コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンは細胞間物質

体を作る細胞は、新陳代謝を繰り返し、古い細胞が絶えず新しい細胞と入れ替わっています。

皮膚の場合、約28日周期で、すべての細胞が再生されます。

老化と深く関わるのが、コラーゲンというたんぱく質です。

コラーゲンは、細胞間物質とも呼ばれ、細胞と細胞をつなぐ材料となって弾力のあるしなやかな肌を作ります。

老化と共に、コラーゲンの生成のスピードが遅くなり、これが肌のしわなどの原因です。

アロエ化粧水を肌につける

皮膚を形づくるコラーゲンの量が、著しく増えることが確認されています。

アロエに、含まれるリンゴ酸、酒石酸などの有機酸がコラーゲンの生成を促進するためではないかと考えられています。

アロエに含まれるアロエシンという低分子物質に、チロシナーゼ(老化と共にしみやそばかすが肌にできる際に働く酵素)を阻害する作用があります。

しみやそばかすは、メラニン色素が沈着したもので、この色素は有害な紫外線を吸収して皮膚を守る働きをしています。

アロエは、紫外線をカット

アロエを、肌につけると色素の沈着が少なくなり、しみやそばかすができにくくなると考えられます。

アロエには、たくさんの成分が入っています。

checkアロエの抗菌効果が肌を清潔に保ち、美肌と保湿効果が期待できます。
checkアロエチンという成分は細菌を抑えたり、毒素を中和させる働きがあります。
checkアミノ酸類や有機酸類、アロエシン、エステル類はメラニン形成阻害作用があります。
check日焼けの火照りや炎症を抑えて、肌を正常に戻す作用があります。
checkアロエには、アロエシン、サポニンやアロインも含まれていています。
checkこれらは抗菌効果があるので、にきびなどで傷んだ肌を清潔にします。
check炎症を抑える美肌作用、肌に張りをもたせるコラーゲンの生合成を高めます。
check肌を引き締めるアストリンゼン効果や保湿効果もあります。

コラーゲンこそ細胞活性のキーポイント

細胞が活性化するための栄養や環境をどのように与えたらよいのでしょうか。

元気な細胞とは、自らの生命維持に必要な栄養素や水、空気を十分に得ている細胞です。

加えて、細胞を組み立てるのに、必要な構成材料が不足せずに、スムーズに新陳代謝が行なわれている細胞のことです。

この2つを維持するのに、必要不可欠なものが、細胞と細胞をつなぐ働きを持っているたんぱく質の一種のコラーゲンです。

コラーゲンの生成が、上手くいかないと、細胞の増殖代謝も上手くいきません。

細胞からできている、組織の働きが低下してしまいます。

肝臓の細胞の一つひとつをつないでいるのがコラーゲンです。

骨を形づくるのもコラーゲン

骨の主成分である、リン酸カルシウム化合物をくっつけて接着して、骨を形づくるのもコラーゲンです。

皮膚が傷ついたときに、止血作用をしたり、傷口を塞いだり、傷跡を治したりするのもコラーゲンの役目です。

コラーゲンが、古くなったり、コラーゲン生成が阻まれると、細胞の新陳代謝が低下します。

細胞の新陳代謝が低下すると細胞は確実に老化していきます。

コラーゲンが不足する

皮膚組織の細胞同士の結びつきが緩み、肌がカサカサに荒れて角質化が進みやすくなります。

弾力のある肌を保つには、普段からコラーゲンを十分に補給する必要があります。

コラーゲンは、健康でしなやかな髪・肌をつくるたんぱく質の組成のうえでも重要な役割です。

魚をまるごと、よく煮ると煮こごりができ、食べることでコラーゲンが手軽に補給できます。

コラーゲンは細胞と細胞をしっかり結びます。

組織を強化する働きで、細胞間脂質と呼びます。

肌は正直で、一晩の寝不足も隠すことはできません。

栄養の偏りも肌に現れます。肉食ばかりの偏り、これらを消化吸収するためのビタミンやミネラルが不足すると、体内の浄化作用が滞り、肌にトラブルが起こります。

肌のトラブルの予防や治療には、ビタミンCが欠かせません。

結合組織のコラーゲンの生成を促し、衰えたり傷ついた皮膚の修復再生に役立ちます。

ビタミンC

貧血を防ぐ鉄分の吸収を助けます。

造血機能を正常にして、血色のよい生き生きした肌を作る効用もあります。

副腎機能を促進し、皮膚の抵抗力を高め、湿疹、皮膚炎などの予防、ストレスや外傷の予防に役立ちます。

ビタミンCには、身体の代謝機能を正常にし、皮膚を健康に整える作用があります。

肝臓の解毒を促進して、
肌に悪影響を与えるたばこのニコチンやアルコールの害を解消する作用もあります。

ビタミンCは、若返りビタミンのビタミンEと同様に摂ると効果が高まります。

カロテン=カロチンは皮膚や粘膜を保護・強化

カロテン=カロチンはプロビタミンAといい、体内に入ると分解されてビタミンAに変わります。

ビタミンAの粘膜保護・強化作用ががん予防効果が期待できます。

皮膚とも深い関係を持ち、上皮細胞の角化のプロセスを正常に保ち、ビタミンAが不足すると角化の異常が起こり、肌が乾燥してカサカサしたり、さめ肌のようにザラザラしたりにきびや吹き出物ができやすくなります。

スポンサードリンク




アロエベラは肌を美しくする←前に戻る
顔色や唇の色が悪いというのも貧血の人の特徴→次のページ