整髪料とは

整髪料とは育毛効果のあるマトリックスローション

毛髪の内部にアミノ酸を入れると色彩も発色が十分によくなる

薄毛や抜け毛が進行して地肌が見えるようになるとハードな整髪料でできるだけ隠そうとします。

整髪料には、薄毛を促進する界面活性剤が配合されています。

整髪料を使うほど薄毛や抜け毛は早く進行させます。

毛を細くしない整髪料マトリックスローション。

育毛サロンや髪にこだわりを持つ理美容室から「毛を細くしない整髪料」とか「薄毛の人でも安心して使える整髪料」の要望が多く、開発されたのがマトリックスローションです。

薄毛や抜け毛を促進

頭皮を弱らせる界面活性剤や、髪の中身を溶かして流失させるアルコールをカットしています。

男性型脱毛症の整髪料、女性の薄毛の整髪料、リンスやトリートメントの替わりです。

毛質をよくしたい、細毛でボリウムを出したい方に使うといいです。

頭皮に付着しても育毛成分で安心

持続性、蓄積性に優れ、使用しているうちに髪の中にアミノ酸が蓄積されシャンプーしても中に残る率が多いため、効果が持続性します。

リンスやトリートメントは油脂類で、重さがあるため細くコシのない髪にはボリウム感が出しにくいですが、マトリックスローションは軽いので細い髪でもボリウム感がだしやすく、女性の薄毛や男性型脱毛症の人向けに育毛を阻害する成分や界面活性剤をカットした育毛効果のある整髪料。

髪の内部のアミノ酸と同じ低成分アミノ酸

髪の内部へ浸透し持続性がある成分を配合しました。

皮膚と同系統のアミノ酸から組み立てられた、マトリックスローションは、頭皮に付着してアミノ酸が毛の栄養として吸収されます。

整髪料は、硬ケラチンで髪の内部に浸透しにくいが、界面活性剤配合は髪にはいいのですが、頭皮を攻撃して育毛を阻害、薄毛、ハゲを促進させます。

整髪料にはアルコールや皮膜剤=ビニールなどのコーティング成分浸透性を早める界面活性剤などが配合されて、髪にはよくても育毛にはマイナス原因。

毛や頭皮が弱っている薄毛、ハゲの人ほど、これらのマイナス影響を受けやすいです。

薄毛、ハゲには、このような整髪料を使わないことです。

育毛にはマイナス

毛に付着したり、強力な皮膜を作る作用のあるリンスやトーリトメント、整髪料。

頭皮や毛穴にも付着して、毛穴を閉塞させ、配合される界面活性剤の攻撃で頭皮や毛が弱り薄毛やハゲ、脱毛症は進行していきます。

弱った頭皮ほどダメージが大きいので、薄毛、ハゲの気になる人は整髪料、リンス、トリートメントのヘアケア商品は注意が必要です。

女性の薄毛もマトリックスローション

毛の保護をすることで改善効果は違ってきます。

髪の中にアミノ酸を入れてあげると髪の色がよくなります。

頭皮についても安心

マトリックスローションは、頭皮に付着しても安心、使い方にそれほど注意する必要がありません。

check男女ともさっと吹き付けてからセットするだけ。
check髪の細い人や大量に使うときは小さな容器に少しずつ毛髪活勢水Proで2~3倍に薄めて使ってください。

ツヤやコシのある毛質にしたい

毛質をよくするにはシャンプー後に、マトリックスローションを多めに吹き付けてシャワーキャップをかぶると、アミノ酸が毛の中に蓄積され、シャンプーしても残存率が良く次第に毛質はよくなります。

洗っても落ちないコーティング剤

  • 整髪料やリンス、トリートメントに含まれる髪を被膜するコーティング剤はシャンプーしても落ちないので美容師さんも困っています。
  • 毛口や毛幹にこびりつき、毛の育成を阻害します。
  • 頭皮を弱らせ薄毛や細毛を速めています。
  • プロの美容師さんでも困っているのに、家庭ではうまく落とせません。
  • 薄毛や細毛が心配な人、整髪料、リンス、トリートメントのヘアケア商品を使わないかうまく使う必要があります。

    スポンサードリンク





    若い女性から更年期以後の女性まで←前に戻る
    整髪料=マトリックスローション→次のページ