を及ぼしてしまいます。

オリゴ糖の種類

●大豆オリゴ糖
大豆に含まれるオリゴ糖類の総称で、消化性と難消化性に分類されます。難消化性オリゴ糖になると、三糖類のラフィノースと四糖類のスタキオースを挙げられます。
砂糖の70~75%程度の清々しい気分のな甘味で、3キロカロリー/gのエネルギーというわけです。腸内の有用菌を増やし、腸内環境を改善、便秘を解消します。
虫歯予防、免疫力向上、動脈硬化の予防にも効果があります。

●フラクトオリゴ糖
スクロースにフルクトースが1~3個結合した難消化性オリゴ糖です。甘さは砂糖の30~60%程度。自然な甘味を保有し、有効エネルギーは約2キロカロリー/gです。
腸内有用菌を増加させ、便秘解消、虫歯の予防、高脂血症改善、血糖値の抑制などに働きます。

●ガラクトオリゴ糖
ラクトースにガラクトースが結合した難消化性オリゴ糖。甘味は、砂糖の20~25%程度と低く、有効エネルギーは約2キロカロリー/gです。
母乳に含まれ、乳児が初めて体内に吸収される天然のオリゴ糖です。
腸内細菌叢を改善し、便秘解消、虫歯予防、カルシウムの吸収促進なんかに働きます。

●マルトオリゴ糖
グルコースが2~7分子直鎖状に結合したオリゴ糖です。デンプンを酵素で分解しまして作られ、甘味は砂糖の30%程度ですが、砂糖にそっくりの甘味で、甘味料や料理のコクを増す添加剤となって利用されているのです。
小腸で消化吸収され、エネルギーとなる消化性のオリゴ糖で、血糖値を上昇させるのです。

●パラチノース
スクロースに転移酵素を作用させて結合の仕方を変化させた二糖類のひとつです。甘味は砂糖の約30%で砂糖と似た自然な甘さとなります。
有効エネルギー量はさとうと同じ4キロカロリー/gです。
天然では、はちみつやさとうきびに含まれます。分解がゆっくりで、血糖値を急上昇させないため、糖尿病患者用の甘味料として使用されます。
虫歯を防ぐ甘味料となって広範囲に使われているわけです。

●トレハロース
グルコースが2分子結合した二糖類でマルトースとは違う結合をしているのです。甘味は砂糖の45%程度で、あっさりとした優しい感じの甘味です。
虫歯予防効果があって、熱や酸に強く、保水性が高く、たんぱく質やデンプンを安定に保ちます。食品の品質保持、化粧品や医療品といった変質防止に広範囲に利用されているわけです。

●イソマルトオリゴ糖
一部が消化性のオリゴ糖。甘味は砂糖の30~55%程度。コクのある甘味です。
有効エネルギー量は約3キロカロリー/gです。腸内の有用菌を増やし便秘解消、虫歯の予防、免疫力増強なぞに効果を見せてくれます。
はちみつ、みそ、しょうゆ、清酒なぞに含まれ、熱や酸に強く、防腐作用があることから保存食に適してるのです。

●ビートオリゴ糖(ラフィノース)
ガラクトース、グルコース、フルクトースが結合した三糖類で、ビート、さとうきび、大豆なぞに含まれています。
ビフィズス菌や乳酸菌を増殖させて、腸内環境を整え便秘を解消します。

●オリゴ糖
単糖で2~10分子程度結合した少糖類ということで、甘味があるものが多いのです。ショ糖、麦芽糖、乳糖みたいに単糖に分解され吸収されるものと、難消化性のものがあるのです。

機能性成分 カロテノイド 野菜や海産物の鮮やかな色素成分

カロテノイドは、動植物などに存在する赤色、橙赤色、黄色の脂溶性の色素成分で、約600種類が見い出されいます。

人を含む動物は、カロテノイドを体内で生成するということができないのです。野菜や果物などから摂取することが大事です。

植物に含まれるカロテノイドには、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなぞに含まれるβ-カロテンやα-カロテン、トマトやスイカなぞに含まれるリコペン(リコピン)、赤ピーマンに含まれるカプサイシンなどが挙げられます。

えびやかにといった動物性食品に含まれる赤い色素はアスタキサンチン、卵黄に含まれる黄色い色素はルティンです。

カロテノイドは活性酸素の消去作用がある

すべてのカロテノイドに共通した機能は、抗酸化作用です。

フリーラジカルや活性酸素を消去して、老化やがん、動脈硬化など数多くの生活習慣病を予防する働きを示してくれます。

必要に応じて体内でビタミンAに変換されるものをプロビタミンAといい、α-カロテン、β-カロテン、γ-カロテンと、β-クリプトキサンチンがこれに相当します。

それ以外でカロテノイドのまんま、脂肪組織、肝臓、筋肉、網膜などに存在しているものも存在します。

カロテノイドは油に溶けやすいことから、油と一緒に摂取すると吸収率が高くなります。そのほか、複数のカロテノイドを合わせて召し上がると、高い抗酸化力が発揮されるというのが一般的です。

・抗酸化作用とは何か
人は呼吸などによって取り込んだ酸素を活用して栄養素を酸化分解し、エネルギーを得て生きているわけです。この生命活動の過程で、酸素の一部は酸化力の強い活性酸素に変化してしまいます。
活性酸素は体を作り上げている脂質、たんぱく質、核酸などを傷つけるのです。そして活性酸素により酸化した脂質である過酸化脂質が血管壁を障害し、酸化LDLは動脈硬化を引き起こします。
さらに、DNAの突然変異が生じて、がんとなる原因になります。

体内には、活性酸素を消去する機能が備えられているんですが、この機能は加齢に従って低下します。そのために、活性酸素消去機能の低下を補う抗酸化剤としてビタミンC、ビタミンE、カロテノイド、ポリフェノールなどに注目が集まっています。

カロテノイドの種類

●β-カロテン
プロビタミンAのなかでも食品中にひときわ多く含まれ、ビタミンAへの変換率が何にもましてハイレベルです。
視覚機能、皮膚や粘膜細胞を正常に保有し、免疫機能の維持なんかに機能します。にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草なんかに含まれています。

●β-クリプトキサンチン
プロビタミンAで、みかんといった柑橘類やとうもろこしなんかに含まれています。

●カプサイチン
強力な抗酸化力でLDLコレステロールの酸化を防御します。赤ピーマンや赤唐辛子に含まれる赤い色素。

●α-カロテン
プロビタミンAで、β-カロテンより強い抗酸化作用を保持します。にんじんやかぼちゃなどの赤黄色野菜に含まれているわけです。

●γ-カロテン
プロビタミンAの仲間ですが、体内での変換率はα-カロテンやβ-カロテンよりは低いけれども、かぼちゃ、トマト、あんずなどの緑黄色野菜に含まれます。

●リコペン(リコピン)
β-カロテンより抗酸化力が高く、動脈硬化を抑制します。脂溶性の赤色の色素で、完熟トマトに大量に含まれています。スイカ、カキなどにも含まれています。

●アスタキサンチン
強力な抗酸化力を持ち、免疫力を高めます。さけ、えび、かに、オキアミなど魚介類や海藻類に含まれる赤い色素です。

●フコキサンチン
抗酸化作用のほかに、動物実験では脂肪の燃焼を促進し、内臓脂肪を減らすということが判っています。わかめやひじき、もずく、こんぶ類といった渇藻類に含まれる赤褐色の色素です。

●ルティン
目の網膜の黄斑に存在しているカロテノイドで、紫外線を吸収して活性酸素の害を抑制し、黄斑変性や白内障を防ぎます。
黄色い色素で、とうもろこし、卵黄、ほうれん草、豆類なんかに含まれています。

●ゼアキサンチン
ルティンと同じでめの網膜の黄斑にありますので、黄斑変性、白内障の予防効果が期待されているわけです。黄色から橙色の色素成分でとうもろこし、卵黄、レバーに含まれます。

・黄斑(おうはん)
網膜後部の中心窩のまわりは、黄褐色に見えるので黄斑と呼ばれており、網膜のうちでもっとも視力の良い部分になっているのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。