体の中も原因

体の中も原因

毛髪は、血余といった、健康な血液で育成されます。

薄毛や抜け毛の回復

毛は心と体の余裕から育成されます

毛を育てるには、体の中を整えることも必要です。

症状に適した、サプリメント、健康補助食品が育毛を助けます。

ストレスからきている薄毛や細毛

ストレスを受けると脳は、脳内アミノ酸のテアニンの消費が激しくなります。

不足してくると、アルファ波が少なくなり、体にまで影響が出るようになります。

髪は、一番先に影響を受けやすく、治るのも一番最後になります。

強度のストレスや不安・心配といった心的状態のある人間はがんにかかりやすいことが分かっています。

あるいは、病気に罹りやすいと言い換えてもよいでしょう。

心的状態で病気にかかると、回復力が弱くなるのは、免疫ホルモンの産生が低下しているためです。

人間の体は、ストレスを感じると、副腎からホルモンを分泌してストレスを解消します。

ストレスが溜まっているときには、このホルモン生成に、欠かせないビタミンC、神経を落ち着かせ、ストレスに対する抵抗力をつけるカリウムなどが必要です。

ラバンダー茶をおすすめします。

お茶を一服味わうことの中には、神経を静めてのストレスを取り除く、さまざまな要素が入っています。

イライラや睡眠不足、過労など、ストレスが溜まると自律神経に緊張が起こり、毛根に栄養が行き届かなくなり、ホルモンバランスが乱れやすく、薄毛、ハゲ、脱毛症も起こります。

カルシウムパラドックス

カルシウム不足の緊急時に起こる不思議な、カルシウムパラドックス現象がさまざまな病気や老化の原因です。

カルシウムが不足すると、副甲状腺ホルモンが働き、骨・歯のカルシウムを溶かし補います。

必要以上のカルシウムが溶け出してしまい、余分なカルシウムは血液や細胞に入り込みます。

そのカルシウムが、細胞内に沈殿すると血管の細胞が収縮し、細く、硬くもろくなり、細胞が本来の機能を失ってしまします。

血行が悪くなると、肩こりや頭皮への毛細血管まで、栄養が行き届かなくなります。

check血液の流れ悪くなり酸欠状態で、頭痛。
check>細くなった血管に血液を通す、高血圧
check血管の細胞が弾力性を失う、動脈硬化、脳卒中が上げられます。

男性型脱毛症とは

男性ホルモンが、毛乳頭細胞に髪を作る指令を出さないように働きかけ、髪が早く抜けるます。

成長期が短くなり、毛髪が十分に成長しないまま抜けるようになると、徐々に毛根も縮小して毛根自体が機能しなくなり、毛髪が全く作られず、発毛が止まります。

男性型脱毛症は、髪が細くなって次第に抜けやすく、発毛しなくなる体の変化です。

頭頂部や額の生え際が薄くなるのが特徴です。

早い人では、10代後半、20才代から進行し、30~40才代になると症状がはっきり現れるようになります。

主に男性に多いのですが、女性にも起こることがあります。

男性型脱毛症は、髪の成長が短くなります

髪が太く長くなる前に成長が止まり、細く短い毛が増えます。

軟毛化は、細い毛が増える一方で、太い毛は少なくなるため、髪の密度が下がり全体的に薄く感じます。

男性ホルモンは、毛乳頭細胞にある酵素と結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛乳頭細胞にある受容体に結合し発毛を抑制(毛乳頭細胞に髪を作らない信号を送る)する。

毛は月に約1cmほど伸びますが、毛が老化すると3分の1も伸びなくなります。

これは、毛の老化だけでなく、毛を育てる頭皮も老化しているからです。

男性型脱毛症は老化型の薄毛

老化を予防する手当を基礎にしないで、毛を生やす行為ばかりを優先してもなかなか太く丈夫な毛は生えてきません。

男性型脱毛症の、額の生え際は、いったん後退するとなかなか、元に戻すのは正直言って難しいです。

毛の伸びが遅くなるので、早めの育毛手当が必要です。

片方だけが早く後退したり、手当をしても片方だけ改善が遅れることもあります。

これは、頭皮の部位によってホルモン作用が異なるためです。

あきらめないで毎日の育毛手当を続けてください。

円形脱毛症

アレルギー、ストレス、内臓の病気などの要因はさまざまです。

白血球の一種である、リンパ球が毛根を異物と間違えて攻撃することで起こり仕組は解明されていません。

まつ毛や体毛など、髪以外の毛が抜けることもあり、爪に縦じわが出たり小さな穴が開くこともあります。

現在では、ストレスが引き金で、自己免疫機能と関係が深いことが解っています。

スポンサードリンク




心身の健康と育毛←前に戻る
毛髪遺伝因子は、2個1対でセット→次のページ