免疫=生体防御システム

免疫=生体防御システム

生物には自分の体を守る仕組みがある

人体は常にさまざまな種類の細菌やウイルスにさらされています。

確かに細菌といったことばにはあまりよいイメージがないかもしれませんが、微生物の中には腸内のビフィズス菌のような善玉もいれば、人体に害を及ぼす悪玉は、人が健康に生きていくうえでありがたくない病原体。

また人の体は、微生物にほかにあらゆる種類の物質にも取り囲まれています。

自動車の排気ガスに含まれる化学物質、食べ物に含まれるたんぱく質のような必要な不可欠な物質が、身の回りに存在します。

このような悪玉の細菌やウイルス、そして体によくない物質が体に悪影響を与えては非常に困るので、私たちの体には生体を防御する働きが備わっています。

微生物の感染を防ぐ、体内に侵入した細菌やウイルスを攻撃してやっつけたり、体に害を及ぼす物質を排除するシステムが用いられ、その生体防御システムが免疫。

自然免疫と獲得免疫

二段構えの生体防御システム

細菌やウイルスなどの異物、免疫システムを刺激する物質を総称して抗原と呼ばれ、抗原が皮膚や粘膜といった体表面のバリアーを突破して体内に侵入し、免疫システムが働くと体の中では抗原を排除しようとさまざまな反応が起こります。

この反応のことを「免疫応答」といい、これにはリンパ球、抗原提示細胞など複数の細胞が関わっています。

これらの細胞が連携して働くことで、抗原の侵入を監視し、抗原の種類を特定して、排除するという免疫システムが維持されています。

といっても、抗原が体内に侵入してすぐに、リンパ球などの働きによる抗原の排除が始るわけではなく、免疫応答による抗原排除の仕組みが成立するまでには数日の時間が必要です。

これまでの期間、人体は自然免疫という仕組みによって、守られています。

リゾチームという酵母が細菌の細胞壁を分解したり、ウイルスに感染した細胞で産生されるインターフェロンという物質がウイルスの活動を抑制したり、マクロファージや好中球といった細胞が異物を取り込んで殺菌・消化します。

私たちの体はまず、このような自然免疫の仕組みで、異物の侵入が防御されています。

自然免疫の仕組みでは、完全に防御できなかった場合に、リンパ球などの働きによる免疫システム、獲得免疫が活躍します。

自然免疫とは

自然免疫に関係する物質・細胞

一般的に免疫という場合には獲得免疫を指すことがほとんど。

自然免疫とは、先天的に体に備わっている抵抗力。

たとえば、健康体なら感染力の弱い細菌など恐れることなく、体内に侵入した弱い細菌が自然免疫の働きによってすみやかに排除され、体に侵入した細菌やウイルスが強力なものでも獲得免疫が機能するまでの間に細菌やウイルスが体中のいたる所に広がってしまわないよう、自然免疫の仕組みが機能します。

補体細菌の細胞を破壊したり、マクロファージなどの働きを促進したりと、さまざまな効果をもたらすたんぱく質

リゾチーム
細菌の細胞壁に含まれるたんぱく質の一様を分解する働きを持つ酵素

インターフェロン
ウイルスに感染した細胞で産生されるたんぱく質、ウイルスの増殖を抑制するなどの働きを持つ

細胞

マクロファージ
白血球の一種である単球が血管以外さまざまな組織で成熟したもの異物を貧食(細胞内に取り込んで殺菌・分解)する働きを持つ

好中球
血液中にもっとも多く存在する白血球、マクロファージと同様に異物を貧食する働きを持つ

NK細胞
ウイルス感染の防御や、腫瘍細胞(がん細胞)の破壊といった働きを持つ特殊なリンパ球


満足度100%宣言
ご安心下さい。ありえない365日全額返金保証が付いています!
本当にこのプログラムに興味があるのでしたら今日から365日間試してください。

  アトピーを90日で改善する方法~7つの秘訣~
  アトピーを90日で改善する方法~7つの秘訣~



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム