子宮鏡下筋腫核出術

子宮鏡下筋腫核出術

子宮鏡を膣から入れる内視鏡

子宮鏡下筋腫核出術は、子宮内腔に突出している粘膜下筋腫や
子宮内膜ポリープなどに適応されます。

子宮内腔に液体を注入して膨らませて筋腫核を見えやすい状態にします。

先がループ状になった、電気メスがついた子宮鏡を膣から子宮内腔に入れ、
筋腫核を削り取ります。

お産(経膣分娩)の経験があれば、子宮口が広がっているので問題ありませんが、
そうでない人は事前に子宮口を広げる処置が取られます。

手術は基本的に全身麻酔で行なわれ、時間は30分〜1時間程度。

お腹や子宮を切らずに済むので術後の痛みが少なく、体への負担が軽いのがメリットです。

しかし、筋腫がかなり大きい場合や、子宮内腔に突出しないタイプの
筋層内筋腫や漿膜下筋腫などには適応されません。

子宮鏡下手術を希望する場合は、検査の段階で筋腫の種類や大きさなどを
きちんと見極める必要があります。

子宮鏡下筋腫核出術の主な手順

[check]全身麻酔を行なう。
[check]子宮内腔に液体を注入して膨らませる。
[check]子宮鏡下を膣から子宮内腔に入れ、子宮内部の様子をモニターで確認しながら
  ループ状の電気メスで筋腫核を削り取る。
[check]筋腫核を膣から取り出す。

子宮鏡下筋腫核出術に適応している人

[check]粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープのある人
[check]基本的に超音波検査や子宮鏡検査で適応が認められたケースに限る。
[check]子宮鏡下筋腫核出術に限界がある人。
[check]筋腫核の大きさが直径5cm以上ある人
[check]筋腫核の半分以上が子宮内膜に入り込んでいる人

子宮鏡下筋腫核出術のメリットとデメリット

メリット

[check]お腹にも子宮にも傷ができない。
[check]手術時間が短い。
[check]術後の痛みが少ない。
[check]術後の回復が早く、入院期間が短い。

デメリット

[check]適応となる筋腫が限られている。
[check]子宮全摘はできない。
[check]一度に取り切れないことがある。
[check]どの医療機関でも受けられるわけではない。

膣式捻除術

有茎粘膜下筋腫が膣に飛び出した筋腫分娩のケースには、
膣から鉗子を入れて筋腫核部分を捻り取る方法をします。

有茎の筋腫は、他の筋腫の核出術と比べて、比較的簡単に行なえ、出血量も少なくて済みます。

ただし、小さい筋腫で、茎が細いものに限られます。

膣式捻除術の主な手順

[check]膣から鉗子を入れる。
[check]筋腫核部分を捻り取る。

筋腫は小さいうちに手術は必要か

過多月経や強い月経痛などのつらい症状がない場合には、急いで手術する必要はありません。

筋腫が一つだけというのはまれで、たいていは複数出来るものです。

小さいうちに取り除いても、また出来てくる可能性があります。

症状があまりないようなら、ある程度大きくなってから手術に挑んでも遅くはありません。

子宮を取ると、更年期が早まることはあるのか

子宮は取っても卵巣が残っていれば、これまで通りに女性ホルモンは分泌され、
更年期が早まったり、急に閉経するようなことはありません。

子宮を取ると女性でなくなると思い込みを持つ人が多くいますが、
決して、そのようなことはありません。安心してください。

手術やホルモン療法、超音波療法よりも、
健康的でかしこい方法がここにあります。

オンライン物販
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

ダウンロード
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法



膣式手術は、お腹を切らない手術法←前に戻る
子宮動脈を詰まらせ、血液や栄養を滞らせ筋腫を小さくする新しい治療法→次のページ