手術日を決める

手術日を決める

手術が決まってから入院するまで

万全の状態で手術を挑むために体と心の準備

手術をすることが決まったら、入院の予約をします。

手術日がすぐに決められる場合もあれば、
順番待ちになる場合もありますが自分の都合に合わせて決めてください。

子宮全摘術の場合、開腹手術でも膣式手術でも、月経周期に関わらずいつでも行なうことができます。

膣式捻除術についても、いつでも行うことができます。

一方、筋腫核出術や子宮鏡下手術の場合は、月経中に行うことができません。

これらの手術は、一般的に月経直後に行ないます。

月経が終わると子宮膜が薄くなっているので、筋腫核出術で傷が子宮内腔に達したときでも
修復がしやすいこと、子宮鏡下手術では内視鏡(子宮鏡)で内部が見やすいなどの利点があります。

筋腫核出術や子宮鏡下手術を受ける場合は、
手術を受ける人の月経に合わせて手術日を設定します。

手術日が決まったら、入院するまでに行なわれるさまざまな準備についてです。

貧血の治療

貧血がある場合の準備

鉄欠乏性貧血がある場合は、治療が必要です。

ヘモグロビンが11g/dl以上ないと、麻酔をかけたときに血圧が不安定になり、
予期しない出血で輸血が必要になる場合があります。

鉄剤を服用することで改善すればいいのですが、
月経時の出血が多いケースでは月経前よりも貧血が進むこともあります。

このようなときは、GnRHアゴニストを使用して、月経を止め、
鉄剤を服用したり鉄剤を注射したりする方法が取られます。

筋腫を小さくする

かなり大きい筋腫を核出する場合の準備

大量出血が予想されますが、貧血があって自己血輸血のための貯血ができないこともあります。

このようなときはGnRHアゴニストも使って、筋腫を少し小さくする処置を取ることがあります。

GnRHアゴニストを使うのは通常2〜3ヶ月ですが、6ヶ月行うこともあります。

合併症の治療

合併症がある場合の準備

手術を安全に行うために、合併症がある場合はその治療を優先します。

その合併症の主治医と手術を担当する産婦人科医が、連携を取りながら行なわれます。

自己血輸血

手術中の大量出血が予想される場合の準備

以前に何回か回復手術を受けている、強い癒着が予想される、おへその上まであるような
大きいな筋腫を核出する、多数の筋腫を核出するなどの場合、
手術の際に出血が多くなることが予想されます。

このような場合、自己血輸血を準備することがあります。

ただし、ヘモグロビンが11g/dl以上必要です。

自己血輸血とは

手術前に貧血がなく、特別な合併症などもなければ、
約1000ccまでの出血なら、輸血なしで手術を行なうことができます。

それ以上になると、輸血が必要になることがあります。

あらかじめ自分の血液を貯めておき(貯血)手術で血液が不足したら貯血で、
補う方法が自己血輸血。

貯血は通常、1回に400cc採血、この採血で貧血になった場合は鉄剤も服用して
貧血の改善を待ってから2回目の採血を行ないます。

筋腫の手術の場合、貯血が800ccほどあれば、大量出血でもまかなえる血液量とされています。

子宮内膜を薄くする

子宮鏡下手術をする場合の準備

子宮鏡下手術を行なう際、子宮内膜が厚いと内部が見えにくいことがあるため
子宮内膜を薄くする処置が取られることがあります。

通常、GnRHアゴニストを2〜3ヶ月使用します。

入院している間の準備

子宮筋腫の入院期間は、長くて2週間ほどです。

結婚している人は、家族に留守中のことをよく頼んで置くとよいです。

ひとりで生活している人は、新聞や郵便物の配達を止めて、
留守中のことを誰かに頼んで置くとよいです。

仕事を持っている人は、職場などに相談し、休みを伝えて、
休んだいる間の仕事の段取りを整えておくことも忘れないで、
保険に加入している人は、保険会社にあらかじめ連絡をすることも必要です。




女性ホルモンによって守られていることを実感して
苦痛にない人生を愉しんで下さい。

14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座
14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座



子宮動脈を詰まらせ、血液や栄養を滞らせ筋腫を小さくする新しい治療法←前に戻る
子宮筋腫があると妊娠にしくい→次のページ