抗体が作られる過程

抗体が作られる過程

B細胞から抗体が作られる過程と仕組み

B細胞及びT細胞

骨髄にある多脳性幹細胞
(細胞生産のもととなる細胞数種類の細胞を生み出す能力を持ち無制限に分裂する)
が分裂することで作られたリンパ球。

通常、血液やリンパ液などの流れに乗って体内を循環しています。

抗原が体に侵入していないかどうか、常に監視に当たっています。

B細胞が体に侵入した抗原に出会うとどうなる

B細胞は抗原を認識してそれと結合し、抗原と結合したB細胞は分裂・分化を
開始し「抗体産生細胞」という細胞を作り出します。

抗原は、次々と増殖する細菌などを効率的に排除するには、
ある程度まとまった量の抗体が必要。

1つのB細胞から1つの抗体を作るだけでは、間に合いませんので、
細胞分裂によって増殖することで、
抗体の産生のもととなる細胞をたくさん作り出します。

最終的に、抗体産生細胞から抗体が作られます。

このときにいろいろな種類の抗体が作られるわけではなく、
抗体産生細胞からは、
その元となったB細胞が認識し結合した抗原を専門とする抗体のみが産生されます。

たとえば、B細胞がXという抗原と結合した場合、そのB細胞が
分裂・分化して作られる抗体産生細胞からは抗原Xにのみ機能する抗体が産生されます。

B細胞1つにつき抗原レセプターは1種類

抗体産生細胞は、そのもととなるB細胞が結合したのと
同じ種類の抗原にのみ働く抗体を産生します。

Xという抗原と結合したB細胞から作られる抗体産生細胞は、
抗原Xにのみ働く抗体を産生します。

また、Yという抗原と結合したB細胞から作られる抗体産生細胞は、
抗原Yにのみ働く抗体を産生します。

1個のB細胞でいく種類もの抗原を認識するように思いますが、
実のところ1個のB細胞で認識できる抗原はたったの1種類だけです。

B細胞(リンパ球)の細胞表面には、抗原を認識してそれと
結合する働きを持った抗原レセプターというものが多数存在しています。

その構造は抗体とほとんど同じで、可変部と定常部の2つのパートからなり、
抗体と同じく可変部の構造の違いによって、抗原レセプターにはさまざまな種類があります。

Xという抗原にのみ結合するレセプター、
Yという抗原にのみ結合するレセプター、
Zという抗原にものみ結合するレセプターといった具合です。

1個のB細胞は抗原レセプターを1種類しかもたず、
抗原Xに結合するレセプターをもったB細胞は、抗原Xにしか働きません。

各々のB細胞は、自分が持つ1種類の抗原レセプターが
結合が可能な抗原にのみ機能します。

抗体は遺伝子の情報をもとに作られる

抗原、免疫システムを刺激する細菌などの異物は、無数に存在します。

それらの無数の抗原に対応すべく、体内には莫大な種類のB細胞が存在します。

抗体はたんぱく質の一種で、体内においてたんぱく質は、
各細胞に格納されたDNA上にある遺伝子の情報をもとに作られ、
遺伝子はたんぱく質の設計図で、1種類の遺伝子からは1種類のたんぱく質が作られます。

B細胞から作り出される抗体(たんぱく質)の種類は莫大で、1種類のたんぱく質は、
1種類の遺伝子から作られ、DNAの上には、
抗体の設計図となる遺伝子の部品が遺伝子群という形で存在するだけです。

免疫遺伝子は、抗体を作るための遺伝子部品の集まりです。

骨髄中の多脳性幹細胞から作り出されたリンパ球が成熟する際に、
任意の遺伝子部品が取り出され、組み替えられることで、
最終的に莫大な種類の抗体を産生する多様なB細胞が生み出されます。

生物の体は、比較的少ない遺伝子の部品をあれこれと組み替えることで、
無数の抗原に対抗するための莫大なバリエーションをあらかじめ生み出しています。


あなたはその薬を一生使い続けますか?
薬を使わずに簡単に日常生活に取り入れられるアトピー克服法
重症のアトピーで、7年間一度もステロイドを手放せなかった私が、
簡単に日常生活に取り入れられる方法で、たったの3ヶ月間で、
アトピーを完全に克服した方法を、あなたにお伝えします。

  アトピー地獄からの脱出!
  アトピー地獄からの脱出!



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム