子宮腺筋症

子宮腺筋症

子宮層内にできた子宮内膜症

子宮腺筋症は月経痛が強いのが特徴

子宮腺筋症は、本来なら子宮内膜にあるはずの組織が筋層に潜り込み、
増殖して子宮壁を肥厚させる病気です。

30才代〜40才代の女性に多く見られ、
進行すると激しい月経痛を起こし、月経量も増加するのが特徴です。

子宮腺筋症には、子宮壁が厚くなって、子宮全体が肥大化するびまん型、
一部が部分的にこぶのように膨らむ局所型があります。

子宮の状態や症状が似ていることから、子宮筋腫との区別がつけにくいのが現状です。

子宮筋腫や子宮内膜症と合併することも多いです。

子宮腺筋症の治療

薬物療法

痛みが強い場合は、鎮痛剤を服用。

貧血が強い場合は、鉄剤を服用。

ピルやホルモン剤で一時的に肥大化した腺筋症患部を小さくした状態を軽くします。

手術

腺筋症患部を取り除く手術では、一時的に症状を改善するものの
再発しやすく不妊症の人は妊娠しやすくするのが、主な目的です。

子宮全摘術

子宮腺筋症の根本的な治療法。

子宮内膜症

子宮以外で出血、次第に月経痛が強くなります。

子宮内膜のような組織が子宮以外のところにでき、その組織が月経周期に
合わせて増殖したり、剥がれ落ちて出血したりする病気です。

子宮内膜症ができやすいのは、腹膜や卵巣、卵管、へそ、膣、外陰部にできることもあります。

10人に一人は、子宮内膜症といわれるほど増えており、20才代の若い女性にも多く見られます。

通常、子宮内膜は月経の際には、剥がれ落ち、体外に出て行きます。

ところが子宮以外で、子宮内膜が育つと、血液が体外に出られずに炎症を起こし
腹膜、卵管、腸などに癒着が起きたり、血液のかたまりができたりします。

そのため月経時に強い月経痛が起こり、時には鎮痛剤が効かないこともあります。

症状が進むと、月経時以外に痛みが起こる場合があります。

子宮内膜症の診断は、内診、超音波検査、血液検査、
MRI検査などで行なわれ腹腔鏡検査で診断を確定します。

子宮内膜症の治療

薬物療法

ホルモン療法(偽閉経療法、偽妊娠療法)により、月経がない状態で病気を改善させます。

ピルを使って自覚症状と病気の進行を抑えます。

手術

妊娠を望まない場合は、子宮を含めた病巣部分をすべて切除。

チョコレート嚢腫(のうしゅ)がある場合は、閉経または腹腔鏡下手術により、嚢腫を切除。

卵巣周辺に癒着がある場合は、剥離。

子宮肉腫

子宮がんとは別の開く性の腫瘍です。

まれにしか見られない病気で、細胞の核分裂の違いで、子宮筋腫と区別します。

子宮肉腫は、子宮にできる悪性腫瘍で、命に関わることもある病気です。

子宮がんが、粘膜や粘膜上皮といわれる臓器の表面に近い細胞が悪性化したものであるのに
対して、上皮でない組織が悪性化したものが肉腫です。

子宮筋腫と同様に子宮筋層にでき、
初期にはほとんど症状がでないため、判別が難しいのが現状です。

超音波検査やMRIの画像で変性のパターンをチェックし、ある程度予測を
つけることはできますが、筋腫か肉腫かを最終的に判別するには、手術で
切り取った患部を顕微鏡で比べ、核分裂がいくつあるかで確定します。

肉腫は見つけにくい上に、放射線も抗がん剤も効かないため、
現在のところ有効な治療法は手術しかありません。

しかし、非常に少ない病気なので、むやみに怖がることはありません。

子宮肉腫の治療法

手術子宮全摘術が治療の基本。

筋腫核出術中に肉腫と疑わしい病変が見つかった場合、
筋腫核を取り除いて、病変の組織検査を行ないます。

検査の結果、肉腫だと分かったら、再手術をして子宮を全摘。


女性ホルモンによって守られていることを実感して
苦痛にない人生を愉しんで下さい。

14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座
14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座



ひとつしかないというケースは少なく複数できます前に戻る
子宮筋腫の好発年齢同時に子宮がんが増えている年齢→次のページ