生活費の週予算を決める

生活費の週予算を決める

投稿日: カテゴリー: 家計管理

毎月の生活費を金額以内に収める努力

生活費の封筒の中には、今月自由にできる生活費が入れられています。生活費は毎月変わりないことから、生活費の封筒に入っている金額=毎月使える生活費の上限です。

毎月この金額の範囲内で収める努力が大切に。そういう訳で、生活費に週予算を決めるやり方が気に入ると思います。

生活費が月9万円なら、4~5週で割れば充分だろうと、早合点しないでいただきたいです。

生活費は一様に4~5週で割った金額で、毎週やりくりしようとするとも、大半が失敗するというわけです。週予算を決めるより前に大切なことが、1日の平均を決めること。

1日の平均を決めるためには、米や酒など月1回程度の大きな買い物の金額を計算した方が良いでしょう。次は、生活費から大きな買い物の金額を引きます。

それを31日で割った金額が、1日平均。1日の予算×7日が週予算です。

生活費を一様に4~5週で割ると、大きな買い物のある週の生活費が考えている以上に苦しくなっていくのです。また、「4週ならば生活可能でも、5週あると容易ではない!」と小さなことでつまずいてしまうことなども避けることができます。

31日で割っていきますと、4週から5週かは関係ないです。週の半ばでも、締め日(月末や次の給料日)が来た時終了です。週の途中から次月を始めていだだきます。

週予算の決め方

1.米や酒だったり月1回程度の大きな買い物の金額を算出する
2.生活費-大きな買い物=月の生活費
3.月の生活費÷31日=1日平均の生活費
4.1日平均の生活費×7日=週予算の生活費
5.週予算の端数をアバウトに切り捨て、週予算を最終決定する
6.1週目と5週目に使える金額は、日数計算で対応する
※1週目や5週目が3日でしかない場合、1日平均の生活費×3日=週予算の生活費

週の予算を決める際は、まず1日の平均を出すことがコツ! 生活費の金額の中で、1週間で使う金額は、週予算を目安にすると予算を維持する成功率アップ。31日で分けていますので、締め日(月末や給料日)が来た時週の途中でも終了させる。

家計簿無しで生活費を回す方法

週予算が決定したら、予定通り運用を始めていだだきます。準備するには「お財布」です。

なにより、毎週日曜日の夜だったり、決まった曜日をリセット日にしていきます。毎週のリセット日に、割り出した週予算をお財布に入れます。

お財布に入れた週予算だけで1週間をやりくりしていきます。

1週間が終ったら、余ったお金は生活費の封筒に返します。小銭は入れっぱなしでもOK! これを1ヶ月に4、5回繰り返します。

週1回、週予算をお財布に入れるだけ、お財布の中を目にすれば週予算の残金を知ることができます。次週になるまでこの金額でやりくりできる限り、何に使ったとしてもOK!

毎日出かける度に封筒を持って歩く必要もありません。注意するという点は、週予算でやりくりすることは、食費・日用品・娯楽費など、日常的な支出だけということ。

教材費や習い事など固定費の支払いは、固定費の封筒から。自動車税なんか、特別費のサブ封筒から。固定費や特別費の支払いに生活費を利用しないように頭に入れましょう。

生活費の運用方法

生活費を週1回週予算をお財布に入れます。1週間が終ったら財布の中にある余りは、生活費の封筒に返します。

小銭は入れた状態でも良いです。

・お好み次第で、週予算の余りは貯金としたり、封筒を1週目、2週目と分けて準備してもOK
・米や酒など大きな買い物がある週は、その分多くお金をお財布に入れます
・カード払いをした時は、現金を抜いてカード払い封筒を別に作り保管すると使い過ぎの防止に
・教材費や習い事と固定費の支払いは、固定費の封筒から自動車税については、特別費のサブ封筒から
・固定費や特別費の支払いに生活費を使わないことを意識して用心する

●成功率を上げる平日予算と休日予算
食費・日用品・娯楽費など日常的な支出を、決まった週予算で1週間回せば、具体的な内容を気にかけなくてもいいんです。

食費・日用品・娯楽費に分けて記入することによって、自動的に無駄が少なくて管理できます。更には、使い道自由な週予算のやりくりは、平日予算と休日予算に2つに分けると、予算内で暮らしが成り立つ確率が高くなります。

土日休みの仕事ならば、平日は食費とひち用品くらいしかお金はあまり使わないけれども、休みの日はショッピングセンターでランチとして、それから服を観たりするのが定番といった、休みの日の過ごし方が、平日とは違う場合があります。

学校や幼稚園も週末は休みの場合がほとんどで、昼食の準備も大切に。

そういうような休日に平日のお金の使い方を予想して平日に使えるお金を決めておくことにします。週末で外食なんかに使える休日予算は6千円に! など、なにより休日に必要なお金を確保します。

週予算から休日予算を引いたお金を7日で割ります。これこそが1日の食費と日用品に使えるお金になります。

しかしながら、1日で使えるお金が1千円を切ってしまうようでしたら、厳し過ぎる予算と言えるかもしれないです。

●平日予算と休日予算
1.休日に使うお金の枠を6千円といったように大まかに決める
2.週予算(1万9千円)-休日予算(6千円)=1万3千円
3.1万3千円÷7=1千8百57円(約1千8百円、1日の食費と日用品に使えるお金)
週末少しばかりスペシャルな夕食にしていきたいであるとか、好きなように1日の予算を切り替えても良い。

・数日分をまとめ買いする時は
1日の食費と日用品に使えるお金×まとめ買いの日数を予算する
1千800×3日分=5千4百円、今日の買い物は5千4百円の範囲内でさせるつもり、というプランを立てる

・週末に使い過ぎた時は
週末に1万円使ってしまった時は、翌週の週末予算をちょっとだけカットしよう、など週末の計画を切り替えてカバーします。食費と日用品を減らさないことによって、生活が苦しくならないのです。

週予算のわずかばかりのオーバーは、1ヶ月の生活費全体を通じてカバーが可能だと良いのです。

特別費は別財布で管理する

特別費は、サブ封筒で用途に分けて管理していきます。特別費を使うときは、封筒ごと持ち歩いて、封筒からお金を支払い、おつりも封筒に戻す。

小銭は貯金箱に入れても良い。支払いなど小銭を必要とする時にお札に両替して、お札になったら他の封筒に戻しても。封筒を持ち歩くのには、抵抗感があるというときには、別財布を用意して、使う時に封筒からお金を入れ替えても良いでしょう。

特別費のお金は、固定費や生活費のお金と混ぜ入れないこと!

これにより、旅行に向けて準備したお金とを、不用意にも食費に使い込んでしまいました、といったことがなくなるのです。封筒に入れたお金は、余らせることというよりも、キッパリと楽しんで活用するようにする。

貯金はもうすでに確実なものにしてあるので、ケチる必要はないのです。ワンポイントとしては、夏休みといった長期の休みの場合は、子供がいることによって多くなる外食やちょっとしたレジャーといった見落として少し多めに特別費を備え置くと、生活費が大変だ、という事態を防ぐことが可能です。

特別費だけに限らず、小遣い・仕事(事業)用のお金も生活費とは別財布にすることがおススメ。

●別財布で管理する支出
・特別費は用途別に封筒に分けて管理

●特別費を使うとき
・ひとつのイベントのたびに別財布に入れて外出する
長期休みは外食も合わせて長期休み予算として確保すると、今月は長期休みで外食や遊びが目立つようになり生活費が苦しいとはならない

・その他別財布がおすすめなもの
小遣い、仕事(事業用)のお金
小遣いや仕事のお金を生活費などに使い続けることを防止する

封筒積み立てといった考え方もあります

生活費が毎月余るようでしたら、封筒積み立てを行なうこともおススメ。封筒積み立てとは、前もって予定されている支出のお金を毎月のようにコツコツと貯めてから使うというものです。

知られている、車検・固定資産税といった税金や、車や住宅といった修繕費を毎月コツコツと貯めるといった方法。

前もって予定されている支出に備えるという事では素晴らしいですが、欠点もあるのです。それは、毎月積み立てようとすると、月収が高くはないと、とんでもなく苦しい生活に陥りやすいこと。

封筒積み立ての数が多いと、長い年月が経たなければ貯める効果が生まれづらいこと。長期的に貯めるための積み立てばっかりだったら、使うチャンスがありませんしストレスが溜まりやすいこと。

封筒積み立ては、数を絞り込んで、それぞれの封筒になるべくならたくさんのお金を入れ、短期的に使うお金も確保することによってやっと効果が出てくるのです。

むやみやたらと少しずつ積み立てれば良いと言われるものじゃないのです。おすすめは、臨時費・医療費・旅行・欲しい物積み立て(臨時費&医療費は一つにまとめても良い)。車検や税金などは特別費にして別に準備さえすればしっかりとカバーできます。

スポンサードリンク



●封筒積み立ての失敗と成功
失敗は、家族のお楽しみに使用できる積み立て額が多くない。貯める一辺倒でまるで使えない。長い期間にわたって貯めし続けなけないと使いようがない積み立て一辺倒でストレスが溜まる。

成功は、
・臨時費&医療費積み立て(修繕・冠婚葬祭・高額医療費など不測の出費に対応。基本使用しない長期積み立て)。
・旅行積み立て(いつの日か出かける贅沢旅行費、5年以内を目安に。中期積み立て)
・欲しい物積み立て(貯まったと思ったらすぐに使用する、家庭用電化製品やインテリアとか。短期積み立て)

毎月の積み立ては、封筒は少なくて、全体的な金額も少なめ、ひとつの封筒に入れる額はやや多くすることで、月の負担は少なく効果を実感しやすいもの。

毎月積み立てるのは、月の黒字が見られる人向け。毎月大変な時は、年間でプランを立てると申し分なく、月500円からであろうとも。固定資産税や車検は、別途プランニング(特別費予定表のその他)おこないます。

●予算が余っている時はどのようにする?
生活費・固定費・特別費の封筒に入れて置いたお金が余っている時は、次にあげる4つのいずれかで対応するとより一層効率良くお金が使うことができます。

①貯金
②赤字用に積み立て
③その他のやりくり封筒に移動する
④使い尽くす

この中のひとつの方法を選択することはしないで、いくつかの方法を合わせて使うことが効果がある。その中でも、②の赤字用に積み立てと、③の他のやりくりに移動する、というのがおすすめ。

特に固定費の封筒に入れるお金は、毎月ちょっとだけ多めに入れて、そのまま次の月に繰り越していって、いつでも数千円から数万円といった残金が見られる状態にして置く事によって、学校の教材費が予想していたより高いものだった、習い事で突然に衣装が必要となったといった突然の出費に慌てふためくことがないはず。

生活費の封筒で残っているお金の半分は、赤字封筒に入れ、残り半分は毎月の積み立ての観光旅行積み立てや欲しい物積み立てに入れるといった配分を創意工夫することで、ご褒美積み立てがスピーディーに貯まります。

月数千円であろうとも、赤字用封筒にお金を入れて置く事によって、いきなり夫のビジネスシューズが壊れたなどといった思いがけない出費での赤字を助けてくれるはずです。

予算が残っている運用法

予算が残っている状況のおすすめの対応法

①固定費が残っている「固定費封筒」にそのまま残して、次月に繰り越し
②生活費が残っている「赤字封筒」赤字の際の予備費として積み立てて突然の出費の備えをする
③特別費が残っている「その他の特別費封筒」観光旅行や欲しい物積み立てに充てる
④小銭が余っている「貯金」千円札に両替して、ほかの特別費封筒に入れたとしても悪くない。

赤字封筒が有ると、突然の出費に慌てません。観光旅行や欲しい物に残っているお金を移すと、ご褒美積み立てがスピーディーに貯まります。

●突然の出費や赤字はどのようにする?
生活費の赤字は、日曜日遊び過ぎたら次週をほどほどにするとか、それに見合った創意工夫することによって、ほとんどのケース避けることができます。

慢性化している赤字にも赤字補てん額の備えで対応します。しかしながら、突然の出費や赤字、予測したくても予測できないかもしれません。通常ですと、事情があって貯金からやむをえない、となりがちなのですが、貯金を崩すちょっと前のワンクッションとしては、封筒積み立て(毎月の積み立て)を紹介しました。

高額な医療費や冠婚葬祭といった突然の出費は発生するずっと前から、家庭用電化製品やインテリアは壊れる前もって、ちょっとだけデラックスな旅行の費用も行く以前から積み立てる。

固定費の余りは、次月に繰り越し。生活費の余りは、赤字用の積み立てる。こうやって、袋分けでは毎月ちょっとずつなのですが、突然の出費や赤字にいくつかの予防線を張ってあるんです。

ほとんどの突然の出費や赤字は、これによって回避・吸収できるのがほとんどです。

そうは言っても回避できないならば、かなりの非常事態が起こっているか、根本的に立てている予算が誤りがあることだって。

生活費の予算は厳し過ぎないだろうか? 固定費の予算はちょっぴりゆとりを持っているだろうか? 特別費の運用が混乱しているのか? すこっしだけ歩みを止めて振り返ること。

●突然の出費や赤字が続いている時は
突然の出費や赤字には、封筒積み立てが効果的。

【突然の出費対策】臨時費積み立て封筒、医療費積み立て封筒、欲しい物積み立て封筒
【赤字対策】固定費繰り越し封筒、赤字積み立て封筒

封筒積み立てを行なうことによって、突然の出費や赤字を回避・吸収する。

・そうは言っても毎月急な出費や赤字が変化しない
・非常事態が発生していてどうにもならない
・毎月袋に分けている予算が厳し過ぎないのか確かめましょう
立てて守れない予算は何の意味もないことで、守れる予算に変える。
・突然の出費なので仕方がない、を言い訳にしていないか? を見つめ直す

無駄に見える化にするコツ

毎月無駄遣いを行っている気もすると感じてはいるが、実際のところいくらくらいの無駄遣いを行っているか分からないケースが有ります。

袋分けで家計を管理すると、家計簿を付けなくて問題ないというメリットはありますけれど、固定費・生活費・特別費のお金の枠を決めても、それらの中にどれくらいの無駄遣いがあるか? は判明しません。

この無駄遣いを見える化するために役に立つのがレシートです。習い事や教材費といった現金で払う固定費や日常の食費・日用品を除いたレシートを集めていだだきます。

品物一つ一つに無駄があるのか? といったチェックすることは必要ないですか。現金で払う固定費と、日常の食費・日用品を除いたレシートが何枚あるのか? 合計いくらか? を把握するのみでOK!

カフェ・外食・雑誌・わずかばかりの駐車場代・レジャー・衣類だったり。

それらの金額が多い状態だと無駄遣いの多い家計です。さらに詳しく無駄遣いを把握したい場合には、数ヶ月のみであっても家計簿を付けるのが良いのです。

袋分けで、家計簿を付けない場合も、数ヶ月にたった一度「去年の貯金額を調べる」方法によって、今どれくらい現金があるのか? の総額だけであってもたまに確かめて置くと役に立ちます。

●無駄遣いをチェックしよう
方法①
1.レシートを集める
現金で支払う固定費・食費・日用品を除いたレシートを集めます。
2.レシートの合計額と枚数をチェック
枚数の多い合計金額が多い→無駄遣いの多い家計です。
けれども、全部無駄ととらえないことがコツ。いくらかの無駄はうるおい感。枚数をちょっぴり減らすところから始めるといいんです。

方法②
1ヶ月のみであっても家計簿を付けてみる

方法③
予算が守れているなら、使い道自由といった判断もOK! 今どれくらい現金があるのかを(今年の残高)確かめるだけでも参考になる。

家計の理想と現実の工夫

家計管理は、家計をルーティンで管理する。しかしながら、始めれば現実は思っていたもの(理想)とはほど遠いかもしれないですね。

まぁいっか、めんど臭い、どうにかなるさで何一つ工夫しないでいれば、波にもまれあちこちに漂流し、迷走し、どんな所にゴールインするのか本人にも見当もつかないことだって。

●楽して貯まる家計管理とは?
【今年の残高】
収入(年間)、固定費(年間)、生活費(年間)、特別費(年間)、貯金(年払いの固定費も含む)の金額を出す。

今までに計算した内容を1年間の家計の理想に!
慣れていないうちは、繰り返し見直しながら実践しましょう!

家計管理とは、家計の理想の指針から大幅に外れないように、ちょこちょこ確認する作業のことを言い、非常事態を除き多くの場合は、理想の指針が無くて迷走します。

自動に貯まる仕組み化するまで僅かばかり面倒ですが、一度仕組み化していくことによって、ほとんどの場合家計管理に手間と時間が必要とされなくなります。

楽して貯めている人には、家計の理想の指針が見えていると言えます。

家計管理のまとめ

1年間の家計をプランニングすることで問題なく実現可能な貯金計画が立てられ、理想にそう遠くない金額でやりくりできるなら成功率は100%。

●家計の基本を知る
①家計の基本は、固定費・生活費・特別費・貯金
②年間収入-年間固定費(月払い、年払い)=自由になるお金
③自由になるお金を、生活費・特別費・貯金に配分する

自由になるお金を生活費・特別費・貯金にどのように配分するか? を計算に入れるというのが家計のやりくりです。

計算結果(年間)を出しその金額に収めれば、年間の貯金ができる。このことが、家計の1年の理想の指針にします。

配分は、好みに応じて入れ替え、年払いの固定費は、最終的には特別費に計上し直すと、実質上の運用が楽になります。

月の家計を管理する

月の家計を毎月繰り返すだけのルーティンに変える。

①給料口座から毎月定額を下ろす
②毎月定額を固定費・生活費に配分する
残業代・ボーナス・手当てが無い家計、月の生活費にゆとりがある家計は、特別費や貯金にも配分する。
③①~②×12ヶ月繰り返すだけのルーティンに変える

月の家計をルーティンにすれば、毎月のやりくり(生活費・特別費・貯金の配分)に頭を抱えない。時間と手間がかからなくて楽にできる。

年の家計を管理する

年の家計でお楽しみにお金を使うと家計が潤います。

ケチケチするだけでないメリハリ家計を作ることができると家計の幸福感が高くなります。年の家計を年に数回だけというルーティンにしましょう。

残業代、ボーナス、手当て、月の黒い額を特別費(使用しても良いお金)必要に応じて、1~数か月分を準備します。貯金(使ってはダメであるお金)に配分します。

①特別費予算表を作成する
②残業代・ボーナス・手当て・月の黒字額を特別費、または貯金に配分
③必要な時に、1~数か月分を用意する
④②、③を年に数回繰り返すだけのルーティンにする

「使っても良いお金」と「使ってはいけないお金」を分けることで安定してお金が使うことができる。

年の家計をルーティンにすれば、大きな支出にも慌てずに対応ができるように。時間と手間がかからない、観光旅行といったお楽しみにケチらないでお金を使えると思います。

家計を成功させる運用法

袋分け家計管理で、家計簿無しで家計を回す。

・メインで使う封筒はたった2つだけ(それらの他にもサブ封筒)
・生活費封筒の余りを赤字積み立てに回すことによって赤字対策も
・出来ればカード払いと現金払い行うためのカード払い封筒が有ると立派な

こういったふうに、封筒の少ない。お金の出し入れが少ないから「簡単&楽」。

家計管理の目的がお金を貯めるばかりでは味気ありません。ケチケチする以外にも、これまで以上楽しい人生を築きあげるための家計管理を目指して欲しいです。そういう家計管理が出来るようになったら、お金の管理が本当に楽しくなってくるんです。

これまで一度も家計簿を付けた経験がない方ですら、より楽になお完璧に成果が見せられるように創意工夫を加えて家計管理をしてください。

「家計が回らないから破産するより前に!」「やりくりすることができない自分が情けない」、最初は考え込んでしまうことが多くても、時とともにグングンやりくり上手になって、1年後には家計に自信たっぷりに、実践できるようになるのです。

ゴールインが見えていますので、そこに向って進むだけに過ぎません。もう一方では、貯められない人とは、目標はおろか立ち位置ですらはっきりしていないことが多いものです。

出来る人から見れば当然のことでも、出来ない人にしたらあたり前のようになっていないこと、当然でないことを、ちょっとずつ無理のない範囲で当然のようにしていく。

いきなり全部ではなく、長期的視野に立ってゆっくりとすることが可能なことから取り掛かって見てください。その先に待っているものは、景気にも左右されない安定感がある家計管理です。

スポンサードリンク