女性の育毛手当

女性の育毛手当

市販のシャンプーの界面活性剤が、
毛穴の内部へ浸透し育毛を阻害し、毛の寿命を短くします。

スカルプ(頭皮)の異常さを改良するとは

頭皮に異常がある場合では、育毛剤は効かないか、かぶれを引き起こすこともあります。

頭皮の異常

炎症、結節性、吹き出物、うっ血、脂漏性などを解決するために
前処理を組み入れて成果を上げています。

シャンプーの前後に、スカルプケア頭皮ローションや
ルナレストルセリピッド=頭皮料で「プレ処理」を行います。

育毛剤が効く条件

弱ったり傷ついた頭皮を保護・補修をする作用は、育毛剤にはまったくありません。

育毛剤の効果を期待するのなら、弱った頭皮を回復させて使うことで、
当方の育毛手当で効果を上げています。

育毛成分の浸透効果をよくするため、頭皮や毛穴の緊張が緩んだ状態、
頭皮温で上昇して毛穴が開いた状態で、育毛剤は使います。

育毛剤は浸透速度が速いのですが、効果の持続時間は短い。

育毛剤の効果を、できるだけ持続時間を長くする使い方が大切です。

育毛剤には「慣れ」があり、続けて使うことで、頭皮の細胞が慣れで、
育毛効果は低くなってくる傾向が強いので、
慣れを解消する育毛剤の使い方をおすすめします。

育毛剤効果を持続

男性脱毛症や女性の男性化、
冷えからの薄毛のひたい(生え際)の後退は、やっかいです。

手当法は、シャンプー前に元の生え際から約1センチ下から、
セリピッドをたっぷりつけて、マッサージをします。

それから、時間を置いてシャンプーをします。

ひたい(生え際)、頭頂部をつけてから、
もう一度、進行部位に2度づけする重ね塗りを当方の育毛剤はします。

頭皮マッサージは大切

頭皮をゆっくり持ち上げるマッサージで、育毛剤の育毛成分を皮下吸収を促進させます。

頭皮を「わしずかみ」するようにして、頭皮を動かしてなマッサージをすることは大切です。

強くこすったり、叩いたりしないでください。

毛穴の内部では、もっと進行しています

洗浄力の強いシャンプーで、
毛穴の内部が荒れて抜け毛が多い頭皮が増えて女性も男性も悩んでいます。

合わせ鏡で頭頂部を見ると、地肌が透けて見えて慌てて、
育毛剤を使用しても、あなたはお金をどぶに捨てるようなもの。

頭皮の育毛環境を整える手当をして、毛穴の残留物を掃除をしてから、
頭皮回復させて、育毛段階に移るほうが効果的です。

育毛剤を使ったからといって、髪の毛は、急速に毛は生えてなどきません。

育毛剤の使い方

育毛は、毛穴の中の進行度に合わせて
育毛剤を使い育毛手当を組み立てることです。

弱った頭皮の回復で改善して、
育毛剤を加えて育毛効果を加速させる2段階育毛法を実践しましょう。

  • 抜け毛が多くなり、毛が細く、コシが無くなる、
     小さな兆候が現れると毛穴の中は、もっと進行している状態。
  • 側頭部の毛より頭頂部の毛が細く見えるなどの変化を見逃さない。
  • 弱った毛はウェーブがかかり、コシがなくなります。
  • 生え際の後退は、頭頂部より3倍労力が必要です。

毛には境界線があります。

ある一定の線を越える前に本格的な育毛手当をしないと、元に戻すことは難しいです。

頭皮と毛穴異常を改善

育毛剤が効く頭皮に回復させるには、頭皮と毛穴の緊張を緩和、炎症、うっ血、
脂漏性の頭皮を、スカルプケア頭皮ローション・ルナレストルセリピッド=頭皮料を使い、
前処理を組み入れた育毛手当をしてください。

すぐに、慌てて薄毛や脱毛症の育毛手当は、頭皮を休ませることも大切です。

スポンサードリンク




男性型脱毛症は遺伝しやすい←前に戻る
若い女性から更年期以後の女性まで→次のページ