シャンプーの目的

ルナレストル育毛シャンプーの目的とは

育毛が目的のシャンプーは、汚れを落とす目的だけでなく、
頭皮や毛穴の緊張をゆるめる効果と
マッサージ効果の育毛シャンプー法。

ルナレストル育毛シャンプー

[check]予洗い
予洗いで、シャンプー前に髪と頭皮によくお湯をなじませます。
予洗いで、水の皮膜をつくり、頭皮や毛穴への刺激を和らげて
緊張を緩和するために育毛にとても有利。頭皮が弱っているほどていねいに行ないましょう。

ホコリなどの汚れを落し、シャンプー剤の泡立ちをよくし、シャンプーの量も少なく済みます。

[check]シャンプーは少な目
髪の長さ、頭皮の環境状態によりますが、できるだけ少な目にシャンプーを使うことが基本です。
手の平で、しっかり泡立ててから髪の毛に持っていきます。
直接、髪の毛に使うことはしていませんか。

[check]いきなりシャンプー剤を髪の毛につけない
薄くなりやすい頭頂部に、いきなりシャンプーをつけないでください。
髪の毛の多い部位に泡を持っていきます。
その泡を、髪の薄い部位に持っていき、洗います。

[check]頭皮マッサージをして頭皮をシャンプーする
髪の中に、指を入れて指の腹で、絶対に爪を立てないで、指の腹で
頭皮マッサージをするようにして力を入れてしっかり頭皮を洗います。
爪をたてたり、こすりすぎると毛細血管を切断してしまうことになります。
過剰なシャンプー法は、弱っている頭皮の炎症を助長するするので注意しましょう。

[check]シャンプーブラシを使う
細かい部位は、シャンプーブラシで軽くなでるように洗うます。
前から頭頂部に、横と後ろは下から上にむかって整髪する要領で髪(毛穴)を逆なでしてください。
頭皮が弱っているときは、シャンプーブラシは使わないでください。

[check]すすぎ洗い
育毛シャンプー法は、いままでの3倍のお湯を使うくらいよくすすぐことです。
ていねいにすすぎをすると、2回目のシャンプー量が少なく泡立ちます。
次ぎのすすぎも簡単になります。

[check]2回目のシャンプーは少なく
1回目の量よりさらに少なくして、1回目と同じように髪の多い部位で泡立てます。
頭皮が弱っていたり、年齢が50才より上のときには、1回シャンプーだけでもいいです。

[check]頭皮や毛穴を洗う意識
毎日洗っていれば、よほどのことがなければ、汚れはそんなにないはずです。
育毛シャンプー法は、汚れを落とすという目的より、
頭皮や毛穴の緊張をゆるめ頭皮マッサージする目的を持って洗います。
かならず指を髪の中に入れて頭皮をじかに洗うようにしてください。

[check]すすぎ洗い
最後のすすぎ洗い
指を髪の中に入れて、シャワーの水流を頭皮に直角になるようにして
頭皮や毛穴をすすぐ意識を持ってすすぎ洗いをしてください。
皮脂が多い場合は、最後には冷たいお湯でなどで、毛穴をしめるといいです。

薄毛や抜け毛の育毛

現代人はヘアケアの快感を楽しんでいる

老化現象といわれた、髪の毛のなくなる現象は、
老若男女に問わず薄毛や抜け毛は大問題です。

[check]髪の毛を失わないためには髪の毛を傷めないこと
[check]充分な髪の毛の手入れをしている
[check]ヘアケアをしている
[check]髪の毛いじりは、髪の毛のためにはなっていない

傷んだ髪の毛

髪の毛に、適当量の皮脂が必要です。

皮脂分泌がない、皮脂分泌が少ないと傷んだ髪の毛になります。

パーマ、ヘアダイに使われる化学薬品で、髪の毛は、傷みます。

髪の毛は、痛くもかゆくもないのですが、頭皮(皮膚)が傷ついてはよくありません。

薄毛や抜け毛の育毛法の注意事項

  • 環境の変化に弱く、すぐ悪化しやすい。
  • 頭皮をやすませる頭皮料=セリピッドで保護。
  • 多くの商品はアレルギー体質を考慮していない。
  • 薄毛や抜け毛の脱毛症は波があり、手当をしていても悪化することがある。
  • 体の中からも育毛環境をよくする手当が必要。
  • 使い方をマスターする。とくにシャンプー、育毛剤です。
  • シャンプーや頭皮クレンジングによる皮脂の取りすぎは逆効果。
  • 薄毛が心配な人はリンスやトリートメントの使い方に注意する。
  • シャンプーの使いすぎ、回数が多いのは逆効果。
  • 効果のある薬効成分より、効果のある使い方をする。
  • 効果は通常より遅いと考えてじっくり手当を継続する。
  • 過剰な手当はかえって頭皮や毛を弱らせる結果になります。
  • 通常の使い方はアレルギー体質には無理なこともあるので注意。

ふけは、頭皮の角質細胞が落ちたもの

皮膚を作っていた細胞が、つながりを失ったとき、不要な垢となります。

ここに皮脂や汗からの分泌物が混じり、悪玉の細菌が繁殖しやすい環境を作ります。

ふけが溜まるとかゆみがでるのはそのためです。

細菌やかびが、増繁殖する温床となりやすくなります。

頭皮が、赤っぽい、赤いなどの炎症や吹き出物を引き起こします。

育毛はマイナス消去法

薄毛や抜け毛の脱毛症の第一因子は男性ホルモンです。

高価な育毛剤を使っても、産毛が硬毛に育たなく困って悩んでいる人苦労している人が多いです。

[check]毛穴が詰まっている。まれなことで、詰まることはありません。
[check]皮脂が多い。
[check]脂漏性タイプ。皮脂を除去しても薄毛や脱毛症は改善しません。
[check]薄毛なのにリンスやトリートメントやムースなどの整髪料を使っている。
[check]いきなり育毛剤を使う。

まずは、頭皮を回復させてから、育毛剤を使います。

男性もカラーやパーマが、原因で薄毛が発症します。

薄毛や抜け毛の脱毛症は、本格的に手当をすることです。

薄毛や抜け毛の脱毛症は、激しいのが特徴の進行性。

一度、発症すると改善するには、時間と労力をが必要になります。

脱毛症を回復させるには、もっともっと長い時間がかかります

スポンサードリンク




毎日洗える育毛シャンプー←前に戻る
女性の薄毛、抜け毛の育毛とは→次のページ