洗顔方法

洗顔方法

洗顔は大切

洗顔方法は、密度の高い泡を立てる

泡の密度が高いほど、肌の汚れをつかみ、泡の表面積は
細かければ細かいほど多ければ多いほど毛穴の中でもきれいに洗えます。

汚れが詰まりやすい、顔の凹部は念入りに洗い、
逆に、乾燥する目の周りは泡がフワッとするくらいで充分です。

洗顔後の干からびからび感がなくなります。

泡をつぶざず、肌を包んでふんわりと包み込むように。

紫外線対策

[check]潤いを蓄て、肌のバリア機能を整えてください
[check]乾燥、しみ、小じわ、くすみの原因となる紫外線。
[check]紫外線のダメージから守るには、肌への貯水。
[check]潤いが充ちていないと、紫外線や雑菌の侵入を防ぐ
  肌本来のバリア機能もスムーズに働きません。

潤い不足の肌は、肌をさまざまな刺激から守るバリア機能が弱まり、
紫外線によるダメージを受けやすくなります。

潤いに充ちた肌

バリア機能がスムーズに働き、肌の抵抗力がアップ。

紫外線によるダメージを受けにくい、健やかな、肌細胞を育みます。

乾燥した空気は、ちりめんじわを作り、放っておくと深いしわにもなりまねません。

しっかり、保湿を行なってください。

冬の乾燥した季節だけでなく、夏のエアコンでも空気は乾燥します。

保湿ケアをしていても、乾燥した環境に長くいることは、肌に良くありません。

換気をこまめにして、室内が乾燥し過ぎないように気をつけましょう。

スクラブ洗顔(肌を優しくこする)

肌の細胞は、毎日生まれては死んでいきます。

ひげを剃る男性は、自然と古い細胞がはがれ落ちます。

女性は、スクラブ洗顔をして、細胞の生まれ変わりを助けることが必要です。

25歳は、肌の曲がり角

歳を重ねると、新陳代謝は衰え、血行が不良になり、新鮮な細胞が生まれることが滞ります。

古い細胞は、なかなか剥がれ落ちにくく、肌がくすんできます。

正しいスクラブ洗顔方法で、古い細胞を取り除き、
新しい肌が生まれるのを助けると肌がいつまでも健康です。

脂性肌のTゾーンは、脂っぽく、鼻の毛穴の汚れも気になります。

スクラブ洗顔で、毛穴の奥に入り込んだ汚れをきれいに取ると、
洗顔した後もサッパリするします。

小鼻の周りは、ていねいにマッサージしてください。

ぬるま湯の流水でよく洗い流し、
クリームで保湿・保護して、肌がさっぱり軽く、つるつる肌に。

洗顔の役目は、汚れを落とすだけではない

洗顔には、肌に補給するという大切な役目があります。

水には、肌の細胞に水分を与え、活性化させる働きがあります。

お湯には余分な、皮脂やメイクアップ剤の油分・脂性の汚れを
浮き上がらせ、取り除く働きがあります。

肌に付着している汚れを、取り除くために、お湯を使い、仕上げは、水分補給のため
水をたっぷり与えるという、水とお湯の上手な使い方で洗顔を行なうための重要なポイントです。

化粧をしなくても

肌には余分な皮脂や、大気中のほこりで汚れて、半日もするとかなりの水不足状態になります。

水を吸収しやすくするためには、お湯と洗顔剤で汚れを、取り除くことが大切です。

顔や首筋の肌は、毎日強い日差しや風にさらされています。

乾燥しやすく、冷暖房による影響もあります。

しわなどは、肌の老化現象の現れで、肌の乾燥がしわをつくる元凶。

つややかで若々しい肌を、いつも保つのに有効なのは、朝起きぬけにコップ1杯の
ミネラルウオーターを、ゆっくり喉を転がすように飲んでください。

身体の大半は、水分

朝起きたときの身体は、水分を要求しています。腎臓の働きを助けます。

毎朝、お湯を飲むだけでお通じがよくなり、確かに身体に良いということは証明されています。

朝から積極的に水を飲み、忙しくても健康で、スリムな身体作りを。

身体は眠っている間、酸素の供給能力が衰えて、朝起きぬけは酸欠状態です。

水を飲むと、酸素を渇望している体の細胞にしみ渡ります。

エネルギー補給活動のきっかけになり、朝の水には、水分を保留する働きがあります。

肌に回す余裕の水を、確保することができます。

水分を吸収したことで、腸が暖まり、
活発になり便通が良くなり毒素を体内に溜める便秘は、肌の大敵です。

紫外線

しみ・しわ・たるみ

肌の老化の原因の8割が、紫外線による光老化。

肌は細胞から成り立っています。

紫外線を浴びると、活性酸素が発生し、細胞内にあるDNAを傷つけます。

細胞は生まれ変わりますが、DNAが傷つくと、
正しい情報が伝達されないため健やかな細胞を作ることが出来ません。

肌を支えるコラーゲン線維やエラスチン線維も弱まり、結果としてしわやたるみが進行します。

紫外線によって細胞が、傷つくのを防ぐために、しみの元のメラニンが作られます。

メラニンの働き

細胞を守る生体防御反応です。紫外線を感知する表皮の下部基底層にある
メラノサイトがメラニンをたくさん作り出し、肌の表面に押し出します。

紫外線によるダメージを防ぎ、年齢を重ねた肌は、ターンオーバーのリズムが崩れます。

メラニンが、スムーズに排出されずにしみになります。

女性の肌は、女性ホルモンのエストロゲンの減少で、コラーゲンが減少します。

はりが衰えた、肌に紫外線は追い打ちをかけます。

紫外線によって

真皮のコラーゲンやエストロゲンやエラスチンなどの弾力のある組織が変形します。

PLUGIN_SIZE_USAGE

女性ホルモンによって保たれていた、
細胞のリズムが崩れ、紫外線を防御する生体の働きがうまく機能しなくなっています。

そこに、紫外線を浴びると、肌が本来持っている防御反応が働きません。

よりひどいダメージを受けることになります。

紫外線から肌を守るためには、年間を通してUVカットを意識した
化粧品を使うだけでなく洗顔・保湿などの日常のスキンケアも大事です。

皮膚に有害な紫外線

紫外線は、表皮細胞に強く作用し、メラノサイトを活性化させる物質を分泌させます。

メラノサイトの活動が活発になり、しみのもととなるメラニン色素がたくさん作られます。

メラニン色素には、皮膚の細胞を紫外線から守る働きがあります。

大量の紫外線が、皮膚に当たるとたくさんのメラニン色素が作られ、
肌が黒くなり日焼けして黒くなる原因です。

若い頃は、しみはできにくいものです。

表皮の細胞の新陳代謝が活発なためです。

表皮は、45日周期で、新しい細胞に入れかわり、
メラニン色素を含んだ細胞は垢として剥がれ落ちます。

30歳ころには、新陳代謝が低下し、
メラニン色素を含む細胞が、そのまま皮膚に留まり、しみになります。

大量の紫外線を浴び、新陳代謝が追いつかないほど、
メラニン色素が作られた場合もメラニン色素がしみとして、皮膚に残ってしまいます。

紫外線を浴びることは、しみの元をつくり出す、肌の老化につながります。

しみのもと

毎日の生活で、少しずつ作られています。

皮膚の一番、深い部分、真皮には、皮膚の張りや弾力を保つ役割です。

波長の長い紫外線を浴びると、真皮の組織が異常を起こします。

一度、傷つけられた真皮は、なかなか元に戻りません。

始めは、小さなしわでも、放って置くと、
皮膚の弾力性がなくなり深くなり大しわとして固定されてしまいます。

紫外線から肌を守ることで、少しでもその進行を遅らせることはできます。

十分に保湿し、肌に潤いを与えるようにしましょう。

メラノサイトとは

健康な真皮、コラーゲンとエラスキンという2つの線維が規則的に絡み合い、
その間にあるヒアルロン酸という成分が水分を蓄えています。

表皮の一番下にある細胞、メラニン色素を作ります。

紫外線が、表皮細胞のDNAを壊すと、皮膚がんなどの原因になります。

メラニン色素で、表皮細胞の核を守り、がんを防ぎ、紫外線を吸収して、真皮を守る役割です。

スポンサードリンク




ダイエットをきっかけに薄毛、ハゲ、脱毛症が進行←前に戻る
皮膚を洗う目的は、皮膚を清潔にして置くことです→次のページ