氣血水について

氣血水について

氣血水の不釣り合いとは

氣=ストレスにより、のぼせ、イライラ
血=血管の収縮、古い血が止まる、貧血
水=体が冷える、体温保持に精力が必要になる

内臓は、互いに助け合って、調和を取り合って健康を維持しています。

漢方医学

古くさいと思われていた「漢方医学」が、注目される存在となっています。

20代~30代の女性が、漢方ブティック(漢方相談)と呼ばれる、
新しい様式の漢方薬局に気軽に立ち寄る姿が多くなっています。

なぜ、今「漢方医学」が見直されているのか。

漢方医学や西洋医学は、それぞれ長所と短所があり、得意・不得意な分野を持っています。

西洋医学で、解明されていない病気や完治の難しい病気、
不定愁訴の症状に漢方薬が効果を発揮するケースが多くなっていることが、理由の一つです。

西洋医学の抱えている問題が、限界や壁に突き当たり、
それを補う新しい方法を求めた結果として「漢方医学」が注目され始めたといえます。

日本の多くの病院で漢方医学の考え方が取り入れられ、漢方薬が処方されています。

アメリカ合衆国でも代替医学局が設立され、
漢方医学を始めとする西洋医学以外のさまざまな療法の研究が活発になっています。

21世紀は、漢方医学と西洋医学を融合させ、それぞれの良い点を生かしていく
ホリスティック医療(ギリシャ語で「全体」を意味します)の世紀だといわれています。

多彩なその人間の人生観、価値観が確率される中で、
あなたの生活にも漢方医学の、受注生産な視点や知恵を取り入れてみてはどうでしょう。

ストレスの多い生活

睡眠不足、食事でビタミンやミネラルが不足していると、腺、
とくに甲状腺、副腎、脳下垂体の栄養不足は「脱毛症」を引き起こします。

抗酸化物質を含む野菜、果物を摂りましょう。

副流煙や紫外線が、皮膚を攻撃してコラーゲンが失れます。

ビタミンCは、コラーゲンを生成して保持する栄養素です。

皮膚に心理的ストレスを与えるフリーラジカル=活性酸素は体内から
栄養素を使い、皮膚、頭皮の損傷を防ぎ、治すことができます。

腎臓は、毛とつながっている

尿の出方は大丈夫

腎臓の働きが良ければ、水の流れがよくなり、尿が適量を保ちます。

腎臓は、汚れた血液のろ過装置です。

細胞も活動するときに、栄養分を燃やして、燃えカス=毒素を出します。

毒素をそのままにすると、血液は汚れます。体に悪い影響を及ぼします。

腎臓は、血液が集めた毒素を、
血液の中から取り除き、尿を作って体外に出し血液をきれいにします。

腎臓は、毒素を取り除くだけでなく、
体の状態に合わせ、余分な塩水や水分も一緒に排出します。

腎臓の機能低下は、皮膚・頭皮、毛への影響を及ぼします。

ストレスがかかる

呼吸が小さくなるため、酸素の供給が少なくなり、血液や栄養を運ぶ量も減ります。

血管の収縮、体の緊張と体質と結びつくと血の流れが悪くなります。

頭皮の緊張を取る

ルナレストルセリピッド=頭皮料を使うと、血管の緊張を取り、育毛剤効果も上がり期待できます。

ルナレストルセリピッド=頭皮料というのは、下記のような目的で作りました。

育毛剤の欠点を補う
育毛剤はローションタイプで頭皮が弱ったり保護が必要な状況を改善する作用はありません。
でも育毛剤が使えないくらい、頭皮が弱っていたり保護が必要な頭皮の方は多いです。
そこで弱りおとろえた頭皮を保護し回復させる目的でつくられたのがルナレストル=頭皮料です。

ルナレストルセリピッド=頭皮料の目的
頭皮の緊張緩和 堅くなった頭皮や毛穴を柔軟にする。
血流の促進、うっ血の改善、炎症の沈静化。
余分な皮脂を無理なく取る、頭皮の保護 細胞の活性化。

つまり、ルナレストルセリピッド=頭皮料は、頭皮の育毛環境を整える目的で使います。

皮脂に関しては、ほとんどは机上の理論または全くのウソです。

こうした都合のいい理論や理論の一部を寄せ集めたり、調節して
「悩んでいる人を脅したり、恐怖感を抱かせて」商品を売ったり
契約させるために考え出された理論は多いです。

そうした理論の是非を確かめもしないで、便乗商品が生まれています。

いつごろ抜け毛が多かったか

いまは、20本くらいしか抜けていないが、2年前は70本ほど抜けていたという例は、
慢性化して抜け毛が少なくなっていて、進行していると考えてください。

頭皮の老化度は、抜け毛が多くても、抜けただけまた毛が生えてくればいいわけです。

頭皮を活性させ、前の世代より太く寿命の長い毛が生えてくる環境作りましょう。

毛は頭皮から生える

頭皮が硬いと、栄養も吸収されません。

抜け毛が目立つようなら、速い速度で薄毛が進行しています。

本格的な育毛に取り組んでください。

発毛の促進と男性ホルモンによる毛の老化予防を考えましょう。

毛は血管アミかごに包まれて栄養を補給

この補給路がいろいろな原因により抑制されています。

それを改善することが育毛には大切です。毛の老化により網かごの網が少なくなります。

血管が疎になる現象が起こり、血管拡張だけの育毛剤だけでは育毛効果は期待できません。

血管は一定だけではなく、作られたり消えたりしています。

髪の毛の退行期を休止期を早める作用を緩和して成長期が長くなるような手当てをしてください。

そのためには、血管の量が大切です。

頭皮エッセンスは、効果を優先にしています。

いま生えている毛が抜けた後

毛穴だけの状態が3~4ヶ月ほど続き、新しい毛が生えてきます。

実際は、そのような最短距離の効き方ではありません。

今までの悪影響が、改善されるまでは、
マイナスからのスタートと考え早い育毛の手当てをしてください。

慢性化している場合は、約2ヶ月かかります。

個人差を計算に入れて効果が現れるまで、4~8ヵ月は考えてください。

頭皮や毛穴の働きが回復すると、固着力が回復して抜け毛に抑止装置がかかります。

頭皮や毛穴が回復すると、生えてくる毛が今までの毛より太く寿命も長くなります。

手当てをしても、進行しますが、手当てを続けることで「その波は小さく」なります。

ホルモンバランス、精神ストレス度により差が出ています。

毛の本数が増えてくるのは、休止期、退行期の毛が減少して毛の本数が増えて安定します。

まずは実行してみましょう。

理屈を知っているだけでは、効果がでないのは当たり前、実行してみることです。

そして手ごたえを感じると希望が湧いてきて、楽しみになり、期待や喜びで心がはずんできます。

それが育毛手当てには、大切なことです。

シャンプーの方法を一つとっても、髪にいい方法を取り入れるだけで差が出てきます。

髪の毛は髪だけの問題ではありません。

からだとこころと日常の反映ということを意識して、
漢方の知識を生かし笑顔で努力してみてください。

嫌々と考えていては、何事も長続きしません、効果も期待できません。

結果を生み出すのは、努力の積み重ねしかありません。

江戸時代の学者・貝原益軒は
「こころはからだの主人だから事に当たってどうじないよう、
 平素から平静心を養いからだは召し使いだからこれをよく使い、休ませすぎてはいけない。」

氣を出す生き方です。

スポンサードリンク




皮膚の角質細胞←前に戻る
肌の乾燥する理由→次のページ