子宮筋腫がどうして発生する

子宮筋腫がどうして発生する

卵巣から分泌する女性ホルモンが関わっている

女性の体が成熟して、女性ホルモンの分泌が活発になると、筋腫になる
腫瘍細胞のうちのるものが影響を受け、年齢とともに大きくなっていくと考えられています。

子宮筋腫は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が盛んな30〜40代に多く発生し、
初経前にはほとんど見つからないこと、エストロゲンが大量に分泌される妊娠中には、
一時的に筋腫が増大することなどから、エストロゲンの影響はほぼ確実といえるでしょう。

プロゲステロン(黄体ホルモン)も、筋腫の細胞分裂の増加に関わっていると考えられています。

筋腫の腫瘍細胞は、女性ホルモンの影響を受けても、
みな同じに大きくなっていくわけではありません。

小さいまま発達することのない筋腫もあります。

その場合は症状も出ませんし、筋腫の存在に気づかないまま一生を過ごす女性もいます。

これらのことから、筋腫の増大には、単純に女性ホルモンだけが影響しているのではなく
その他にも増殖する因子があるものと考えられています。

女性ホルモンの分泌と筋腫発生の関係

子宮筋腫の発生や増大に関わっている女性ホルモン。

その分泌量は、初経のころから増え始め、
30才ころにピークを迎えると、その後徐々に減っていきます。

筋腫の好発年齢といわれる、35〜50才(子宮筋腫人口の約80%が集中)は、
この年代に筋腫が、発生しやすいという意味ではありません。

もっと早い段階から女性ホルモンの影響を受けて発生した筋腫が少しずつ
成長して発見されることが多い時期ということです。

子宮筋腫は婦人科が扱う中で、もっとも患者さん数が多い疾患です。

極小さな筋腫を含めると、成人女性の5人に一人に見つかるといわれています。

さらに35〜50才の女性に限れば、3人に一人の割合で見つかるといわれ
筋腫人口のおよそ80%がこの年代に集中しています。

最近では、検査機器の発達で、
以前では発見できなかった微小な筋腫も発見できるようになりました。

そのため、20代の女性にも筋腫が見つかるケースが増えてきています。

筋腫ができる人と、できない人の間にどのような違いがあるのか、
どういう条件があると筋腫が、できやすくなるのかなどは、まだ詳しく分かっていません。

原因が分からないわけですから、予防法も見つかっていないのが現状です。

早期発見すれば、経過を観察したり、症状を軽くするなどの対処法もとれますが
30才になったら婦人科検診を受けるようにしてください。

筋腫の成長

すべての子宮筋腫が大きくなるかというと、そうともいえません。

筋腫核は、かなりたくさんの女性に潜んでいると考えられますが、
この核が大きくなる場合症状を起こす場合とそうでない場合があります。

これは女性ホルモンの働き方や、それに対する筋腫自体の反応の違いによって
差が出るのではないかと考えられます。

子宮筋腫は、悪性腫瘍ではないことから、
とめどもなく大きくなることはほとんどありません。

筋腫核のうち、女性ホルモンによく反応するものだけが、大きくなりやすいので
筋腫があっても一生なんら問題なく過ごす人もたくさんいます。

手術やホルモン療法、超音波療法よりも、
健康的でかしこい方法がここにあります。

オンライン物販
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

ダウンロード
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法



腫瘍とは体の細胞とは別に独立して、増殖する細胞の集団←前に戻る
次のページ→ひとつしかないというケースは少なく複数できます