毛をなくさない

毛をなくさないシャンプー

育毛シャンプーはいいの?

髪の汚れには、大きく分けて外からつく汚れ、体の中から出る汚れがあります。

男性型脱毛症、女性の薄毛・細毛の改善に使われています。

市販のシャンプー

髪のコンディショニング効果が目的で、
育毛シャンプーは、配合成分や処方構成が根本から違っています。

育毛、頭皮にこだわる専門家が業務用とした目的で開発されました。

理美容室や育毛サロンの施術にも使われています。

育毛シャンプー使用対象者

[check]男性型脱毛症、女性の薄毛・細毛。
[check]円形脱毛症、抜け毛、家系的に薄毛になりやすい。
[check]アトピー、鼻炎、ぜんそく、アレルギー体質。
[check]頭皮が赤い、炎症がある、かぶれやすい。

育毛シャンプー主な成分

[check]各種アミノ酸
[check]天然油脂類
[check]各種生薬抽出成分
[check]さとうきび、ビート。

さとうきびなど、自然界の成分がベースで、細胞に優しいノンアレルギーを基本にしています。

自然界の成分で、育毛シャンプーは作られています。

育毛シャンプー成分

アミノ酸系の洗浄成分も、いまは石油から作られ、長く使っていると、
毛が細くなり、薄くなることが分かってきました。

薄毛・脱毛症の原因

最低でも6つ以上が複雑にからみ合って、発症し進行しています。

6つ以上もある原因を1本の育毛剤で、すべて解決することは不可能です。

育毛の効果は、原因をいくつを改善できるかで決まります。

段階的な手当て法

症状に合った、製品を使い、手当てを組み立てて実行して、
手当てを、習慣化して続けることで、手当ての効果は決まります。

毛を回復させる

回復させるためには、時間が必要です。

時間をかけて、悪化してきた状態を、
3〜4ヶ月でよくするといったあせりや夢を持たないでください。

根気よく時間をかけて、段階的に少しずつ、改善していくという考えが必要です。

髪が弱ったり傷みやすくなる、コシやはり、つやがなくなるのは、主に次の原因です。

頭皮が衰えてきた、体のホルモンバランスが、崩れて末端の頭皮や髪に影響が出てききます。

シャンプーやトリートメント、ヘアケア製品、パーマ液、カラー、
水道の残留塩素などが、髪の内部に残留したり、頭皮や毛母細胞などを攻撃するからです。

育毛剤が効く頭皮、効かない頭皮

どんな薄毛、ハゲ、脱毛症や抜け毛でも、育毛剤をつければ育毛効果が出ることはありません。

弱った頭皮では、育毛剤は効かないだけではなく、逆に、荒れて抜け毛が多くなることもあります。

弱々しい毛しか生えてきません。

育毛剤の基本は、育毛剤が効く頭皮にしてから使うのがコツです。

育毛剤には、頭皮異常を補修する作用はなく、
薄毛、ハゲや脱毛症や抜け毛の進行は止められません。

炎症や吹き出物のある頭皮

薄毛化の頭皮、抜け毛が多い頭皮は、
育毛剤を使うの前に、頭皮回復をしてから育毛剤を使ってください。

うぶ毛が生えるが、硬毛に育たないと悩んでいる人は、セリピッド=頭皮料、頭皮ローションで
弱った頭皮回復手当てをして、育毛段階に入りましょう。

育毛剤は、弱った頭皮や女性の頭皮には、育毛剤は逆効果のなることもあり
育毛剤を使う基本は、育毛剤が効く頭皮にしてから、使うことが大切です。

炎症のある頭皮

薄毛女性の頭皮、乾燥気味の頭皮、角化して抜けやすくなっている
頭皮は、頭皮回復させて育毛剤を使うと育毛効果がでてきます。

頭皮ローションとセリピッド=頭皮料育毛剤(育毛エッセンス・頭皮エッセンス)の併用により
頭皮を保護しながら、育毛手当てをするので、相乗効果が期待できます。

頭皮を保護するので、相乗効果があり改善率が、上がっています。

シャンプーして、育毛剤を使う

そんな、簡単な育毛手当て法ではなく、段階的に、毛を生やす状態の頭皮に育てることです。

すぐに、育毛剤を使わないで、頭皮異常を改善し、確実で、本格的な育毛法を提案します。

育毛剤の効果の限界

育毛剤の性質をお知らせします。

性質や作用を知らないと、育毛剤をいくら使っても間違っていては育毛効果は期待できません。

育毛剤が効く状態の頭皮か

[check]頭皮の色は
[check]炎症やうっ血の度合いは
[check]境界線を越えた部位はあるか
[check]冷えや皮膚温が低い状態か、これは体質か
[check]手当てに慣れがでていないか

育毛剤は頭皮の状況や状態

頭皮が赤く、炎症やうっ血があり、薄毛、ハゲ、脱毛症や抜け毛が進行した頭皮は、
炎症や頭皮の緊張を緩和して、頭皮をある程度回復して、育毛剤を加えた手当てをすることです。

頭皮マッサージ

血行を考慮して実行しなければ、マイナスになることもあります。

血流促進効果だけでなく、頭皮の毛穴の緊張緩和、
自律神経の不全を、改善する目的でマッサージを組み込みます。

育毛剤を賢く選ぶ

大手メーカーは、知名度と宣伝で売りますが、小さなメーカーは、効果で勝負しています。

厚生労働省が効果を認めて、医学部外品」として認可したもので、本当に中身が濃く
信頼できるものを使わないと、単にお金を損するだけではなく、期待を疑われる
悲しい思いをし最悪のケースでは使い方を誤って、逆に抜け毛が悪化することすらあります。

頭皮が赤く、炎症を起こしている

脂漏性湿疹などのトラブルがあるときには、頭皮が育毛剤の使える状態にしてから
育毛剤を手当てに加える方が、育毛剤の効果が期待できます。

スポンサードリンク




ホルモンも、人間の毛髪に大きく関係しています←前に戻る
不安が髪の毛に良くありません→次のページ