楽々お金を貯めている人が実行していること

楽々お金を貯めている人が実行していること

投稿日: カテゴリー: 家計管理

お金が自動で貯金できる仕組み作り

努力しても貯まらない人が実行していること。家計簿の付け方を替えるのみで家計は一変する。

家計簿が簡単になり、安定化する。無駄遣いを節約する工夫が叶うようになり、お金が楽々貯められることになる。

家計管理に時間も手間もかからなくて変化し、お金に関して悩みを抱える時間を減らすということも実現します。過剰にケチケチする必要もなしになり、家族の夢を達成させる支出を取り入れることだって不可能ではありません。

家事労働は忙しいですよね。家事に育児に仕事って、一日がドタバタと流れていると思われます。

仕事を終えて帰宅をしても、ゆったり座るちょっとした時間もあるわけない、子供を寝かし付けて起きているつもりが知らず知らずに寝落ち。

ほんの少し時間ができたらのんびりしたい、ノートを開けて書き込みなんか? 次の機会。これが本音でもあります。

そんなにも忙しい日々の中であっても三日坊主にならない、簡単で楽々の「家計をきっちりと黒字に持っていくお金の仕事作り」。家計管理はサクサク終らせ、あなただけの自由時間をお金の以外に使用する。

そういった、お金も時間もケチらず使用できる毎日を手に入れられるお役に立てることを目的に。

やりくりを叶えるコツとは?

今月いくら使ったとしてもOK? 1年でいくら使ったとしても大丈夫? が見えてくること。

あれがああなり、このことがこうなるので、ままいっか。ウンザリするし、ムリムリ。私にできるはずない、これまで以上に節約しないと。

努力しているというのに、あと一歩でこけてしまう。

ウンザリする、さしあたって、まあいっかで終らせてしまいがちです。私にどっちみち無理だから初めからやめてしまう。ケチケチやり過ぎて家族から不平不満が出てくる。

家計の基本を理解しましょう

家計管理いうものは「なんとなく複雑そう」と思っていないでしょうか? ですが心配ご無用です。

家計管理は基本が理解できると、ホントに単純です。初めてだってズボラですら楽をして貯める仕組みを作ることが難しくありません。

だけども、家計の基本を理解しなければ、家計はあちらこちらに迷走してしまうのです。これから家計を迷走させません!

しっかりと結果を残す骨太な家計を作ることを目標にした家計管理の基本です。

1.固定費 2.生活費 3.特別費 4.貯金の4層の構造

貯金を増やすことを考えてできるのって、基本的にお金の枠を大きくすること。すなわち収入を引上げるか、固定費、生活費、特別費の支出を小さくするというような2つの選択しかないです。

けれど、いつまでも支出を小さくするばかりでは、貯金は増えてもどこにでもあるケチケチをもたらしてしまいかねない。

家計の基本が理解していないと、どうしたって今の家計状態では、無理がある貯金計画を立ててしまう危険性があります。

度を越してケチケチしない。確実に実現できる範囲内で確かな貯金計画を立てることを考えれば、なによりあなたの家計の状況を理解しておくことが必要です。

今の家計が、貯金のできる家計であるのか? 使い過ぎの家計なのかな? どんなわけで貯金ができないのだろうか? を知ることを狙って、家計の実情を調べてみましょう。

収入を知ろう

それよりも、あなたは月にいくらの収入が存在して、年間でいくらの収入があるか知ってますか? お金を貯められない人って、自分の家庭の収入が年間でいくらであるのか? も分からないと言う人が残念なことに多くいます。

どうやっても収入以上の貯金はできないで、なにより第一段階は自分の家庭の収入を調べてみてください。

一般的には、年収とは社会保険料や税金を計算に入れた収入を意味しますが、社会保険料や税金を差し引いた手取り収入を知るやり方で充分。

それでは、通帳や給料明細というものを見つめながら、残業料が含まれていないベースの月の手取りの給料を書き出します。月の給料×12ヶ月が年間の給料だということですね。

次に、月の給料の残業代の平均金額を書き出す。残業代は、現在までの給料から平均的な金額と回数を予測して年間でざっといくらか書き出します。

ボーナスもあれば、夏・冬などに分けて書き出す。さらに、手当てや予定される臨時収入も忘れることなくプラスしましょう。

1円単位までドンピシャリである必要はなく、端数はおよそでかまいません。

給料、残業代、ボーナス、手当て(児童手当など)、予定されている臨時収入(なければ0円)を全てプラスした金額が、今年1年で予定される年間収入合計金額です。

分割して書き出すことによって、見やすく理解しやすくてまとめることができます。少なめに見積もり過ぎないように気をつける必要があります。

スポンサードリンク


固定費を知ろう●

次は、家計の中にある固定費がいくらあったりするかも調べていだだきます。

固定費とは、毎月あるいは年に何度か確実にある支出という意味です。家賃、光熱費、生命保険、携帯電話、小学校、教育費、習い事、お小遣いだったり。

家計簿を付けていないとしても、通帳の明細や請求書から見ても楽々で確かめられます。

確認するのはちょっと面倒くさいですが、家計の状況を把握するうえでも自由時間があるときに、一度試すと良いでしょう。

こういう固定費を、口座引き落としの固定費と、現金払いの固定費に分類して書き出してみましょう。電気・ガス・水道というものは、季節の影響で支払額が変わりますが、ざっくりした平均値で良いんです。

幼稚園や小学校、教育費も、遠足や宿泊学習があると高くなり、といった支払額の波を見込んで、少し高めで計算に加えます。

年払いの学資保険や生命保険、習い事の発表会のお金が1回で10万円など、年払いや高い値段の固定費は、「年払いの固定費」に計上。

ですが、月々の先取り貯金や積み立てというものは、固定費には含めません。貯金と考えて計算します。

1ヶ月にいくら、年にいくらの固定費があるか? 今年1年で予定される固定費を計算しるべきです。端数はおよそで、ちょっとだけ高めの見積もりが安心できると思います。

学資保険や終身保険だったり貯蓄性がある金融商品は、いったん固定費に計上し、支出と考えて見なし、後になって貯蓄ということで、貯金にカウントしても良いのです。

各種ローンや分割払いといった1ヶ月の返済額も忘れることなく書き出します。

年払いの固定費を知ろう

家計の中にある年払いの固定費がいくら有るかに及ぶまで調べていくことにします。

年払いの固定費とは、年に何回かあるいは今年のみ必ずある比較的に高い値段の支出という意味です。住宅や車のローンのボーナス払い、固定資産税、自動車税、自動車保険、受信料など。

さしあたって、1年ごとに予定されている年払いの固定費が年間でどれだけあるか計算に加えます。

次は、車検、出産費用、幼稚園の入園会など、今年のみ予定している大きな支払いをプラスします。年払いとなっている学資保険や生命保険、習い事の発表会1回10万円とかも忘れることなくプラスしてください。

年払いの固定費は、1度の支払額が高い金額になる傾向が高く、一年間でいくらか? を計算してみると、驚いてしまうような金額になっちゃうことがあるのです。

固定費と年払いの固定費の合計が、今年1年で必ずお金を支払わなければならない支出です。

必ずお金を支払わなければならない支出は、少くなければ少ないほど家計が楽に回せますので、きっちりと見直したい支出。

年払いの固定費が年にいくらか知ってますか?

自由になるお金を知ろう

家庭の収入、固定費が計算ができると、収入から固定費を引くことによって、今年1年で自由に使えるお金がいくらか?
おおまかに知ることができます。

自由になるお金=今年1年で貯金できるギリギリのラインです。

食費といった生活費を一円たりとも使わずにいる状態ですから、現実にはこのポイントからかつ支出が引かれます。
自由になるお金の金額が150万円にもかかわらず、気持ちだけで今年は年間200万円貯めよう! 年収の3割以上は貯金だ!
と目標を立てても無茶だというようなものが良く知ることができます。

こんなふうに、自由になるお金の額を知ることによって、現実の上で達成可能な貯金額が見ることがあります。

自由になるお金があんまり少しばかり(世帯構成人数次第ですが、基準としては年間100万円以下)場合は、固定費が高すぎるか、収入があまりにも少ないと判断することができるはずです。

この場合は、どれほどケチケチ節約を努力しても貯金を大きく伸ばすというところまでは手も足もでないことも。

公的な支援も合わせて、いくらかでも収入を増やすということを計算したり、固定費をいくらかでも削る工夫して、自由になるお金を増やすことができると、貯金割合も上がることから、諦めないでいただきたいです。

自由になるお金が年にいくら有るか知ってますか?

今年1年で自由に使えるお金を割り出します。

収入-固定費(月の固定費+年払いの固定費)=自由になるお金

●今年1年で貯金できるギリギリのラインは?
自由になるお金=今の条件のまま1年で貯金に相当する限界点。
自由になるお金以上の貯金目標を立てても非現実的。

●自由になるお金があんまり少ない時は?
固定費が高すぎるor収入が少なすぎる、というような可能性の高い。
固定費を改善するor収入を増すことで自由になるお金を引き上げると、貯金の確率アップに!

生活費と特別費の違いとは?

家計の基本は、固定費、生活費、特別費、貯金。この内、生活費と特別費の区別をします。

この二つをはっきりと区別できたら、家計の仕組みが分かりやすくなっていくのです。

生活費とは、主に食費、日用品、娯楽費ということを意味します。娯楽費とは、比較的に少ない額の、季節やイベントに影響を受けない支出で、外食、交際費、交通費、下着などのそれなりの衣類、わずかのレジャー費などがあります。

ガソリン、ペット費用、それに見合った医療費など、そのほか毎月のようにこまごまと支払いが見られる支出も生活費と考えられます。

特別費とは、年に何回か程度、季節やイベントに関わって発生してくる割りに高い金額の支出という意味です。

映画館や動物園、公園なんかに遊びに出かけるといった支出ならば、スケールの大きいイベントじゃないので生活費へ。
目的地が公園でも、滅多にない植物を見ようと、飛行機に乗ってホテルに泊まるスケジュール、といった場合はスケールの大きいイベントですので特別費だろうと考えます。

生活費と特別費の違いが分かりにくい時には、特別費じゃない支出は、すべて生活費と考えると分かりやすいと思われます。

生活費とは? 日常的に出ていくこまごまとした支出ということです。金額は1回の日払いで数百円~数千円程度のことが大半。

特別費とは? 美容院、観光旅行、季節物のメンテナンス、誕生費プレゼント、予防接種、大きい額の医療費、冠婚葬祭、インテリア装飾、家庭用電化製品、税金、高い金額の修繕費などがあります。

●分かりづらい場合は?
・見分けるコツは、ひとまず特別費に関し考えること
・特別費予算表(のちに目にします)に含まれていない支出は、すべて生活費とすると楽
・ちょっとだけ高額な支出はすべて特別費にする
・生活費が不足している時は、特別費から借用、という考え方をやってしまう人ほど、貯まりにくいことが大半です

特別費と貯金の違いとは?

貯金をするには、目標が重要なんですが、「お金を貯めて○○をチャレンジしたです」と、目標を心に決めて貯金をする方法ですと、お金が貯まったと思ったら使うを繰り返し、結果として何年時間が経過してもさほどお金が残っていない、という事になりやすく。

貯金とは、マイホーム、車、進学、老後、万が一の時など、人生の中においても大きな節目の時に使うお金を考えられます。

家族旅行、家庭用電化製品の買い替えだったり、大したことないことに使うために貯めたお金のことを「貯金」とは考えないように気を付けて下さい。

何か月、何年のうちに運用する予定のお金は、「特別費」として前もって「支出」として予想し、貯金とは分けて準備する。

特別費は使ってもいいお金。貯金はしばらくの間一円たりとも使ってはならないお金。

このような「近々使う予定のお金(支出)」と「しばらくの間使う予定のないお金(貯金)」の区別がないと、何とか貯めた貯金をダラダラと使い込んでしまうことだって。

それで、家計管理では人生の節目と思われるような非常に大きい出費にパニックにならないため、生活を防ぐためのお金だけを「貯金」として、「旅行代金」などとは分けて考えてください。

●貯金の考え方を見直す
・お金を貯めてご両親にごちそうをしたいです
・お金を貯めて観光旅行に行きたいです
・お金を貯めてクーラーを取り替えたいです

近々使う予定だったお金を貯金から出せば、貯まったと思ったら、ゼロになるの繰り返しを起こしやすい。

貯金とは、人生の中でも非常に大きい節目の時に運用するお金「しばらくの間使う予定のないお金」を意味し、その時が来るまで「一円たりとも使用しない」が基本。

近いうち使うお金(支出)は、特別費として前もって「支出」として見たてる。

貯金と特別費の区別が足りないと

・旅行費用、家庭用電化製品なんかにちょいちょい使ってしまって、貯めている予定が何年時間が経っても大きいお金が残らないといったサイクルになりがち

努力してお金を運用しているつもりであっても貯まらない人に、こういった可能性が大きい。

●貯金の目標の決め方
目標を大切に考える。貯金として○○をチャレンジしたいなど、目標を決意して貯金を行なうと、貯まったと思ったら使ってしまって、結局のところ何年時間が経ってもお金が残らないサイクルになることが多く。

ところが、目標を心に決めていけないという意味ではない。それどころか、目標は有った方が望ましいものだと思うワケ。

ですが、「お金を貯めて○○をやる」ではなく、「○○にお金をつぎ込む」と、前もって支出として目標を立てること。

なぜかというと、ようやっと貯めた貯金を切り崩し夢を叶えるクセをつけると、お金をダラダラと切り崩し続けたり、かえってイザという時にビクビクして使えなかったりするということが有るから。

しかし、特別費を使って前もって支出としてお金を用意すると、貯金は別途貯まっているからこそ、余計な心配なくお金を使うことができます。

人生は1回きり、本当のところ行なって見たいことが有ったにもかかわらず、お金を持ってないから何もすることが出来なかった! では考えものです。

今になっても先延ばしにしてきた夢だったり、やらないで一生を終えて後悔することはない様、リストに書き出すというのがおすすめ。ちゃんと残っているお金には限度があります。

だけども、自分の考えでほんの少しがんばれば、達成できる何かは間違いなくあるはすです。

目標の決定方法は、「お金を貯めて○○をする」ではなくて、「○○にお金を注ぎ込む」と目標を立て、欲しいもの、知っておきたいことを夢リストにする。

近いうち実現したいこと、いつの日かやり遂げたいことを必要経費と何年何月まで夢リストを作る。

・少ない額、高額に関係なしに、一生のうちに欲しい物やしてみたいことを詳しく書き出す
・締めきり日も仮にで十分なのだので記入する
・欲しい物ややりたいことが変化すれば書き替えてもOK
・総額がまるで分からないものには、?円でOK
・夢を叶えるために用意するのは特別費

家計のやりくりとは?

あなたは年間いくらの収入があるのですか? あなたが1年間に必ず支払わないといけない支出はいくらでしょうか? 自由になるお金は年間でどれほどですか?

さしあたって、この3つに答えられるレベルになること。これこそが家計の基本。

月ではなくて年間で計算を行なうのがコツ。なぜならば、1ヵ月単位で計算してしまうことで、月の給料が低い時の家計のやりくりが制限なく厳しくなっていきますから、大きな出費にどれくらい使えるつもりか? の計画も立てにくくなっていくのです。

年単位の自由になるお金が分かっていなければ目の前の安価な高価なに、影響を受けたり、がんばっているにもかかわらず貯まらなかったり、なんてことにも。

1年くらい家計簿を付けるとごく自然に分かってくることも考えられますが、家計簿を付けていないとしてもできるようになっているため、何としても一度トライしてみましょう。

家計のやりくりとは、とりあえず固定費をきちんと見直し、残っている自由になるお金で、生活費、特別費、貯金のバランスをどのように設計すべきか? 以外のなにものでもないのです。

バランス状態の内訳は自由なですから、自分自身や家族が想像する、今可能である内で一番ステキな家計の状態を考えていきましょう。

家計のやりくり 1年計画の立て方

1.固定費をできる限り削る
2.貯金・生活費・特別費のバランスを設計する

●自由になるお金が200万円の場合
・貯金をしっかりめに、年間100万円貯金したい!
貯金100万円(先取り貯金や定額積み立てを含む)生活費・特別費100万円、冗談でしょこんだけ節約できちゃう?

・貯金はほどほどに、年間50万円貯金したい!
貯金50万円(先取り貯金や定額積み立てを含む)生活費・特別費150万円、これだったらいけるかも知れない?

・貯金は少なく、年間30万円貯金したい!
貯金30万円(先取り貯金や定額積み立てを含む)生活費・特別費170万円、使い過ぎでしょうか?

・生活費と特別費が年間200万円を超えてしまったら赤字
先取り貯金をしても崩すしかない、生活費・特別費205万円、貯金-5万円

理想と現実のバランスを考えることが家計のやりくり。

スポンサードリンク