ゴールデンピリオド

ゴールデンピリオド

妊娠することを念頭に筋腫核出術

妊娠を希望する人に行なう筋腫核出術は、筋腫によって内腔が変形したり、
卵管が圧迫したり引き伸ばされたいる場合、できるだけ正常な状態に戻すために行ないます。

ただ筋腫核を取り除ければいいというものではなく、ていねいな再建術が求められます。

しかし、一般的に核出術を受けた人の7〜8割に癒着が起こるといわれています。

筋腫核が大きかったり、数が多ければ多いほど癒着が起こり易くなり、
まれに卵管が癒着してしまってしまうこともあります。

術後不妊を招かないためには、癒着を最小限に抑えることがポイント。

そこで妊娠を念頭においた核出術では、核出後の傷をきちんと修復する、使う糸を厳選する
きちんと止血する、腹腔内に血液を残さない、癒着防止措置をするなどの対策を取ります。

癒着の発生頻度の少ない手術法、腹腔鏡下手術があります。

開腹手術と比べ、周りの臓器に触れることがなく、
手術に使い癒着防止の効果もあり癒着が起こりにくいメリットもある。

腹腔鏡下手術は、妊娠を望む人の筋腫治療には適した方法。

筋腫核出術を受けてからの1年間を「ゴールデンピリオド」といい、
術後は妊娠の可能性が高くなることが、こう呼ばれています。

実際、筋腫以外にに不妊の原因が見当たらなかった人が、
筋腫核出術を受けた後1年以内に妊娠した例が多数報告されています。

妊娠を希望して核出術を受ける人は、
術後1年間に妊娠のための努力をすることが大切になります。

核出術を受けた後、月経を2〜3回くらい経れば子宮の状態も
ほぼ元に戻るので医師に確認して、妊娠を試みましょう。

妊娠中に子宮筋腫が見つかる

ほとんどの場合、筋腫があっても赤ちゃんはお腹の中で無事に育っていきます。

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増え、筋腫が急に大きくなることもあるため、
赤ちゃんも圧迫しないか、無事に出産できるかといったことが気がかりです。

しかし、大きなものでなければ、筋腫が胎児の成長に影響を及ぼしません。

女性ホルモンがたくさん作られることで筋腫自体も大きくなりますが、
胎児は子宮の形や筋腫の位置に応じ、自分のポジションを上手に確保し、
妊娠が進み、筋腫が柔らかく変形し、周囲の子宮の一部のようになり、
胎児が筋腫に圧迫され変形するようなことはありません。

多くの場合、胎児は羊水に守られながら、筋腫と共生して育っていきます。

妊娠中に核出術を行なうのはまれですが、激痛を起こす有茎漿膜下筋腫の茎捻転、
変性のため下腹痛が強い場合、手術を行なうこともあります。

妊娠中に筋腫が問題になるケース

筋腫が変性した場合
筋腫が急激に大きくなって変性が起こると、痛みや感染が起こり、
子宮が収縮して流産や早産につながるおそれがあります。

筋腫が引き起こす痛み
筋腫への血液の流れが悪くなり、痛みが出る場合があります。
急にお腹が痛くなったら、医師の診察を受けてください。

有茎漿膜下筋腫が茎捻転を起こした場合
痛みを起こして子宮を収縮させ、流産や早産につながる場合があります。
筋腫が茎捻転する恐れがあるときには、核出術を行なう場合もあります。

筋腫に悪性の可能性が疑われる場合
筋腫に悪性の疑い(子宮筋腫)がある場合は手術を行ないます。

統計では、100人の妊婦のうち、0.3〜2.6人が筋腫を持っているといわれています。

筋腫があっても気づかずに分娩を済ませる人も入るので、
実際にはさらに多くの人が筋腫を持ったまま妊娠していると考えられます。



手術やホルモン療法、超音波療法よりも、
健康的でかしこい方法がここにあります。

オンライン物販
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

ダウンロード
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法



子宮筋腫があると妊娠にしくい←前に戻る
帝王切開になるかどうは、筋腫の位置や胎児の位置によって決まる→次のページ