サイトカインとは

細胞はサイトカインを使って情報を伝える

他の細胞に信号を伝える細胞由来の物質

サイトカインは、細胞によって合成されたたんぱく質(糖たんぱく質)で、
他の細胞に作用する働きを持ったものの総称です。

サイトカインは、ある細胞が別の細胞に情報(信号、シグナル)を
伝えるための物質で、細胞間情報伝達物質です。

例えば、Th1細胞から産生されるインターフェロンは、マクロファージに、
活性化しろと信号を伝え、Th2細胞から産生されるインターロイキン4は
B細胞に、IgE抗体を作れ、と信号を伝えます。

細胞間で情報を伝達する物質ではホルモンがあります。

ホルモンは産生される場所と作用する場所とが離れていることが多く
(脳下垂体で産生された副腎皮質刺激ホルモンが体液によって運ばれ、
副腎皮質で作用するなど)、また作用する相手が限定されています。

一方のサイトカインは比較的近くの細胞に作用し、
それを産生した細胞自身に作用することもあります。

サイトカインによって信号を受け取る細胞はそれぞれ、
自分に作用するサイトカインに特異的なレセプター(受容体)を持っています。

どのようなレセプターを持っているかによって、
どの細胞から発せられた信号を受け取るかが決まっています。

また、1つの細胞には複数の異なるレセプターが存在するため、
種類が異なる複数のサイトカインが同時に作用したり、
互いにその効果を打ち消しあったりすることもあります。

このように、ある細胞が他の細胞に情報を伝えるための、
細胞由来の物質を総称してサイトカインと呼び、インターロイキン、
インターフェロイン、腫瘍壊死因子などがあり、その働きも炎症反応コントロール、
抗ウイルス作用、リンパ球の分裂・分化の調整などさまざまです。

サイトカインの働きでリンパ球が活性化する

リンパ球が活性化してIgE抗体が作られる

リンパ球(T細胞)は抗原と結合することによって活性化します。

リンパ球は、抗原決定基と結合したうえで、
さらにサイトカインの働きがあって初めて活性化します。

IgE抗体が産生される場合

異物を貪食したマクロファージはインターロイキンというサイトカインを産生します。

インターロイキンには異物の侵入を知らせる警報のような役割があります。

マクロファージが提示する抗原と結合したTh2細胞を活性化します。

Th2細胞は、第一に抗原レセプターを介して抗原と結合し、
第二にインターロイキン1が作用することで、実際に活性化します。

活性化したTh2細胞は続いてインターロイキン4というサイトカインを産生し、
インターロイキン4は抗原と結合したB細胞を活性化してIgE抗体の産生を促進します。

B細胞も、抗原との結合、インターロイキン4、
と2つの刺激が合わさることで初めて活性化し、抗体の産生を開始します。

リンパ球はインターロイキンというサイトカインの働きによって活性化します。

リンパ球が産生するサイトカインは、
過去はリンパ球から作られるという意味で、リンホカインと呼ばれていましたが、
現在では、その多くが、インターロイキンと呼ばれています。

白血球(leukocyte:ロイコサイト)の間に介在する物質という意味です。

ただし、インターロイキンは白血球以外の細胞からも産生されます。

リンパ球の活性化、分裂・分化にはサイトカインの働きが深く関係しています。

免疫系に働く液性因子

免疫系に働く因子は、白血球だけではなく、さまざまな細胞によって産生されます。

抗体

B細胞から分化した形質細胞によって産生されるたんぱく質で、
免疫グロブリン(γ-グロブリン)とも呼ばれます。

抗体は、特定の抗原と特異的に結合する能力を持っています。

抗体は、細菌などの抗原と抗原抗体複合体を作って凝集させたり、
ウイルスなどの抗原に結合してその感染力を失わせます。

病原、微生物などの抗原に抗体が結合すると、
白血球の抗原に対する食作用が促進される効果もあります(オプソニン作用)。

免疫グロブリンには、IgG,IgA,IgM,IgD,IgEの5種類に分けられ、
IgG,IgMは血液中に含まれますが、IgAのように
粘膜表面にも分泌される抗体もあります。

サイトカイン

免疫反応において、細胞間相互作用を司る液性因子の総称であることは述べました。

インターフェロンは組織細胞がウイルスに感染すると、
T細胞や感染した組織細胞から遊離され、未感染の組織細胞のウイルスに対する抵抗性を
増強したり、感染した組織細胞に対するリンパ球の感受性を増強したりします。

インターロイキンは主としてT細胞から遊離され、
他のリンパ球に働きかけて、分裂・分化を引き起こします。


あなたはその薬を一生使い続けますか?
薬を使わずに簡単に日常生活に取り入れられるアトピー克服法
重症のアトピーで、7年間一度もステロイドを手放せなかった私が、
簡単に日常生活に取り入れられる方法で、たったの3ヶ月間で、
アトピーを完全に克服した方法を、あなたにお伝えします。

  アトピー地獄からの脱出!
  アトピー地獄からの脱出!



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム