リンパ球は骨髄で生まれる

リンパ球は骨髄で生まれる

リンパ球の産生に関わる器官骨髄

血液は骨髄で作られる

細胞性免疫の主役となるリンパ球、B細胞とT細胞は、骨髄内の多能性幹細胞が分裂することで作られます。

幹細胞とは、細胞生産のもととなる細胞のこと。

なかでも数種類の細胞を生み出す能力を持ち、無制限に分裂する幹細胞を、多能性幹細胞といいます。

たとえば、骨髄の多能性幹細胞からは、リンパ球をはじめ、マクロファージのもととなる単球好中球、好酸球、
好塩基球などの白血球、赤血球、血小板、NH細胞が作られます。

血が骨で作られ、血液中の細胞成分はほとんどすべて、骨髄にある1種類の細胞が分裂・分化することで作られます。

そのため骨髄内の多能性幹細胞は造血幹細胞とも呼ばれます。

ようするにB細胞もT細胞も、その生みの親は同じです。

そしてさらにリンパ球系の幹細胞が分裂・分化して、B細胞のもとになるB前駆細胞と、T細胞のもとになるT前駆細胞が作られます。

これらの前駆細胞は、リンパ球としては機能的に未熟な段階にあり、細胞表面には抗原レセプターが現われていません。

抗原レセプターは前駆細胞がリンパ球へと分化・成熟する過程で現れます。

なお、一口にリンパ球が成熟するといっても、B細胞とT細胞では成熟の過程がちょっと異なります。

B細胞はそのまま骨髄内で成熟しますが、T前駆細胞はさらに胸腺という器官へ移行しそこで成熟して一人前のT細胞となります。

リンパ球の産生に関わる器官胸腺

T細胞は胸腺で成熟する

骨髄内の多能性幹細胞が作られたT前駆細胞は、血液の中に乗って、次ぎに胸腺へ移行します。

胸腺は、心臓の前面に位置する、木の葉に似た形をした器官です。

主に、リンパ球と網状の上皮細胞からなり、思春期までは大きくなり続けますが、その後は年齢とともに退縮します。

その胸腺に達したT前駆細胞は、上皮細胞から分泌される物質の影響を受けて分裂・分化を繰り返し、
同じに抗原レセプターを発現して、機能的に成熟したT細胞となります。

また、T細胞にはCD4T細胞とCD8T細胞があり、これらの違いもT前駆細胞が分化する段階に生じます。

T細胞のもとを作り出す場所が骨髄にあり、そのT細胞のもとから実際に機能するT細胞を産生する場所が胸腺です。

胸腺が存在してはじめて有効に働くT細胞が作り出されるわけですが、このことから分かるように胸腺は、免疫システムの中で非常に常用な位置を占めています。

胸腺にはたくさんのT細胞が含まれているのが、通常、リンパ球に成熟するのはそのうちごく一部だけです。

リンパ球の選択が行なわれ、自分自身を攻撃する可能性があるものは積極的に取り除かれるためです。

リンパ球の名称はそれぞれが成熟する器官にちなんで付けられています。

骨髄(Bone marrow)由来のリンパ球がB細胞、
胸腺(Thymus)由来のリンパ球がT細胞といいます。

胸腺でのT細胞の選択

リンパ球の選択

B細胞にしても、T細胞にしても、個々のリンパ球は自分がもつ1種類の抗原レセプターが結合可能な抗原にのみ機能します。

抗原となる物質は無数に存在し、免疫システムはそれらすべての抗原に対応しなければなりません。

そのため、多能性幹細胞から前駆細胞が作られ、リンパ球へと成熟する過程では、実に莫大な種類のリンパ球が作られます。

しかし、当然ながら、自分の体を攻撃するリンパ球があっては非常に大変で、生物の体にはリンパ球が完全に成熟する段階で、
自己を攻撃する可能性を持つものを取り除く仕組みが備わっています。

莫大な数のリンパ球bの中から、自分自身の体は傷つけないで、抗原対しては有効に働くものだけを選択します。

たとえば、T細胞の場合は、胸腺に達したT前駆細胞が分化する段階でT細胞には抗原レセプターが現われ、自己抗原と結合できない抗原レセプターを持つ、T細胞、自分を認識できないT細胞は増殖せずに胸腺内で死にます。

それとは逆に自己抗原と強く結合するT細胞を、自分を攻撃するリンパ球となる可能性があるので、同様に取り除かれます。

これらに対して、自己抗原と弱く結合するT細胞は増殖を許されます。

自分(自己)とそれ以外のもの(非自己)とを見分ける能力を持ったT細胞のみが増殖するように仕組まれています。


満足度100%宣言
ご安心下さい。ありえない365日全額返金保証が付いています!
本当にこのプログラムに興味があるのでしたら今日から365日間試してください。

  アトピーを90日で改善する方法~7つの秘訣~
  アトピーを90日で改善する方法~7つの秘訣~



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム