子宮筋腫の2次検査

子宮筋腫の2次検査

必要に応じて精密検査を受けることも

子宮筋腫は命に関わる病気ではないので、早急に治療が必要になるケースが多くありません。

結婚を望んでいる場合、不妊症が疑われる場合、他の病気の合併が疑われる場合などには
1次検査の結果を踏まえて、さらに詳しく検査を行ないます。

MRI検査、子宮鏡検査、子宮卵管造影検査、血液検査などがあります。

これらの検査はすべて行なうわけではなく、必要に応じて行うことがほとんどです。

一般的に、筋腫を心配して受診する人への問診は、過多月経かどうか、月経痛はあるか。

貧血があるといわれたことはないか。便秘やお腹が張ることはないか、などを聞かれます。

必要に応じて、性交痛や妊娠経験などについても聞かれる場合がありますが
子宮筋腫の診断には重要な要素ですので、正確に答えるようにしてください。

[check]今までにかかったことのある、病気や持病、手術歴。
[check]家族の病歴。
[check]初経の年齢、妊娠、出産、中絶の有無と回数。
[check]一番最後の月経開始日。
[check]閉経している人は、閉経した年齢。
[check]月経の周期、規則的かどうか、量はどれくらいか。
[check]いつからどのような自覚症状があるか。
[check]薬や注射に対するアレルギーの有無。

問診が終わると、次ぎに行なうのが内診

内診では、医師が片側の指を膣に入れ、もう片方の手をお腹に置いて、
内側と外側から挟むようにしながら、子宮や卵巣の状態を見る双合診が行われます。

内診では、子宮卵巣の大きさや硬さの他に、
筋腫があるかどうか、ある位置はどこかなどがわかります。

子宮を前後左右にころがすことで、子宮と周囲との間に癒着があるかどうも分かります。

大きくしてゴツゴツしていれば、内診だけでも筋腫を予測することができますが、
小さい筋腫は内診で見つけることができません。

卵巣にできる良性腫瘍である腺維腫は、筋腫と大変似ていて、触っただけでは区別がつきません。

内診だけで筋腫の診断をすることなく、超音波検査によって最終診断されることがほとんどです。

内診のメリット

[check]内診は検査費用がかからない。
[check]痛みがほとんどない。
[check]超音波検査による画像をより正確に判断するための資料になります。

超音波検査

内診では分からない小さな筋腫を見つけたり、
大きさや数、位置を特定するために超音波検査が欠かせません。

超音波検査は、超音波を当て、跳ねかえってくる反射波(エコー)によって
内部の断面を画像に映し出すことで、子宮や卵巣を観察します。

超音波発信器具(プローブ)を膣から、入れて行なう経膣法(膣式)は、
小さな筋腫の発見や子宮内膜や卵巣の状態を見るのに向いています。

超音波発信器具をお腹の上で、動かして行なう経腹法(腹式)では、
大きな筋腫でもとらえることができます。

腹式は検査の前に尿を溜めてから行ないますが、膣式ではその必要がないため、
現在では内診に引き続き、経膣式による検査を行なうことがほとんどです。

筋腫の大きさは、通常3方向で測ります。

筋腫は球状とは限らないため、どの点をどの角度で、
測るかによって、数値が多少ばらつくこともあります。

女性ホルモンの影響で子宮の大きさが変わることもあります。

超音波検査のメリット

[check]痛みがない。
[check]頻繁に行なえて、副作用がない。
[check]その場で結果が分かる。
[check]画像モニターに映すので、医師が患者さんに、画像を見せながら説明をできる。

一般的に小さな筋腫には膣式、10cmを超える大きな筋腫には、腹式が用いられます。


女性ホルモンによって守られていることを実感して
苦痛にない人生を愉しんで下さい。

14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座
14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座



子宮筋腫の好発年齢同時に子宮がんが増えている年齢←前に戻る
MRIは、人体の磁気に対する共鳴作用を利用→次のページ