セラミドを補う

セラミドを補う

細胞間脂質の機能の衰え

角質細胞と細胞の間で層状の構造を作り、
水分保持の機能やバリアーとして重要な働きをしています。

細胞間脂質の機能が衰えると、角層は水分を保持する能力が低下し、肌荒れ状態になります。

細胞間脂質の機能を補う場合、成分の中でもっとも多いセラミドを補うことが効果的です。

実際に人の角層からセラミドを抽出し、ふたたび皮膚に戻すと、荒れ肌状態は、改善されます。

また、牛の脳にはセラミドが多く含まれています。

この牛の脳から抽出したセラミドを皮膚に補っても、荒れ肌状態は改善されます。

人の角質層から抽出したセラミドを用いることは、なかなかできませんが、
牛の脳から抽出したセラミドを化粧品に用いることはできます。

NMFを補う

NMF(天然保湿因子)も、角質と水との関わりにおいて、重要な働きをしています。

NMFが不足すると、角質はしなやかさを失い透明感がなくなります。

NMFの主成分であるアミノ酸、あるいは水分をよく吸収する

吸湿性の高い保湿剤がNMFの代わりに補われます。

しかしながら、これらの保湿剤の多くが水溶性であるために、
汗を多量にかいたときあるいは洗顔などをしたときに、比較的簡単に洗い流されてしまうことです。

このような保湿剤は、皮膚の保湿機能そのものを改善しているわけではないので
その効果は一時的に過ぎません。

NMFとして理想できないものは、角質層内に吸収され、本来存在していたNMFのように
角質層の水分保持機能に直接寄与することができる性質を持ったものです。

NMFの機能に、ケラチンタンパク質の分子の両端にある部分(可変領域)と
強く相互作用しケラチン分子の運動性を向上させる機能があります。

単に保湿の効果を見るだけでなく、ケラチン分子との相互作用の効果について
研究がなされケラチン分子の運動性を向上させ、
角質層をしなやかにさせる新しいNMFの機能を持たせた成分ができます。

本来のNMFとして、角質層の水分保持機能の改善、もしくは向上を目的として
用いられる保湿剤は、角質層内に浸透し、ケラチン線維と強く相互作用し、
ケラチン線維を柔軟にする機能を持っていることが必要です。

皮脂膜をコントロールする

セラミドやNMFは不足することが、皮膚のトラブルの原因です。

しかし、皮脂については、多過ぎても少な過ぎても、それぞれ皮膚のトラブルにつながります。

皮脂の分泌量が20%変化するだけで、肌質に対する意識が随分変わってきます。

同じ皮脂量でも、脂っぽいと感じる人もいれば、その逆の人もいます。

感じ方は、ときによって変わることもあります。

基本的には、肌の意識と皮脂の分泌量とは、おおむね相関しているといってよいです。

したがって脂っぽいと感じる人は、過剰な皮脂を少なくし、
皮脂によるトラブルを軽減する必要があります。

不足していると感じている人は、皮脂を補う必要があります。

過剰な皮脂に対するケア

過剰な皮脂の分泌に対する対策の第一歩は洗顔です。

化粧品の中には、比較的長い間、洗顔できないことを想定し、
対策として皮脂を吸収するプラスチックの小さな球を利用しているものもあります。

プラスチックの球体に皮脂を吸わせ、皮膚がべとつくのを抑えたり、てかるのを防いだりします。

このような球体は、ローションやファンデーションなどに用いられ、
かなり有効な対策方法の一つです。

皮脂を吸う量に限りがあったり、粒子であるために、
ときに使用感が悪かったりなどまだまだ不十分な点もあります。

そこで、皮脂の分泌が多いときにその量を少なくすることができれば、
過剰の皮脂分泌によるトラブルをかなり防げる可能性があります。

皮脂腺は、男性ホルモンにより活性化されます。

その作用を直接抑える抗男性ホルモン剤の多くは、
男性ホルモンと同じステロイドと呼ばれる基本構造を持っています。

この構造があるために、男性ホルモンの作用を抑制することができます。

作用が強く、副作用も強く、抗男性ホルモン剤は、皮膚の一部に塗って
そこだけで効果を出そうとしてもその影響が全身に及んでしまいます。

ステロイド構造を持っている抗男性ホルモン剤は、
安全性の点から化粧品に応用することはなかなか困難です。

男性ホルモンの作用と抑制

男性ホルモンは、精巣や副腎皮質で分泌されるホルモンです。

ステロイド骨格と呼ばれる構造を持っています。

男性ホルモンは、前立腺、精嚢などの生殖器官の機能維持や、
ひげや腋毛などの二次性徴の発現に作用します。

男性ホルモンの代表的なものには、精巣から分泌されるテストステロンがあります。

テストステロンは、作用する際取り込まれ、細胞内で5α-ヒドロゲナーゼ(5α-リダクターゼ)
により還元され、より活性のつよい、5α-ジヒドロテストステロン(DHT)になります。

細胞内に取り込まれたテストステロンは、そのままあるいは、
DHTに変換された後細胞内にある受容体(レセプター)と呼ばれる
タンパク質と結合し、遺伝子に作用してたんぱく質合成が促進されます。

スポンサードリンク




洗浄料にはさまざまな活性剤が使われています←前に戻る
皮脂が欠乏すると皮膚が乾燥し、さらにかさつく→次のページ