機能性成分 ポリフェノール 植物の色素や苦味をしっかり作る成分 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 栄養のガイドブック

機能性成分 ポリフェノール 植物の色素や苦味をしっかり作る成分

ポリフェノールのそっくりそのままは抗酸化作用を保持する

ポリフェノールは、光合成によりできる植物の色素や苦味、渋味の成分が生まれる化合物の総称で、ほとんどすべての植物の葉や茎に含まれているのです。

それらの種類は、5000種類以上とも言われています。

ポリフェノールは、色素成分であるフラボノイド系と、色素以外の成分とされるフェノール酸系に分かれます。

ポリフェノールは、ベンゼン環に水酸基がたくさん結合した構造の化合物です。

水酸基は、活性酸素をとらえて消去する作用があるのです。このため、あらゆるポリフェノールは抗酸化作用を発揮する事ができます。

そのほか殺菌作用、女性ホルモン様作用、目の機能改善、アレルギー抑制、血行促進、肝機能の強化であるとか、ひとつひとつの種類が独特の機能を持ち合わせています。

ポリフェノールは水に溶けやすく、吸収されやすいことから、摂取してから約30分後には、体内で抗酸化作用を発揮し始めます。

しかし、ポリフェノールの吸収率は高くはないうえに水溶性のため、たくさん摂り入れても体内にはほとんどの場合貯蔵されずに排泄されてしまうのです。

即効性はあるとしても、その効果は2~3時間だけしか続きません。そのために毎食摂取することが必要になります。

普段の食事で、色の濃い野菜というものをまめに食べたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク


・3時のお茶で疲労回復する理由
お茶やコーヒーといった独特な苦味や渋味の成分は、ポリフェノールです。1日の活動のスキマ時間でティータイムを取ることは、意欲的に抗酸化成分を摂って疲労回復する健康によい習慣だと言えるでしょう。
緑茶は、茶葉を加熱して酸化酵素が働かないように懐したので、発酵させていない状態のお茶であって、何種類かのカテキンを含みます。
緑茶を入れた状況での淡黄色はカテキンの色で、湯飲みや急須に付く茶渋のもとなのです。紅茶は発酵させたお茶で、カテキンは結合して分子量の大きいタンニンとなって含まれ、強力な抗酸化作用を示します。
コーヒーの苦味成分であるクロロゲン酸は胃酸の分泌を促進します。クロロゲン酸は焙煎によって減ります。ココアにはカカオマスポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールの種類

●フラボノイド類(淡黄色の色素成分)
・ケルセチン
LDLコレステロールの酸化防止、血小板の凝集抑制、心臓病の予防。玉ねぎ、ほうれん草、ブロッコリーなんかに含まれます。

・ケンフェロール
血管強化、血圧の上昇を抑制、抗炎症作用。にら、ブロッコリー、玉ねぎなんかに含まれます。

・ルチン
毛細血管の強化、血圧降下作用。心臓病、動脈硬化、高血圧の予防。かんきつ類やそばに含まれます。

●フラボ類(無色~黄色の色素成分)
・アピゲン
抗酸化、抗がん、高血圧抑制、抗アレルギー作用。セロリ、パセリ、ピーマンなんかに含まれます。

・クリシン
抗酸化、抗がん、抗アレルギー、血管拡張作用とか。果実の果皮に含まれます。

・ルテオリン
抗酸化、抗がん、抗アレルギー、抗炎症、高血圧抑制作用など。しそ、春菊、セロリ、ピーマン、りんご、カモミールなんかに含まれます。

●カテキン類(茶の渋味成分)
・カテキン
抗酸化、血圧上昇抑制、血中コレステロール調節、抗がん、殺菌、抗う蝕、抗アレルギー作用であったり。緑茶にもっとも多く、番茶、ほうじ茶、紅茶、ウーロン茶に含まれます。

・イソフラボン類(無色~淡黄色の色素成分)
・ゲニステイン、ダイゼイン
女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用で更年期障害を改善、骨粗鬆症を予防。大豆、大豆製品に含まれます。

●アントシアイニジン類(赤~青色の色素成分)
・アントシアニジン、アントシアニン
毛細血管を強化し血行を改善。疲れ目の予防と改善、視力回復効果。プルーン、ブルーベリー、柿などに含まれます。

・ナスニン
なすの皮に含まれる紫色の色素。抗酸化作用が強くて、動脈硬化や老化防止作用。眼精疲労を緩和します。

●フラバノン類(かんきつ類の苦味成分)
・ヘスペリジン、ナリンゲニン
毛細血管を強化し、血中脂質、血流改善、抗アレルギー、発がん抑制など。グレープフルーツなどかんきつ類の皮に多く含まれます。

●リグナン類
・セサミン
強い抗酸化作用でLDLコレステロールの酸化を防止、肝機能強化、がんや老化防止に有効。穀類やごまなどの種実の脂質に含まれます。

●シゲトン類
・クルミン
スパイスのターメリックやマスタードの黄色色素。強い抗酸化作用で大腸、腎臓、皮膚がん予防。肝機能を強化し、肝炎、肝臓障害に有効です。

●クロロゲン酸類
・クロロゲン酸、カフェ酸
コーヒー独特の褐色色素で香りと味の成分。コーヒーを焙煎するとクロロゲン酸が分解されてカフェ酸に変化します。
肝がん、肝硬変の予防、酸化LDLコレステロールの酸化を抑制、胃液分泌を促進します。

●タンニン類
・タンニン
多数のフェノール性水酸基を持つ芳香族化合物。緑茶、ワイン、ほうじ茶、コーヒー、紅茶に含まれます。
茶葉に含まれるタンニンの85%以上はカテキン類で、抗酸化、殺菌作用があり、動脈硬化、腎臓病を予防します。

・テアフラビン
茶葉から紅茶への発酵過程でできる橙赤色の色素成分。抗酸化、抗菌、抗ウイルス、高血圧抑制、抗がん、脂肪の吸収抑制作用があります。

●サポニン類(渋味、苦味、えぐ味成分)
・大豆サポニン
強い抗酸化作用で、LDLコレステロールの酸化を抑え、動脈硬化を予防。肝機能改善、免疫力向上、がん予防などの効果を発揮します。

・高麗人参サポニン
免疫系を活性化し自然治癒力を高めてがんを予防。血小板凝集を抑制します。この他、アスパラがズ、ほうれん草、ウーロン茶などに含まれます。

●その他
・カカオマスポリフェノール
チョコレートやココアの原料であるカカオ豆に含まれ、LDLコレステロールの酸化を抑え動脈硬化を予防。ピロリ菌や病原性大腸菌の増殖を抑え、虫歯予防、ストレス解消やアレルギー症状の緩和に働きます。

・ショウガオール
しょうがの辛味成分ジンゲロールは、加熱でショウガオールに変化。抗酸化作用でDNAの損傷を防止してがん予防、強い鎮静作用を持ち、殺菌、抗炎症、血行促進作用が見られます。

・カルコン
明日葉の切り口から出る黄色い汁に含まれます。インスリンに似た作用で血糖を抑えて糖尿病を予防。白内障など糖尿病の合併症も抑えます。

・フェルラ酸
強力な抗酸化作用があり、アルツハイマー型痴呆症の予防効果が期待されています。米、小麦、コーヒー、ピーナッツなどの種子に含まれます。

・エストロゲン
卵巣の卵胞から分泌される女性ホルモンです。カルシウムの吸収を促進する作用があり、閉経に伴うエストロゲンの減少により、骨粗鬆症を起こしやすくなるのです。

機能性成分 イオウ化合物 ねぎ、にんにくといった独特な刺激臭と健康効果

イオウ化合物は、長ねぎ、玉ねぎ、にんにく、にらなどユリ科(ネギ属)やキャベツ、大根、わさびといったアブラナ科の野菜に含まれる香気成分、食品独特の香気や臭気のもととなっているのです。

どちらとも強力な抗酸化作用を発揮し、がんや心臓病、老化の原因となる活性酸素を消去します。

また、血栓を溶かし、血液の循環に効果的であるとともにLDLコレステロールを減らし、動脈硬化や心臓病を抑制します。強い殺菌力があって、食中毒というものを防ぐ薬味となって利用されます。

ピロリ菌にも作用し、胃炎、胃潰瘍、胃がんを予防します。

イオウ化合物種類

・硫化アリル
生のにんにくや玉ねぎに含まれるアリインと、潰したり加熱料理した時の酵素が作用してできるアリシンがあって、どちらとも強い抗酸化作用を保持します。
アリシンは、ビタミンB1と結合するとアリチアミンに変わり、ビタミンB1の疲労回復効果がより一層持続します。

・硫石プロピル
生の玉ねぎに含まれる辛味成分で、グルコースの代謝を促進して血糖値を下げ、糖尿病を予防します。空気に触れて酸化するとトリスルフェドに、長い時間の加熱によってセバエンという物質に変化し、動脈硬化、血栓、高血圧の予防と改善に効果的です。

・サイクロアリイン
血小板の凝集を抑えて血行を改善し、血栓を溶かす作用があって、動脈硬化や高血圧の予防に効果を発揮してくれます。内臓機能を高め、新陳代謝を活発にするのです。

・チオスルフィネート
玉ねぎを切ったときに出てくる催涙成分で、強い殺菌、抗菌作用があって、炎症やアレルギー症状を抑える効果も期待されているのです。インスリンの分泌を促進して糖尿病を予防する働きを示してくれます。

・イソオシアネート
大根やわさびなどの辛味成分。殺菌作用が強く食品の保存に活用されます。血栓予防、食欲増進、発がん性物質の活性かを抑える作用についても期待できます。ブロッコリー、小松菜にも含まれます。

・香気成分
食品の香気成分には、アルコール類、エステル類、アルデヒド、ケトン類、イオウ化合物、窒素化合物など多くの物質があるのです。香気成分は低分子で、揮発性の性質を持ちます。

機能性成分 たんぱく質類

たんぱく質、ペピチド、アミノ酸は筋肉や臓器などの体組織を作るほか、独自の生理調節機能を維持。

たんぱく質の種類

●たんぱく質、ペプチド類
コラーゲン
体内にもっとも多く存在するたんぱく質で、皮下組織で酸素や栄養を皮膚に供給し、ハリのある状態を保ちます。骨では、骨粗鬆症や骨折を防ぎます。
目の水晶体や核膜にも存在し、眼精疲労の改善や老眼予防にも役立ちます。

・カイゼン
牛乳のたんぱく質の約8割を占めています。腸管内で種種のペプチドに分解され、カルシウムの吸収を良くします。また、消化管の消化吸収能を高め、免疫系を活性化します。栄養補給を目的に、栄養補助剤として使われます。

・小麦アルブミン
腸内ではデンプンの消化吸収を遅らせ、食後の急激な血糖値上昇を抑えます。インスリンの分泌を減らし、膵臓の負担を軽くするため、糖尿病用の特定保健食品(トクホ)として認定されています。

・グリシニン
大豆たんぱく質の半分以上を占めています。穀類に少ないリジンやトリプトファンを含む良質たんぱく質で、血中脂質を改善します。

・ラクトフェリン
乳汁、唾液、涙などの分泌液に含まれる糖たんぱく質です。鉄と結合しやすく、腸内で鉄イオンと結合します。ウイルスは鉄が利用できなくなって、成長を止め、抗菌作用を発揮します。
抵抗力の弱い乳児の感染症を防ぎ、感染についても免疫強化、炎症の抑制に働きます。

・レクチン
細胞膜の表面に存在する糖たんぱく質や糖脂質と結合し、細胞を活性化して免疫力を高めるのです。ウイルスや有害な細菌の持つ糖複合体と結合することから、ウイルスの増殖を防ぎ、感染症を予防します。

・カゼインホスホペプチド(CPP)
カゼインからできたペプチドで、腸管内でカルシウムや鉄の吸収を高める作用があるのです。カルシウムや鉄と一緒に摂ると、骨粗鬆症や鉄欠乏性貧血を予防します。

●アミノ酸類
・タウリン
肝臓、筋肉、脳、心臓などに高濃度で含まれます。肝臓ではコレステロールとともに胆汁酸の合成に利用され、小腸に分泌されて、脂質の消化吸収に重要な役割りをしているのです。
胆汁酸の分泌が増えると、血中コレステロール値も下がります。脳内では神経伝達物質として作用し、交感神経を抑制し高血圧を改善します。

・γ-アミノ酪酸(ギャバ)
グルタミンから生成される神経伝達物質で、イライラや不安を鎮め精神を安定させます。交感神経を抑制し、血圧を低下させます。
脳への血液循環をよくして酸素の供給を高め、脳を活性化します。

・グルタミン
リンパ球や腸粘膜細胞など増殖の速い細胞の機能を守り、特に消化管から生体内への細菌の侵入を防ぐ免疫機能の活性化に役立っています。
筋肉に多く含まれており、消化管の手術時には、筋肉から動員され、組織の修復や体のエネルギー源として利用されます。運動後のアミノ酸補給などを目的に、サプリメントとしても利用されます。

・オルニチン
アミノ酸ですが、たんぱく質の合成に使われません。尿素回路を構成する物質であり、有害なアンモニア物質であり、有害なアンモニアを尿素に変えて尿中に排泄します。
成長ホルモンの分泌をよくし、筋肉増強、免疫作用を高めるという報告があって、サプリメントに利用されています。

・シトルリン
アミノ酸ですが、たんぱく質の合成に利用されません。尿素サイクルを構成する物質であって、尿の生成にかかわっているのです。抗酸化作用や一酸化窒素の産生を促す作用があります。
一酸化窒素には血管を広げ、血液量を増やす働きがあって、筋肉増強、運動機能増強、冷え性の改善、むくみの防止、動脈硬化抑制作用などが期待できます。

・その他のアミノ酸
チロシンからドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといった神経伝達物質や甲状腺ホルモンが合成されるのです。また、グリシン、グルタミン酸、アスパラギン酸、γ-アミノ酪酸は、中枢神経系では神経伝達物質として働いています。
バリン、ロイシン、イソロイシンは、主に筋肉で代謝されることによって、運動後の筋疲労回復や筋肉の修復に有効なサプリメント、術後侵らい期のたんぱく質栄養を改善する輸液としても用いられているのです。

・神経伝達物質
神経細胞の軸策末端から放出され次の細胞情報を伝達する化学物質です。伝達物質は神経細胞の種類によって、アセチルコリン、ドーパミン、アドレナリンなどが存在しています。

機能性成分 ビタミン様物質 ビタミンと似た働きをするが定義をクリアできない物質

現在、ビタミンとして認められている13種類の成分だけに限らず、ビタミンとよく似た働きが期待できる物質があるのです。

これらについては、体内で合成されることから、食物として摂らなくても欠乏症は起こらないとか、ビタミンの定義をクリアしていません。

そういうわけで「ビタミン様物質」と呼ばれるのです。

ビタミン様物質は体の機能を整え、病気予防を改善するものも

いまだ研究段階ですが、体の機能を整え、病気の予防に効果のある物質ということで大注目です。

もうすでに医薬品として注目されているものもかなりあります。

ビタミン様物質の種類

・コリン
体内でアミノ酸のセリンから合成される水溶性の物質で、神経伝達物質であるアセチルコリン、リン脂質であるレシチンなどの成分となるのです。
アセチルコリンには、血管を拡張して血圧を下げる作用が見られます。レシチンは細胞膜を構成する物質で、血管壁へのコレステロールの沈着や肝臓への脂肪の蓄積を抑えます。
そういうわけで、コリンには高血圧、動脈硬化、脂肪肝というものを予防する働きを示します。食品ではレバー、卵、大豆、牛肉、豚肉に多く含まれます。

・イノシトール
体内でグルコースから合成される水溶性の物質で、リン脂質の成分になって細胞膜を構成します。脳、神経細胞に多く含まれ、神経機能を維持しています。
また、脂肪の沈着を防いで、脂肪肝や動脈硬化を予防します。オレンジ、スイカ、メロン、グレープフルーツに含まれます。

・コエンザイムQ(ユビキノン)
細胞内のミトコンドリアに多く存在し、エネルギーを作り出す補酵素として作用します。体内での合成能力は、20歳をピークに年齢と一緒に衰えます。
コエンザイムQには、強力な抗酸化作用があり、細胞膜の酸化を防いでいます。医薬品として、うっ血性心不全の治療薬として使用される他、生活習慣病の予防やアンチエイジングにも幅広く利用されています。さば、いわし、牛肉、豚肉、ピーナッツに含まれます。

・リポ酸
エネルギーを作り出すTCAサイクルで、糖質の代謝にかかわる物質です。強い抗酸化力を持ち、ビタミンEやビタミンCとともに活性酸素を消去し、生活習慣病を改善する効果が期待されています。レバー、ほうれん草、酵母に含まれます。

・オロット酸
ビタミンB13とも呼ばれ、体内ではアスパラギン酸などから合成されます。葉酸やビタミンB12の代謝を助ける働きがあります。
肝臓障害や老化を予防する働きがあるといわれ、今後の研究が期待されています。
根菜類、小麦胚芽、ビール酵母に含まれます。

・カルニチン
ビタミンBTとも呼ばれます。体内のカルニチンのほとんどは筋肉細胞にあり、脂肪酸をミトコンドリア内部に運ぶ役割りがあります。
脂肪酸の燃焼を促進するとしてダイエット効果が注目されています。加齢により、減少することが示されています。
羊肉、牛肉、赤貝に含まれます。

・ビタミンP
ビタミンCの機能を助ける作用があり、ビタミンCとともに毛細血管を強化し、内出血を防ぐ物質です。
ヘスペリジン、ルチン、ケルセチンなどのフラボノイド化合物がビタミンPの働きをします。高血圧の予防、出血性の病気の予防に効果があるほか、細菌が体内に侵入するのを防ぎ、免疫力を高めて風邪を引きにくくする効果があります。
みかん、オレンジ、あんず、そばに含まれます。

・ビタミンU
キャベツ汁から発見されたため、別名キャベジンとも呼ばれる脂溶性のビタミン様物質です。ビタミンUには細胞分裂を促進し、たんぱく質の合成を活発にする作用があります。
胃腸の粘膜組織を作り、傷ついた組織を治す働きもあります。過剰に胃酸の分泌を抑えることから胃潰瘍や十二指腸の予防や治療に有効とされ、ビタミンUを含んだ多数の胃腸薬が販売されています。

・パラアミノ安息香酸
体内で葉酸が合成される時に必要な物質です。このため、パラアミノ安息香酸が不足すると、貧血の予防、核酸合成を介して細胞の再生を助けるなどの葉酸の働きが阻害されることになります。
葉酸をはじめビタミンB群のビタミンは、腸内の細菌によって合成されます。パラアミノ安息香酸は腸内の細菌の増殖を助ける働きもあるので、ビタミンB群の摂取不足を補います。
レバー、卵、牛乳、玄米に多く含まれます。

・セチルコリン
副交感神経や運動神経系末端から放出される神経伝達物質です。アセチルコリンが骨格筋や心筋の筋繊維に存在するアセチルコリン受容体に結合すると筋収縮を促進します。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。