毛髪の材料

毛髪の材料を摂取する

食事で強い髪の毛の元になる材料を摂取

髪の毛の主原料アミノ酸のメチオニンとシステイン

髪を組み立てる栄養素も、現代では不足がちです。

亜鉛の欠乏が、髪の毛にも影響することがあります。

いわし一匹(100g)には、メチオニン 570mg、
システイン 180mg亜鉛 1.1mgがしっかり含まれています。

いわしの脂質は、皮脂になりにくい不飽和脂質酸です。

血行をUPさせる

どうすれば血行がよくなる。

[check]頭部に向かう血管の大本は、耳の下にあります。頭部へ向かう血管。
[check]髪の毛に栄養を運ぶ、太い血管は3本あります。
[check]その全てが、耳の下前後に重要なポイントが集まっています。
[check]耳の周りに、刺激を与えることで、血流を普段よりアップさせます。

マッサージ方法は

Vサインの指で左右2本の指の腹で、
耳の前後を下から上に向けて軽く1分間、さすり刺激します。

頭皮は赤くなっていないか

そこにフケがついていないか

シャンプーした後の、すすぎは丁寧にしないと、頭皮の炎症原因になります。

シャンプーは、健康な頭皮を育てるために大切です。

髪の毛はケラチン

たんぱく質が積み重なって、
皮膚の表面に出ています。

ケラチンと言う物質は、年老いた細胞に、
変化して死んでしまっている細胞です。

髪の毛は、一度、傷ついてしまうと、
自分の力では、元に戻ることは出来ません。

健やかな毛を作り出すということと、
生えてきた毛を傷めないように
正しいケアケアをすることが大事です。

髪の毛、頭皮は必ず、皮脂で覆われて、必ず外からの刺激を防いでいます。

乾燥しないように、内部から脂や水分を補うことが大切です。

食事は髪の源

体が健康でないと、皮膚も髪も健康には、
保てないということを忘れないでください。

まんべんなく、バランス良く食事を摂ることが大切です。

髪の毛の栄養ケラチンは、たんぱく質です。

肉や魚、大豆製品に含まれています。効率良く摂ってください。

髪をつくる細胞の活動を、健康に活発にするには、ミネラルが必要です。

ミネラルを多く含む、海藻類・貝類が大切です。

ダイエットや外食が多い人は一度、健康のため、髪のために必要な食事について考えてください。

髪そのものを保護・補修

髪の毛には、熱いドライヤーの、かけ過ぎやパーマやカラーリングは、
毛が乾燥して、毛が傷みやすくなりますので、同じ時期にすることは、
余計に髪の毛や、頭皮が傷みやすくなります。

タバコの煙は、血行障害作用

髪の毛が気になる方は、自分が吸わなくても、
他人の煙を吸わないように気をつけてください。

紫外線も、非常に髪の毛が、乾燥しますので、髪の毛の天敵です。

長い時間外で、過ごすことが多い人は、紫外線(UV)ケアをしてください。

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血の主な症状は、疲れやすい、皮膚の赤みが少ない、
動悸や息切れがする舌がテカテカ、胃腸からの出血、多い生理などのかくれた出血がある。

貧血の中で最も多いもので、鉄分が不足することで起こります。

原因の多くは気づかない出血で、痔や胃腸からの出血・胃炎・潰瘍・がんなど。

量の多い生理、子宮筋腫など。妊娠や授乳で鉄の消費が増加するときにも起こります。

貧血は徐々にくるので、身体が疲れてしまい症状を訴えることはありません。

進行すると動悸や息切れ、舌がテカテカになったり、爪が割れやすくなります。

貧血は、全体の皮膚の感じが白っぽくなることで分かります。

内科・血液での治療は、鉄剤を使います。

貧血が治っても、鉄の貯蔵量を確保するためにさらに、3〜6ヶ月投与します。

鉄の内服剤が胃に負担になる場合は、注射の鉄剤を使います。

巨赤芽球性貧血(悪性貧血)

巨赤芽球性貧血(悪性貧血)の主な症状は、疲れやすい、
青白い顔、舌が痛む、食欲がない手先の知覚異常、バランスの悪い歩行。

ビタミンB12や葉酸の不足で起こる貧血です。

赤血球の数が減少して貧血になりますが、
1つ1つの赤血球の形が大きいことが特徴です。

疲れやすい、舌が痛む、赤みの乏しい皮膚などが見られます。

ビタミンB12欠乏性巨赤芽球性貧血は、手先の知覚異常(触った感じがおかしい)や
バランスの悪い歩行などの神経症状が、起こることが特徴です。

胃の手術をした人(ビタミンB12の吸収障害が起こる)、
悪性貧血(低胃酸性の萎縮性胃炎と
ビタミンB12九州障害を持つ遺伝性の病気)
ベジタリアン(ビタミンB12の多くは肉や裂かないに含まれます)で、起こることがあります。

葉酸巨赤芽球性貧血は、ビタミンB12欠乏性に比べ、
手先のしびれや歩行障害などの神経障害がないことが特徴です。

アルコール中毒、野菜や果物を食べない人、妊婦などで、葉酸が不足して起こることがあります。

内科血液での治療は、ビタミンB12欠乏性巨赤芽球性貧血では、ビタミンB12を使います。

胃の手術や悪性貧血では、腸からの吸収ができないので、注射が効果があります。

葉酸巨赤芽球性貧血では、葉酸を使います。

貧血が治癒しても、身体の貯蔵量を、確保の貯めに、さらに数ヵ月治療をします。

スポンサードリンク




不安が髪の毛に良くありません←前に戻る
毎日シャンプーしている→次のページ