機能性成分 カプサイシン、カプシエイト とうがらしの代謝活動促進成分 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 栄養のガイドブック

機能性成分 カプサイシン、カプシエイト とうがらしの代謝活動促進成分

カプサイシンは、とうがらしの辛さや発汗作用のもとになり代わる成分

カプサイシンは、カロテノイドの一種で、痛覚神経を刺激することから辛味成分となって作用します。

カプサイシンは、交感神経を刺激してアドレナリン(エピネフリン)の分泌を高めるのです。

アドレナリンは脂肪細胞に作用して貯蔵脂肪の分解と燃焼を展開して、エネルギー代謝を高めるのです。

そうすることで体温が上昇することで血流が良くなり、発汗するというのはそのためなのです。そのために、カプサイシンは冷え性や肩こりの改善、疲労回復の役に立ちます。

ダイエットとしても効果を見せてくれます。また、貼り薬といった外用薬では、神経痛を和らげる成分となって活用されます。

スポンサードリンク


カプサイシンは辛味が強力に代謝を活発化させる

新たな形でとうがらしからカプシエイトといった辛味が一切無い成分が発見できました。

その構造はカプサイシンと類似しているようですが、カプシエイトの辛さはカプサイシンの1000分の1ぐらいしかありません。

カプシエイトは、カプサイシンと同様のカロテノイドの一種で、同じく脂肪の燃焼や体温上昇効果が期待でき、エネルギー代謝を高める効果を発揮します。

しかしながら、辛味や刺激が少ない分、消化管粘膜や血圧、心拍数なんかに対しての影響はほんの少しになります。

血行促進やダイエットなんかに重宝しますし、カプサイシンより楽に食べれる成分ということで大注目です。

・とうがらしは体を温める、殺菌作用、疲労回復効果
とうがらし(唐辛子)は、南米原産のナス科低木の果実で、全世界でスパイスとして取り扱われているわけです。胃を健康に保持して、殺菌作用、疲労回復、体を温める効果が認められるため、かなり昔より食中毒の予防や食欲不振の解消なんかに使用されます。

機能性成分 その他の食品成分

生活習慣病の予防や力を発揮してくれる機能を持ったかなりの成分が見つかっているのです。

●クエン酸
かんきつ類に多く含まれる有機酸で、さわやかな酸味が特徴となります。摂取し過ぎると乳酸が分解されることなくに脂肪酸と合成しダイエットとしては不利。

●ギムネマ酸
インドや東南アジアに自生しているギムネマ・シルベスタという植物の葉から抽出される成分で、砂糖の甘味を感じさせず食欲減退につなげる作用があるのです。食事と一緒にギムネマ酸を取ると、糖分の吸収が抑制がなされて肥満や糖尿病に有効になります。虫歯予防効果も期待ができます。

●核酸
遺伝情報を含むDNAたんぱく質合成を司るRNAの総称。白子、煮干し、さけ、たらなんかに含まれます。体内で合成されるのですが、手術後あるいは重篤な疾患の回復促進、免疫機能の向上に補給すると力を発揮してくれるという研究報告も見られます。

●クロロフィル(葉緑素)
植物の保有している緑色の色素で、強い抗酸化作用を持って、血中脂質の正常化やがん予防に効果を持っていて、消臭、殺菌効果も期待できます。

●レシチン
体内では細胞膜を作る成分で脂肪やコレステロールが血管壁に付着することを防止し、動脈硬化を予防します。卵黄、大豆、精白米に多く含まれます。レシチンに含まれるコリンが神経伝達物質とされるアセチルコリンを作り、脳機能を活性化すると考えられているようです。

●カフェイン
コーヒー、コーラ、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレートに含まれ、脳神経を興奮させ、眠気を阻止して疲労回復を乗り越えられます。中枢神経興奮、強心、気管支拡張、利尿などの作用を示してくれます。

●バナジウム
超微量元素で、大半は食事から1日に6~18μgとり、その5%が体内に吸収されるとみられるのです。脂肪の燃焼を促進し、血糖、コレステロール、血圧といった低下作用が検証されていますが、人体での必須性はありません。
マッシュルーム、えびやかに、黒コショウなどに多く含まれ、飲料水にでも微量に含まれるケースがあります。

●ヒアルロン酸
ムコ多糖の一種で、特に目の硝子体や関節液、皮膚に無数に存在しています。水と結合してゲル状となり、関節の潤滑作用や皮膚の柔軟性を守ります。細菌の侵入や毒物の浸透を防ぐ役割りもあるのです。

●エストロゲン
女性の卵巣から分泌されるステロイドホルモンの一つで、更年期障害の治療薬となって用いられているのです。エストロゲン、エストラジオール、エストリオールを含め、エストロゲンと総称します。
エストロゲンは血管や皮膚などといった老化を防ぎ、しかもカルシウムの吸収を促進させて骨を守ります。従って閉経とともにエストロゲンの分泌が少なくなると、女性は動脈硬化や骨粗鬆症を起こしやすくなってしまいます。

●テルペン類(ギンコライド、グリチルリチン、リモネン)
植物や昆虫の体内、菌類なんかが作り出す、特有な香りや苦味の成分です。

・ギンコライド
イチョウの葉に含まれ、血栓を防ぎ、血流を良くするというような。動脈硬化、肩こり、冷え性などといった改善やアレルギー、喘息の改善に。老人性痴呆症の治療薬という形でも利用されています。

・グリチルリチン
甘草の根に含まれる成分で、スクロース(砂糖)の30から50倍の甘味を保持します。胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった炎症を抑える作用があるとされます。

・リモネン
かんきつ類の果皮に含まれる精油成分。唾液や胃液の分泌を高めて消化をよくし食欲を高めるのです。動物実験によっては、がんを縮小する抗腫瘍効果が報告されているのです。

・セラミド
皮膚の角質層に含まれる成分で、皮膚の保湿機能を改善し、水分の蒸発、外部からの細菌の侵入を阻止します。
クリームや乳液といった化粧品に利用されているのです。免疫賦活作用、抗腫瘍作用、神経細胞活性化についても研究が進められているのです。米、小麦、大豆、ほうれん草に含まれます。

●シャンピニオンエキス
マッシュルーム(シャンピニオン)から抽出されたエキスで、ポリフェノール、アミノ酸、フラボノイド、多糖類、ミネラル、ビタミンだったりが豊富に含まれます。腸内環境を整えて、口臭や体臭を抑えるとされ、サプリメントが発売されていますが、効果の証明されたものではないのです。

●ムメフラール(梅肉エキス)
クエン酸と糖が結合した複合体で、梅の果汁を煮詰めて梅肉エキスを作る過程で生成されます。血流を改善し、疲労回復、冷え性、肩こり、むくみといった解消や動脈硬化の予防に効果があると言われています。

●メチルスルフォニルメタン(MSM)
トマトや牛乳などの食物に微量に含まれ、関節炎や筋肉の炎症、アレルギー性鼻炎の改善に効き目があるとして注目が集まる機能性成分です。
抗酸化力が高く、がん細胞増殖抑制作用も示しています。

●ファセオラミン
白いんげん豆に含まれる成分で、α-アミラーゼ(デンプン消化酵素)の活性を抑制して糖質の吸収を抑えるのです。ご飯やパン、麺類など糖質いっぱいの食事直前に摂ることによって、肥満予防効果が期待が出来ます。

●ゲニポシド酸
杜仲茶に含まれる杜仲葉配糖体の代表的な成分で、高血圧や高コレステロール血症の改善、糖尿病改善、抗酸化作用があるとのことです。ゲニポシド酸が副交感神経を刺激し、末梢血管を弛緩させて血圧を低下させるとされ、血圧高めに人に向けた特定保健用食品として認可されております。

●スクワレン
酸素と結びつきやすく、体の新陳代謝を高め機能の回復を手助けします。肝機能や白血球を強化し、がんに対しての抵抗力を高める効果もあるかもしれないと考えられています。
深海ザメの肝臓のほか、オリーブオイル、小麦麦芽、米麦芽にまで含まれます。

●ナットウキナーゼ
納豆菌が作り出す酵素で、血栓を溶かして血流を改善し、動脈硬化や心筋梗塞を防ぎます。
ナットウキナーゼは、納豆を食べ約1時間後から8~12時間まで血栓溶解酵素となって機能します。1日50gの納豆を摂り入れると効果を発揮してくれます。

●紅麹菌
紅麹菌を蒸し米に植菌して発酵させたというのが紅麹で、中国では着色料などの食材として伝統的に利用されているのです。紅麹には有効成分としてコレステロール低下作用のあるモネコリンKが含まれています。

・アドレナリン
副腎髄質ホルモンです。ストレス刺激に応じて分泌され、血糖上昇、貯蔵脂肪の分解を促進し血中遊離脂肪酸の上昇、インスリン分泌抑制などの多様な応答を引き起こします。

・杜仲
中国原産の落葉樹です。樹皮は腰痛、足腰の倦怠感解消、肝機能、腎機能、高血圧に効果があり、医薬品として扱われているのです。葉を煎じた杜仲茶には血圧降下作用があるのです。

デザイナーフーズで栄養がより一層よく分かる

老化とがんを防止する効果のある食品とは、1990年米国国立がん研究所が発表した、長年にわたる疫学的研究データに基づいたがん予防に非常に効果のある食品。

主に野菜や果物。活性酸素などによるDNA(遺伝子)の損傷を防ぎ、免疫力をアップさせて、生活習慣病を防ぐ効果も期待できます。

上がるほどがん予防など、体への健康効果は高まる、ピラミッドの表にまとめて発表した食品が「デザイナーフーズ」です。

にんにくは数多くのイオウ化合物、キャベツはビタミンCやカロテン、大豆のイソフラボンやサポニン、しょうがはショウガオールやジンゲロールなどの抗酸化作用のある成分を含みます。

このような成分は、活性酸素を消去してDNAの損傷を防止し、がん予防効果があるケースがはっきりとしているのです。

このデザイナーフーズに挙げられている食品については、免疫力を高めて、生活習慣病を予防する効果も見られます。毎日の摂取を心がけた方がいいでしょう。

栄養素を上手にとり入れる食べ方とは

●1日3食は健康な体を作ることを目指す大原則
1日3食の生活習慣は、鎌倉時代から続いております。1日3回食事が必要な理由は、1つは生体リズムを守るためで、もう1つは、1~2食では1日に必要な栄養素が十分に摂取できないせいです。
人間の体内には体内時計が内蔵されており、睡眠や食事などを通して生体リズムをコントロールしているのです。

真夜中にお腹を満たすと、消化器官に負担がもたらされ眠りが浅くなり、何よりもこの生体リズムが崩れる原因となります。
すなわち、1日3食を決められた時間に規則正しく食べるということは、生体リズムを整えるといった重要な意味合いを持つのです。

心と体が喜ぶ食事

食事は暮らして行く上で欠かせないものになります。毎日の食事を楽しむことによって、生きてる喜びにもダイレクトに影響します。

あなたはどこで、誰と、どんなものを食べている時に、食事が「おいしい」と感じますか。

「おいしい」と感じることによって、唾液や胃液といった消化液の分泌が良くなります。そして、おいしいとは視覚、嗅覚、聴覚、触覚(食感)など身体全体で感じ取るものです。

収穫して間もない食材をとり入れることによって、豊富な栄養素をとり入れ、心も満たすことができると思います。

具体的にいうと食事のときに気を付けてたいのは、1回の食事の中でのバランスを考えることが大切です。バランスの良い食事が間違いなく重要になります。

また、必要な栄養素は世代やライフステージによって変わることもあって、世代や家族の状況などに合わせた食事のとり方を考えるべきです。

・朝ご飯はしっかり食べたほうが良いでしょう
朝ご飯を食べない人が大勢いると言われています。朝ご飯は、1日の活動の源です。朝ご飯を食べることによって、活力が出たり、集中力が上がったり、子供の場合は成績が上がったという報告がなされております。
出来るかぎり朝9時までに朝ご飯を食べることを意識しましょう。

栄養バランスが理想的な献立つくり

●栄養バランスの良い食事とは
主食・主菜・副菜が揃った食事をいうのです。主食はごはんやパン、麺などの炭水化物(糖質、食物繊維)の多い料理でエネルギー源となるもの。
主菜は肉や魚、卵、豆腐などのたんぱく質の多い料理でメインのおかずとなるものです。

通常、主菜の量が多くなりがちなので、1食につき1皿(60~80g)を目安にし、摂り過ぎを防ぎましょう。副菜はビタミンやミネラル、食物繊維の供給源となるものです。
野菜や海藻、きのこなどを中心に、2皿はとりたいところです。こららに加えて果物、乳製品などを1日1回程度加えることで、バラエティ豊かな食事になります。

主食1皿、主菜1皿、副菜2皿を基本に献立を考える

●創意工夫して献立作成を
・主食は1食あたり、ご飯なら約150g、食パンなら約90gを目安にしましょう
・揚げ物ばかりなど、同じ料理にならないようにしましょう
・野菜は1日に350~400g、両手でいっぱいぐらいを目安にとり入れましょう
・副菜はサラダ、煮物、炒め物、汁物、おひたしなどで野菜をとりましょう
・果物や乳製品などを加えましょう

五感を満たすバランス食事

旬の食材を中心にさまざまな食品を摂る様にすることが栄養のバランスを良くすることになります。

食事バランスガイド(何を、どれだけ)を参考にしてみてください。

・5つの味:甘味、塩味、酸味、苦味、うま味
・5つの色:赤、緑、黄、白、黒
・5つの料理法:焼く、煮る、蒸す、揚げる、生

・生体リズム
決まった時刻に規則正しく食事を食べたら、食事時刻になったら消化酵素の活性が高まる日内リズムが構築されます。そのためにも摂食時間の乱れ注意をはらうことが大切です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。