ツボを温めてぽかぽか

ツボを温めてぽかぽか

天然石で体温を上げる健康療法が冷えで悩む女性におすすめ

東洋医学のツボを温めるお灸をすると、お肌にくっきりお灸跡が残ることもあるようです。

そのため女性でなくても、特にこのような点が「デメリット」になると私は思っています。

だけど、ストーンセラピー療法なら、Tシャツの上から行っているところもあるので、
体にお灸後のような心配はまったくありませんから、よいことばかりです。

専門家が傍に付いて、お客様が耐えきれないほどの熱さを与えないように
注意していますので、そのような心配は当然ありません。

お肌にストーン(天然石)跡が残りませんしさらに、
こげ臭いといったこともまったく無いのでそのことは気になりません。

とっても気持ちよく、その時間をゆったり過ごすことができますよ。

男性の方で、お疲れだったのか、いびきをかいて眠る方がいるくらいに気持ちがいいです。

しかし、寝ているとただ気持ちがいいで終わるので、眼を閉じながらツボを
刺激している(温まっている)ことを意識するくらいの状態でストーンセラピーを受けて下さい。

その効果は、意識するとしないとではまったく違うと専門家が言っていました。

ストーンセラピー療法は、前もって温めた大小の天然石を、
全身にあるツボにピンポイント(天然石の大きさを使い)並べて置いていきます。

天然石の熱(遠赤外線)効果で、全身のツボを刺激して、ゆらぎといって身体本来の
働きを呼び覚まし、体調を良くしていくというのが「ストーンセラピー療法」というものです。

どうして、今になってストーンセラピー療法に人気が集まったのでしょうか。

ストレス社会の現代において、私たちの「体温」に問題があると言われています。

そのことをテレビによって、書籍を紹介されたことで注目を浴びました。

体温を一度上げることを考え実践することで、健康になるという内容の本がよく買われています。

そして、現代人はとっても「低体温の方」が増加傾向にあるということもよく聞きます。

私も足首が、冬の時期に気持ち悪いくらいに冷たく感じます。

これは、厚着をしても解消できません。

やはり体の中から血流を良くするために体温を上げる必要があると思います。

私を含め、現代の便利な生活に問題があると考えています。

体を動かすことが少なくなり、
体温を自分で調節する能力が徐々に衰えているからであると私も反省をしております。

そのほかの理由として、異常気象で気温の変化が激しくなっていることもあるようです。

夏が異常に暑くなっているために、
私たちの体温調節が追いつかないということも原因のひとつだと言われます。

そして、家電製品の便利な機能がメーカーの努力でアップして、
夏も涼しく快適にずっと仕事をしたり、冬は室内が薄着でも暖かすぎたりします。

このように、屋外と室内との温度差が激しい場所での生活が、
私たちの体温と関係していると思います。


数千のお客様と70%以上のリピートオーダーをいただいております。

本書の内容はそのような実績の中から、

特に入門者の方へお伝えしたい内容のエッセンスを詰め込みました。

セレニティアスのパワーストーン講座(入門編)
セレニティアスのパワーストーン講座(入門編)



ページのご案内
ストーンセラピーはストレスも忘れる気持ち良さ
ストーンセラピー癒し効果で疲れも解消
パワーストーンの持つ力