女性の薄毛

女性の薄毛、脱毛症、抜け毛の育毛とは

手当をすると、その日から毛が太くなり、生えてくるということはありません。

毛は、生えてくるときの頭皮の状態により、寿命や太さはほぼ決められています。

育毛手当をしたからといって、いま生えている毛が太くなったり寿命が長くなることもありません。

育毛手当をすることで、これ以上早死(ヘアサイクルの異常)にさせない、ことはできます。

皆さんは誤解をしています。

一番大切なことは、弱っている毛が抜けて、次にその毛穴から生えてくる、
毛が太く寿命の長い毛になるために育毛手当をしていくのです。

女性のからだは、男性よりもデリケート

薄毛や抜け毛の情報をインターネットで集めて、自分流の育毛手当てで、
逆に頭皮を悪化させている女性が多くなっています。

皮脂分泌が多いので、若い男性の薄毛と同じ育毛手当て、
頭皮クレンジングを使用していることは間違いです。

女性と男性とは、からだの仕組み、心の仕組みがまったく違います。

男社会に適応し働く

男性社会の職場環境、人間関係がストレスとなり、体や毛髪にも現れています。

薄毛・抜け毛を治りにくくしている要因になっています。

お知らせする育毛手当ては、東洋医学の智恵を、育毛に応用して、改善率を上げています。

頭頂部が薄くなってきた状態とは

毛が細くなり、地肌がすけて見え、頭皮の色がくすんできて、頭皮が硬く緊張していませんか。

この頭皮は、毛穴も萎縮して、育毛サロンなどで相談したら、
皮脂分泌が多く毛穴が詰まっている、といわれます。

[check]毛穴を掃除する(皮脂を取る)手当を続けていませんか。
[check]皮脂を取り過ぎては、ますます毛は細くなってきたます。
[check]パーマやカラーから、ムースや整髪料を使う間違ったヘアケアで頭皮にダメージを与えてます。

頭皮や毛穴は衰え、毛は細くなる

4~6年もある女性の髪の寿命が、短くなりボリュームが減って、薄毛は進行していきます。

過剰な育毛手当で、悪循環を繰り返すことになりますので、女性は注意をしてください。

頭皮回復手当

頭皮の色とツヤがよくなってきます。

毛の立ち上がりがよくなりボリュームがでてきます。

リンスやトリートメント、整髪料の使用を止めて、
マトリックスローション(育毛アミノ酸整髪料)レストルスカルプケアトリートメンを使い、
育毛ルナレストルシャンプーに変えることで、毛質がよくなります。

髪の色やツヤが違ってきます。

女性の薄毛は、正しい頭皮回復手当をすることで、
薄毛で悩んでいたことが嘘のように見違えるほどよくなるケースが多いです。

皮脂の増加が薄毛の原因ではない

皮脂を取る手当をしても毛は生えてきません。

男性ホルモンが、毛の成長を抑制していますので、皮脂が毛の成長を抑制していません。

皮脂を取り去る手当をしても、薄毛は改善しません。

逆に、皮脂を強引に取り去れば、皮脂腺を刺激して、ますます皮脂が多くなるか、
皮膚の防御を破られ、頭皮や毛が衰えてきます。皮脂には、毛の成長を助ける成分も含まれています。

シャンプー前には、頭皮を保護するために、ルナレストルセリピッド=頭皮料を塗布した後に、
育毛ルナレストルシャンプーで頭皮を洗うようにしてください。

育毛ルナレストルシャンプーあとにも、ルナレストルセリピッド=頭皮料
薄くつけて置くといい頭皮の改善が早くなります。

ルナレストルセリピッド=頭皮料にも育毛効果を処方しています。

弱った頭皮の皮脂腺を刺激しない

弱った頭皮の異常に、効く成分を処方した、
育毛ルナレストルシャンプーが女性の薄毛や抜け毛にはいいです。

洗浄力の強いシャンプーで、毎日皮脂を取るより、手当てをして
皮脂が少なくなっていくような、育毛ルナレストルシャンプーと

ルナレストルセリピッド=頭皮料を組み合わせて、皮脂分泌を抑制していくのが女性には一番です。

女性の薄毛の育毛のためには

髪の毛の洗い上がり、感触や使用感を優先させないでください。

おしゃれは、髪の毛の悩みを解決してからにしませんか。

目的(方針)に合ったシャンプーを選ぶことが、女性にはとても大切と考えてください。

多くのシャンプーは、コンディショニング=髪の保護や補修が目的です。

弱った頭皮や毛穴の育毛環境を悪化させる、残留成分が頭皮や髪の毛にダメージを与えます。

スポンサードリンク




ルナレストル育毛シャンプーの目的とは←前に戻る
育毛剤を使分け薄毛や抜け毛を改善する→次のページ