抗体の種類

抗体の種類

IgG,IgM,IgE,IgA,IgD

抗体は機能や大きさなどの違いによって、IgG(アイジージー)、IgM(アイジーアム)、
IgE(アイジーイー)、IgA(アイジーエー)、IgD(アイジーディー)の
5つのクラス(分類)に分けられます。

このうち血液中にもっともたくさん含まれるのが、IgG抗体。

IgG抗体には貪食細胞の貪食作用を促進する働きがあり、補体を活性化する働きも持っています。

胎盤を通って、母親の体から胎児の体へと移行する働きも持っています。

胎盤を通って母親の体から胎児の体へと移行できる点も、IgGの抗体の特徴の1つ。

IgM抗体は、もっとも大きな分子量を持つ抗体で、補体を活性化する働きが強く、
赤血球や細菌を凝集させる働きもあり、血液型がことなる血液を誤って
輸血したときに起こる溶血反応には、このIgM抗体が関与しています。

その次のIgE抗体、アレルギーの原因となる抗体。

IgE抗体は、皮膚・血管の周囲・粘膜周辺などに広く存在している肥満細胞(マスト細胞)や
白血球の一種好塩基球に強く結合し、さらに抗原と結合することで、
マスト細胞や好塩基球から炎症などを起こす物質を放出させます。

IgA抗体には、血液中に存在する血清型IgA抗体と、
粘液や母乳などに含まれる分泌型IgA抗体があります。

機能は、血清型と分泌型とで大きく異なります。

血清型は、補体の活性化や貪食細胞の働きの促進、分泌型は粘膜保護の働きを持ちます。

IgD抗体は、血液中にほんのわずかしか存在せず、その働きはまだはっきり分かっていません。

抗体の基本的な働き

補体を活性化、貪食細胞の働きを促進

抗体には、貪食細胞の貪食作用を促進したり、補体を活性化するなどの働きがあります。

抗原に出会った抗体は、可変部にある抗原結合部位でその抗原と結合します。

抗原を認識して、それを捕まえます。

次ぎに、抗原と結合した抗体は、貪食細胞と結合します。

貪食細胞の表面には抗体の定常部と結合するためのレセプター(受容体)が存在し、
抗原と結合した抗体はそのレセプターに結合します。

通常、貪食細胞のレセプターと抗体とは弱く結合しませんが、
抗体が抗原を捕まえている場合、これらは強く結合します。

抗体は、貪食細胞がより強力に抗原を捕まえることが出来るよう働き、
これが貪食作用の促進。

抗体が抗原に結合すると、補体が活性化します。

補体は、抗体が結合した抗原を異物として認識し、攻撃を開始します。

補体は、それ自身だけで生体制御の一機能として立派に働く物質ですが、
実を言うと物質を認識する能力は、非常に低く、いったん抗体が結合すると、
補体はその物質(抗原)が異物であることをはっきり認識出来るようになります。

抗体は、抗原に目印をつける役目も担っています。


この改善法を実践して、もしもあなたの
アトピーに改善が見られなかった場合は、
購入代金を全額返金させていただきます。

  医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!
  医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム