冷え

冷え症

血液の中の赤血球は、鉄が足りないと働けません。

貧血症状

働きの悪い赤血球がたくさんあっては、酸素や栄養は体の隅々まで行き渡りません。

酸素や栄養分が運ばれないと、細胞の代謝ができなく、エネルギー代謝=熱発生もしにくくなります。

結果、冷えが生じ、症状がひどいと、立ちくらみ、目の前が真っ暗になって倒れるといった症状が起こります。

顔色や唇の色が悪いというのも貧血の人の特徴です。

鉄欠乏性貧血

貧血にはいろいろな病型があります。最も多いのは鉄欠乏性貧血です。

成人女性の5人に1人は、慢性的な貧血だといわれ、毎月の月経や妊娠、出産、授乳などで鉄分の消費が多くなったり、無理なダイエットによる栄養不足によるものです。

貧血度チェック

check現在ダイエットをしている。
check体がだるい。
check動悸や息切れがする、疲れやすい。
check下まぶたの赤みが欠ける。
check爪がスプーン状に反り返っている。

貧血のメカニズム

体内の細胞に酸素を運ぶヘモグロビンは、赤血球に含まれている血色素で、主な成分は鉄とタンパク質です。

鉄が不足すると、ヘモグロビンをつくることができなくなり、供給される酸素の量が不足してます。

動悸や息切れ、めまい、立ちくらみ、だるさといった酸欠の症状が現れます。

鉄を含む食べ物

食品に含まれる鉄には、動物性食品に含まれるヘム鉄と、植物性食品に含まれる非ヘム鉄があります。
ヘム鉄は、小腸から吸収されます。

非ヘム鉄は、タンパク質やビタミンCと一緒に摂らないと吸収されにくい性質があります。

酸味・辛味を摂り入れましょう。

酢や香辛料などは、胃粘膜を刺激して胃酸の分泌を高め、鉄の吸収をよくします。

また、よく噛んでたべることも、胃酸の分泌を促進します。

鉄製の鍋やフライパンを使う。鉄鍋などの鉄が少しずつ溶け出して、鉄分が摂取できます。

食前・食後に緑茶、コーヒー、紅茶には、タンニンが含まれ、タンニンは鉄と結びついてタンニン鉄となり、吸収が悪くなる。

ほうじ茶やウーロン茶がいいです。ビタミンB12と葉酸は、赤血球をつくるのに大切なビタミンで、不足すると赤血球細胞がうまくつくれなくなることもあります。

ビタミンB12を多く含む食品には、ブロッコリー・ほうれん草・トマト・キャベツ・ピーナッツ・バナナなど葉酸を多く含む食品には、牛レバー・豚レバー・ほうれん草・大豆・じゃがいも・ブロッコリーなど

低体温

個人差がありますが、平熱で36℃以下の場合、低体温の疑いがあります。

体温が低いと体の熱生産性が低いことで、体全体が冷えているため、体は十分に働くことができません。体の末端も冷えてしまいます。

冷えは、体全体にさまざまな悪影響を与え怖い症状です。

冷えや低体温は、血液不全や免疫低下を誘導し、病気にかかりやすくなります。

春、暖かくなったところで、すぐ冷房したり、冷たいものを飲み過ぎたり、露出した服を着たりすると体温は低下します。

運動不足もだめです。交通機関の発達で、運動不足になり、筋肉の低下で、高齢者だけではなく、若い人もけが発生率が増えています。

快適、便利になることは、忙しい現代で助かりますが、変動動物になったり、すぐけがをするようになっています。

普段の生活の中で、こまめに体を動かし、休日には自然の中で、歩いて過ごすこともいいです。

冷えの原因

女性だけではなく、男性にも冷え症が増えています。

夏の冷房が一番の原因といわれています。

夏には暑い外気に対し、体を冷やす、自然の体温調節機能が働く機能が体内に備わっています。

夏は、体が冷えるような仕組みになっています。

寒さに対する準備は全くできていません。そこへ冷房が、ダメージを与えます。

寒さを防ぐ力が無い夏の体は、冷房で冷やしてダブルパンチで、心底冷えます。

カーディガン、ひざ掛け、ひざの対策をしていても腰は無防備になっています。

女性の腰の冷えは、骨盤内部の臓器の働きを悪くするため体の変調を引き起こします。

冬には、体を温めようという機能が働きます。

冷えに対する防御ができる状態で冬は、暖かい服装をして、暖房を使うことができます。

もともと体が持っている体を温める力があれば、冬の寒さを跳ね返せます。

冷え性でない人は、自然の作用が働きます。

夏の間に、体の芯まで冷やしてしまった人は、体を温める力、寒さに対する防御能力が低下しています。

食事が冷えを招く

人間は、生きていくすべてのエネルギーを食事から摂取しています。

朝食は一番大切。食べると内臓が動き出し、血の流れが良くなります。

朝ご飯を食べないですぐに活動していると、体と脳は省エネルギーで、活動するしかありません。

エネルギーの生産性が低いので、血流の循環は悪いままで、朝食を抜いて不規則な食生活をすることで、体・脳は働き始めます。冷え症の人は、体を温め、短時間でエネルギーに変わる、朝食を摂ってください。

お米のご飯、具たくさんの味噌汁、納豆という和食が理想的。

お米が効率よく体を温めます。

時間がなく、慌てて食べる食事は体にとってよくありません。

ゆっくり、良く噛むことが大切です。

早食いは、消化吸収が悪く、胃腸に負担をかけます。

イライラしたり、不安な気持で食べることも消化吸収には良くありません。

時間をゆったりと楽しく取る、食事の時間は体にも心にも良い状態です。

中国・上海のレストランは大きなテーブルにたくさんの料理とお茶そして、楽しい会話があります。

とてもにぎやかで、食事の時間を楽しんでいます。

スポンサードリンク




コラーゲンは細胞間物質←前に戻る
皮膚の健康には入浴は欠かせません→次のページ