獲得免疫とは

獲得免疫とは

免疫は病原体の感染によって後天的に獲得

感染の繰り返しによって抵抗力が高まる

おたふく風邪に一度かかると、二度とおたふく風邪にかかりません。

どうしてこのようなことが起こるのか。

一度目の感染の際に、体内におたふく風邪のウイルスに対する免疫ができ、
二度目に感染した際には、その免疫システムが働いて、ウイルスをやっつけてくれます。

病原菌の感染によって後天的に獲得される免疫というわけで、これを獲得免疫と呼びます。

獲得免疫の現象を利用したのが「予防接種」です。

予防接種では、ワクチン(病原菌から作られた抗原)を接種し、
あらかじめその病原菌に対する免疫を獲得しておくことで、実際の感染を防ぎます。

ただ残念なことに、ある種類のウイルスに感染することで
感染される免疫は、ほかのウイルスにはまったく効きません。

1種類の抗原に対し、1種類の免疫が原則

ウイルスXにはXというワクチン、ウイルスYにはYというワクチンといった具合に、
病気ごとにそれぞれ別の予防接種が必要なのは、そのためです。

前の年にきちんとインフルエンザの予防接種を受けたのに、
今年はインフルエンザにかかってしまった、という経験をした人も多いと思いますが、
これは前年と今年ではウイルスの型が異なったからです。

前年の予防接種で獲得された免疫では、
今年のインフルエンザウイルスに対処できなかったわけです。

獲得免疫は大きく分けて2つ

体液性免疫と細胞性免疫

獲得免疫の段階で活躍するのは、B細胞、T細胞という2種類のリンパ球。

2種類あるというのは、体内に侵入する異物の種類はさまざまで、また侵入した
病原菌の種類によって増殖の仕方もさまざまであるため(体液中で増殖・細胞内で増殖)、
1種類のリンパ球だけではあらゆる事態に対処できないからです。

B細胞は抗原を認識してこれと結合すると、
分裂・分化して、最終的に抗体と呼ばれる物質を産生します。

抗体は、細菌などの異物に結合して感染を防いだり、細菌の毒素を捕まえたりする
働きを持つ特殊なたんぱく質で、血液やリンパ球などの体液中に存在する。

このことから抗体による免疫を体液性免疫といいます。

一方のT細胞は、抗原と反応すると分裂・分化し、
エフェクターT細胞というリンパ球になります。

エフェクターT細胞は、ウイルス感染細胞を攻撃して、
破壊するキラーT細胞と、B細胞による抗体の産生を助けるキラーT細胞と、
B細胞による抗体の産生を助けるヘルパーT細胞の2種類に大別されるが、
いずれも抗原の排除において重要な役割を担い、
キラーT細胞による免疫獲得をとくに細胞性免疫といいます。

抗体やT細胞が活躍するといっても、
これらの働きだけで異物が完全に排除するわけではなく獲得免疫の段階でも、
異物の排除には補体・好中球、マクロファージなどが活躍します。

抗体やT細胞は、体から排除すべき抗原と結合することで、
補体や貪食細胞の働きをより促進します。

1種類の抗原につき1種類の抗体

B細胞から産生する抗体(lg:lmmunoglobulin)は、
抗原を捕まえる手錠で、抗原と結合して抗原の排除に働く。

抗原は1種類の抗体は1種類の抗原にしか結合できない、
Xという抗原と結合する抗体XはYやZとの別の抗原には結合しません。

各々の抗体は専門とする抗原とだけ特異的に結合します。

ある種類の病原体に感染することで獲得される免疫がほかの
病原体に効かないのはこのような仕組みが存在するためです。

カギ(抗原)とカギ穴(抗原結合部位)の関係

抗体の可変部(専門とする抗原の種類によって構造が異なる)の構造と、
抗原決定基(抗原の種類を決定する)の構造とが合致する場合にのみ、
抗体は抗原と結合できます。


この改善法を実践して、もしもあなたの
アトピーに改善が見られなかった場合は、
購入代金を全額返金させていただきます。

  医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!
  医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム