アロエベラ

アロエベラ

アロエベラは皮膚を美しくします

年齢的衰えは皮ふに、くっきりとあらわれてきます

肌がカサカサしていたり、みずみずしさが無くなった場合、皮膚細胞の水分不足です。

皮膚の角質化を防ぐには、水分の補給は絶対に欠かせません。

水分をたっぷりと補給しながら、細胞の異常な乾燥を抑えます。

保湿力に優れているのがアロエベラです。

アロエベラは、皮膚細胞に水分を与えると同時に、水分の放出を防いでくれます。

アロエベラが、
肌の保湿力に優れているのは、水分減少によって結合力を増した細胞に作用します。

その結合力をゆるめる働きもあわせ持っています。

ビタミンAやクエン酸、乳酸に似たリンゴ酸やビタミンCをたっぷり持っています。

アロエベラは、保湿性も高く、肌が滑らかになります。

皮膚の老化は水分だけの問題

皮膚細胞に含まれる可溶性コラーゲンにも大きく影響されるからです。

老化が進行すると、肌のはり、肌の弾力性の基礎となる可溶性コラーゲンも減少します。

そのような相関関係があります。

アロエベラを皮膚に浸透させる。可溶性コラーゲン量は目安の一つです。

ハイドロキシプロリンの量が増加していることが確認されています。

可溶性コラーゲンが増えていました。

アロエベラに含まれるリンゴ酸、酒石酸がなせる技と考えられています。

アロエベラの葉肉に含まれる成分ルチン

皮膚の水分と油分のバランス調整する効果があり、
保水力に優れ、こわばった肌をほぐしてくれます。

柔軟性を与え、女性の基礎化粧水として用いられます。

[check]肌に塗ると、薬効成分が働き、日焼け、肌荒れ防止に役立ちます。
[check]アロエの殺菌・消炎効果が湿疹にも効きます。
[check]アロエに含まれているアロエ・マンナン、アロチン成分に殺菌・消炎作用があります。
[check]皮膚や細胞組織を外界から守り
  一般に湿疹治療で心配されている新薬や放射線の副作用や刺激がない利点もあります。

アロエの消炎と収れん作用

血の循環を良くしたり、アロエチンがかゆみや痛みを抑えます。

アロエに含まれているアロエチンには
細菌を殺して繁殖を抑え、かゆみや痛みを緩和させる働きがあります。

組織の再生を促すアロエウルシン成分は、
組織の欠損部位を下から盛り上げようとします。傷跡もほとんど残りません。

傷にも美容にも効果のあるアロエですが、人によっては体質に合わない場合もあります。

顔や患部に塗る前にパッチテストをしてから使用するといいでしょう。

ダイエット補助食品

アロエベラの多糖体が整腸(湿潤)作用

アロエベラの糖タンパクなどの、相乗作用で免疫力を高め腫瘍の増殖を抑えます。

抗がん剤のように、がん細胞を殺す働きはまったくありません。

アロエベラだけでも立派な、老化防止物質です。

それだけでも摂っていても十分に老化を防げます。

ダイエット補助食品として、ダイエット食品を併用すると、相乗的な効果を発揮します。

アロエベラを補助食品とすることで、ダイエットの効果が何倍にも増幅します。

アロエベラそのものに体重を減らす効果はなく、急激な食事制限は体に負担がかかります。

栄養やカロリーが不足すると、内臓に大きな負担が加わります。

生理機能が低下し、細胞が傷つきます。

アロエベラの多糖体

整腸(湿潤)作用を促進し、さらにバルバロインが下剤効果を発揮してくれます。

単に食物繊維を摂るより高い効果が期待できます。

ダイエットをすると食物の摂取が落ちると同時に水分が控えられる傾向にあります。

そのために、便秘が酷くなることがあります。

アロエベラを摂取するとその弊害を防ぐことができます。

アロエベラは、ダイエット補助食品と言えます。

過剰なダイエット

肌から潤いが失われ、月経が止まり、免疫力が低下します。

ダイエットはきちんと行なえば、真の意味で若返ります。

アロエベラには、ビタミンAやクエン酸、乳酸などが
水分減少によって結合力をました細胞に作用します。

その結合力をゆるめる働きを合わせ持っています。

リンゴ酸やビタミンCをたっぷり持っています。保湿性も高く、肌が滑らかになります。

皮膚の保湿力という点

その働きをもつ成分は、直接皮膚から浸透させたほうが即効性を発揮します。

保湿効果と可溶性コラーゲンの活性作用を
同時に得ようと思うならば、摂取しながら塗る方法がよいです。

相乗効果を発揮させ、最も気になる悩みを解消しようということです。

心地よい睡眠

心と体をリラックスさせるのが一番。アロエベラの鎮静作用が役立ちます。

アロエベラは利尿作用により体内の老廃物を排出、血液をきれいにします。

血管にこびりついたコレステロールを取り除くため、
血液は血管に高い圧力をかけなくてもスムーズに流れます。

アロエベラには血管自体を柔軟にする作用もあるので、次第に血圧が下がります。

新陳代謝を良くして

血液の循環をスムーズにする、精神的・肉体的疲労をなくします。

自律神経の働きを正常にするため、めまいの予防対策に有効です。

アロエベラで、自律神経のバランスをとり、全身の細胞を生き生きとさせ、血行を良くします。

気持ちが沈みがちのときは、アロエ酒をおいしく飲んでください。

アロエベラの効果は即効性ではありません。

半年1年と、長期間飲み続けることが必要です。

アロエベラは細胞の新陳代謝、緊張を抑制します。

頭痛が起きにくい体質に変わり、鎮痛・鎮静作用によって痛みが軽減されます。

アロエベラの美白効果

アロエベラは、二つの意味でしみを防ぐ働きをします。

しみそのものをできにくくする働き、紫外線の作用を防止する働きです。

しみができるに際し、チロシナーゼ(分解酵素)が大きな働きをします。

アロエベラに含まれるアロエシンがチロシナーゼの作用を阻害します。

チロシナーゼが出来にくく、
メラニンも出来にくくなり、しみとして沈着することもなくなります。

アロエの育毛効果

男性ホルモンの主体テストスステロンというホルモンは、
ある種の酵素ができ還元されるとジヒドロテストステロンという物質ができます。

この物質が、過剰に皮膚組織に蓄積された結果、にきびの症状が起きたり、脱毛が誘発されます。

この反応に際して、還元酵素の生成を阻止すれば脱毛は起きません。
阻止成分の一つ、バルバロインが、アロエベラがそのような可能性を持っています。

アロエベラは実に多様な成分を持っています。

肌をきれいにする成分から、免疫力を向上させ、コラーゲンを増殖させ、
血糖や血圧を安定させ老化を防ぐ成分まであり、まさに総合的です。

肌が乾燥しやすいが、脂っぽい

皮膚とくに、その一番外側の層の角質に含まれる水分量と肌の表面に広がる皮脂の量に左右されます。

角層内の水分量が減少した状態が乾燥肌(ドライスキン)。
皮脂の分泌量が過剰な状態が脂性肌(オイリースキン)。

角層に保持される水分量は、角層内の保湿成分がいかに
十分あるか体表の皮脂が水分蒸発を防いでくれるかに関わってきます。

角層内の保湿成分

細胞間脂質は、細胞と細胞の間を綺麗につないで整える役割をしています。

それが分解されてできたアミノ酸です。

これらの質や量は、毎日の食事や精神状態、内臓など身体の健康状態によって変化します。

皮脂は、角質から水分が蒸発するのを防ぎ、多すぎると肌が
脂っぽくなり、顔全体やTゾーンが光り、毛穴が開き、にきびの原因にもなります。

肌の乾燥状態や皮脂量

疲れや睡眠不足、食事の不摂生、ストレス、ホルモンバランスなどによって変化します。

仕事や家庭でのストレスを抱え込んだりする人は

[check]お通じは便秘と下痢の繰り返し、お小水が近くなります。
[check]生理前に、気分が落ち込んだりイライラなりやすくなります。
[check]にきびも生理前に大きいのが出来やすくなります。
[check]ストレスが原因で体調が崩れ、体内でいろいろな物の流れが悪くなります。

その結果、貯まった物が、にきびという形で現れます。

このような場合、漢方薬で体内の気の流れを整えて、ストレスの影響を和らげてください。

さらに体内にたまった、余分な物を捨てる体質作りをしてください。

毎日のスキンケア

食事は、野菜中心にして、夜遅くの飲食を控え、たばこを控え、睡眠時間や食事の時刻など
規則正しい生活を心がけて、自分の肌を、自分で守る努力を忘れないでください。

スポンサードリンク




アロエは、水分補給や皮脂分泌を調整←前に戻る
コラーゲンは細胞間物質→次のページ