毛髪とホルモン

毛髪とホルモン

アンドロゲンという男性ホルモンと、
エストロゲンという女性ホルモンがあります。

ホルモンも、人間の毛髪に大きく関係しています

発毛に影響を及ぼすホルモン

頭の上部と側頭部に生える髪の毛では、別々のホルモンの作用を受けています。

男性ホルモンのアンドロゲンという物質は、側頭部の発毛に影響を与えています。

ほかに、ヒゲや脇毛、胸毛もこの男性ホルモンの影響を受けています。

女性ホルモンのエストロゲンは、頭頂部に丸く広く作用しているのです。

両方のホルモンのアンドロゲンの分泌が過剰になると、トラブルが起きます。

女性ホルモンの作用によっている頭の上部部分にアンドロゲンが
分泌が過剰過ぎると、そこから髪の毛は薄くなり、ハゲていきます。

女性は、女性ホルモンが強く作用

脱毛症を発症しにくくなっています。

男性でも、20歳以下の人にハゲが少ないのは、
性腺ホルモンの分泌がまだ確率されていないからです。

しかし、10代の男性や若い女性にも、ハゲや薄毛が増加しています。

ホルモンのバランスが崩れているため、原因として考えられるのがストレスです。

ストレスは頭皮に悪い

精神的なストレスは、
いろいろな自律神経失調症を引き起こしますが、頭皮にも影響を及ぼします。

ストレスに、自律神経が反応して、頭皮の血管が収縮します。

毛根に運ばれる血流の量が減り、
栄養が届かなくなり、食生活も頭髪には、大きな関係があります。

欧米式により、肉食が中心の食事は、脂肪酸が血液に付着して血流を詰まらせ、
動脈硬化や高血圧などの病気の原因になり、髪の毛にとっても大敵。

栄養バランスが崩れると、皮脂腺が分泌する皮脂が過剰になり、毛穴を塞ぎます。

炎症や吹き出物の原因

抜け毛が増えます。

頭皮を不潔にしていると、空気中の雑菌が、髪や地肌につき、湿疹の原因になります。

シャンプー後、ドライヤーはいけないと濡れたままにしていると、
頭皮は後頭部の脳下垂体を冷やします。ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。

体温を下げ血流が悪くなり薄毛、ハゲや脱毛症

数少ない、髪の毛が可愛いあまり、
目に見えている部分を大切にしても、意味はありません。

重要視しなければいけないのは、頭皮内部に埋もれている毛根部です。

髪の毛は角質化した組織の内部には血液も神経も通っていないので、
毛幹として出てくる髪自体は、すでに死んだ細胞です。

男性ホルモン

髪自体は、生命活動を行なっていません。

毛根内の毛母細胞は、毛の根本の部分で毛細血管から、
毛乳頭で栄養を供給し、髪の毛の細胞を作っている、唯一の生きた細胞です。

これが、盛んに分裂することで、髪が伸びていきます。

脱毛しても、いずれ生えてくるのが髪の毛

しかし、生えはじめたとたん抜けてしまう、そういう毛が少しずつ増えてくれば、
たとえ毛の本数は同じでも、ハゲや薄毛へ発症して進んでいることになります。

脱毛した後の毛穴で、新しい髪の毛をつくる準備が始まります。

血管からの栄養を十分に受け取った、毛母細胞は盛んに分裂を繰り返します。

新しい毛は、まだまだ頭皮内部に発したばかりです。

頭皮から出たとしても、しばらくの間は、肉眼では見えないほど細く透明な、産毛です。

産毛段階で、コントロールミスによって、
すべての髪の毛が抜け落ちてしまうのであれば、見た目は完全なツルツルに見えます。

しかし、毛穴では髪の毛はどんどん作られているのです。

男性ホルモンのテストステロン

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンの過剰分泌と考えられてます。

しかし、男性ホルモンが脱毛を引き起こすメハニズムはまだ、詳細が解明されていません。

ホルモンは、脳下垂体、副腎、睾丸、卵巣などの臓器で作られ、血液中に分泌されます。

血液循環とともに、体内を巡っていき、
さまざまな部位や局面で成長や代謝などの働きを、コントロールします。

テストステロンも、血液に混入して体内を巡回しています。

テストステロン

毛乳頭細胞にやってくると、細胞内にある5α-リダクターゼという酵素に出合います。

テストステロンは活性化し、ジヒドロ・テストステロン(DHT)という物質に変性します。

DHTは、細胞内で核に侵入し、そこでRNAを介してさまざまな、たんぱく質を作ります。

このたんぱく質が、ヒゲの発生や成長を、活発にさせるスイッチを入れます。

思春期の少年は、突然ヒゲが濃くなります。

活性化した男性ホルモン

DHTが増えるためです。一方で、髪の毛では、脱毛に働きます。

テストステロンは、髪の毛においても、成長因子を作って髪の成長に働いていきます。

活性型男性ホルモン(DHT)は、頭皮のヘアサイクルに大きく関わっています。

男性ホルモンは、脱毛ばかりではなく、
抜けた後の毛穴で新しい毛を発生させ、それを成長させる重要な働きをします。

それが、ある時期から、何故か急激に転換し、
ヘアサイクルを無視して、無制限に脱毛のほうに働くようになります。

髪が薄くなり、ハゲてくる、しかしヒゲはそのような転換が起こりません。

これが、現代の科学でも解くことのできない謎。

髪が抜けるということ自体は、決して病的な異常ではありません。

髪は抜けるように、プログラムされています。

毎日のように、風呂に入っても垢が出てくるのは、
皮膚の細胞が新陳代謝して、入れ代わっているためです。

髪の毛も同様です。

頭皮のトラブル

髪は理由もないのに抜けたりはしません。

抜け毛や切れ毛、白髪も同様です。

トラブルを起こす髪は、何らかの原因を抱えています。

原因を取り除かない限り、元気な髪には戻りません。

何日も髪を洗わなかったり、無理な髪型を作ってみたり、何度もヘアダイを試してみたり、
長時間紫外線にさらしてみたり、髪への小さなダメージが積もりに積もっています。

脱毛、白髪、抜け毛、切れ毛へと発展します。

太くて長い髪の毛が、抜けていたが、細い毛になり短い毛が抜けだし始めます。

薄くなってしまっている、こういう状態を異常脱毛で男性型脱毛症です。

髪の毛は、なぜ細くなる

男性ホルモンのテストステロンは、血液中を流れて、毛母細胞に達します。

細胞内にある5α-リダクターゼという酵素によって、
ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

DHTが、毛母細胞に細胞分裂のエネルギーを与える
アデノシン三リン酸(ATP)の製造を阻害します。

そのため体質的素因のある人では、毛が完全な成長期毛にならないで抜けます。

徐々に細くなって、うぶ毛になってしまいます。

毛髪の発育が悪くなり、軟毛、毛の発生を見なくなるこういう経過をたどります。

正常な頭部における割合は、成長期毛が85%、休止期毛が15%といわれます。

男性型脱毛症は、ヘアサイクルの回転が速く、休止期毛が非常に多くなっています。

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンのテストステロンと、体質(遺伝)です。

体質(遺伝)

父親や母親か、どちらかに家系があると、息子は3人のうち2人はハゲになります。

父親がハゲていなくても、母親にハゲの遺伝があれば、息子は若ハゲということです。

両親ともに遺伝子があれば、息子は必ずハゲます。

毛根が抜けないように、毛根組織の活性化、
脱毛の予防、脱毛の時期を遅らせるための根気のよい努力が必要です。

シャンプーは、毛髪の成長と深い関係にあります。

頭皮は、フケや汚れで覆われ、頭皮の新陳代謝が阻害され、毛の成長も悪くなります。

若い男性は、脂性の人が多くヘアケアが悪いと、脱毛を促進させています。

意識してマッサージしながらシャンプーをしてください。

フケを除き、血行をよくし、新陳代謝を促進させるのが、育毛シャンプー法の基本です。

男性ホルモンは、皮脂の分泌を活発にする作用があります。

頭皮は脂性になり、
微生物が繁殖し過酸化脂質が毛根に作用して抜け毛を多くしたり脱毛を進行させます。

皮脂膜は髪を守っている

皮脂腺で作られた皮脂は、バターのような、
やや固めの中性脂肪ですが、そのままでは役に立ちません。

皮膚表面や毛孔の中に住んでいる、
常在菌と汗などの水分が相互に関係しあって、乳液状の軟らかい皮脂膜に変化します。

こうしてできた皮脂膜は、毛孔から分泌され、
皮膚表面や毛髪を覆い、皮膚や毛髪を外部の刺激から守ります。

水分などの潤いを与える働きをします。

皮脂が毛髪の表面に付着

毛髪中の水分の蒸発が抑えられます。

毛髪のしなやかさ、つやが保たれます。

皮脂腺は、絶えず作られ、シャンプーしても、
2時間も経て、新たな皮脂膜が作られ元に戻ります。

皮脂腺の働きを活発にさせる男性ホルモン

皮脂の分泌を抑えるのは女性ホルモンです。

女性の場合、副腎から男性ホルモンが分泌され、皮脂の分泌を促します。

排卵から次の月経間は黄体ホルモンが分泌して、皮脂の分泌を促進します。

一般に、月経前になると脂っぽくなります。

皮脂腺と深い関わりを持つにきびは、うぶ毛の生える毛孔に皮脂が詰まってできるものです。

頭髪のような、硬い毛のところにできるにきび状の発疹は、毛包炎といわれます。

髪が汚れてくると脂っぽく、ジットリして、頭皮もベタベタします。

本来フケの出にくい人でも、
肩に白い物が落ちているといった状態になり一日中頭もかゆみを発します。

頭皮の汚れ

[check]微生物が繁殖、刺激がかゆみとなって現れます。
[check]汚れを放置して、髪の毛が抜け始めます。
[check]脂肪を分解し、紫外線や酸素、オゾンで酸化されると、過酸化脂質に変性します。
[check]毛包の中に入ると、毛の成長を妨げ、皮膚に作用するとかぶれを引き起こします。
[check]脂漏性皮膚炎から脂漏性の脱毛症になります。

スポンサードリンク




皮脂が欠乏すると皮膚が乾燥し、さらにかさつく←前に戻る
毛をなくさないシャンプー→次のページ