皮膚の働きと仕組み

皮膚の働きと仕組み

汗腺

エクリン腺とアポクリン腺

皮脂腺は、脂を分泌する腺で、毛や皮膚を脂で被って水に濡れるのを防いだり
摩擦を減らしたりする目的で発達してきた器官です。

汗腺は、水をベースとする分泌液を分泌する腺です。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。

暑いときや運動した後にかく、一般に汗と呼んでいるのは、
エクリン汗腺より分泌されている分泌物です。

エクリン汗腺は
主に体温の調節のために発達した器官です。
エクリン汗腺は、温・熱に反応して発汗しますが、それ以外にも精神性の刺激を受けて
発汗したり、味覚性の刺激を受けて発汗したりします。

緊張をすると、掌が汗ばんできます。

掌の汗腺は、精神性の刺激に応答する汗腺で発汗することにより、
皮膚の摩擦を上げ、物を掴むのを容易にする働きをします。

エクリン汗腺は、私たちが生まれたときから既にできていて
全身に約200万〜400万もあるといわれています。

もっとも身体全体に均一にあるわけではなく、顔面、胸部などでは数が多くなっています。

アポクリン汗腺は

広く哺乳動物に見られます。

分泌物には、独特の臭い成分が含まれているもの
お乳のように高濃度の栄養素が含まれているものまであります。
アポクリン汗腺の多くは、毛のう内に開口部があります。

人のアポクリン汗腺は、腋の下や乳首、外耳道部などに分布されています。

人の腋臭は、アポクリンの分泌物(アポクリン汗)が、
導管内部で微生物により分解されて発生するものです。

思春期になると、女性では特に、性ホルモンの影響を受けて乳腺が発達しますが
乳腺はアポクリン汗腺が発達したものと考えられています。

汗腺の成分と働き

暑いときや運動をした後にかく汗は、
皮膚の上で玉となるので、汗が分泌されているのが分かります。

これを感知性発汗と呼びます。

しかし、涼しいときやあまり激しく動いていないときでも、
私たちの体は知らず知らずのうちに汗をかいています。

これを不感知性発汗と呼びます。

不感知性発汗の量は、1日で約0.9kgと推定されています。
年齢や性別、温・湿度など条件によって大きく変化します。

暑い夏の日の室内で、約3リットル、
炎天下で働いている場合には10〜12リットルの汗をかくと言われています。

幼児期では、成人に比べて発汗量が多く、季節変動はあまり見られません。

性別差もあまり見られません。

思春期以降では、女性の方が発汗量が少ない傾向にあるようです。

温熱性の発汗では、発汗開始時の成分には、比較的濃い濃度の塩分が含まれています。

熱に馴れてくると、塩分濃度は低下し、
体内の塩分の消失を防ぎながら効率良く体温を下げるようになります。

熱帯地方に住む住民は、塩分の消失を極力抑えながら、
最大限の熱放散が得られるように気候・風土などに馴れて、適応した汗のかきかたをします。

これを馴化(じゅんか)といいます。

発汗作用は、体温調節のために必要な機能ですが、
角層への水分供給源の一つとしても重要です。

さらに、汗に含まれる乳酸などの酸は、
皮膚のアルカリ中和能においても必要な成分と考えられます。

石鹸で皮膚を洗うと、皮膚のpHは、弱酸性から中性からアルカリ側へと変化します。

これは石鹸に含まれるアルカリの負荷によるものです。

石鹸で洗った後の皮膚のpHを時間を追って測定すると、
いったんアルカリ側に傾いたpHは徐々にもとの弱酸性のpHに戻ります。

この戻る速度を、室温20℃と30℃で比較してみると、30℃の室温条件で明かに発汗が
認められる場合は、pHの戻りが有意に早いことが示されます。

一方、30℃の条件でも発汗が少ない場合には、pHの戻りが早くありません。

エクリン汗中には、酸成分として乳酸がもっとも多く含まれています。

皮膚の老化

内因性の老化、外因性の老化

生ある物には、必ず寿命があります。

個体の老化とは、それを構成している細胞の老化であり遺伝子や
たんぱく質などの分子の変化としてもとらえることができます。

皮膚に起こる老化の変化

[check]乾燥状態
[check]しわやたるみの状態
[check]色の変化やしみの発生

年とともに現われる視覚的な変化としてとらえることができます。

皮膚は細胞や分子のレベルで老化研究を行なうための格好の材料です。

表皮細胞や線維芽細胞、メラノサイトの代謝の変化、皮脂腺や汗腺などの付属器官の
働きの衰え、そして、体を守る免疫力の衰えなど、さまざまな角度からの研究がなされています。

皮膚の老化は遺伝的に決められていると考えられ、生命の寿命そのものに関係する
内因性(intrinsic)と呼ばれている老化と、紫外線や熱や乾燥あるいは刺激物質など、私たちが
生活している環境から影響される、外因性(extrinsic)と呼ばれる老化とに分けられています。

遺伝的に決められている、内因性の老化変化は、生命そのものが持っている
宿命的なものであり、万人に遅かれ早かれ訪れます。

化粧品によるスキンケアなどでは、この老化を、どうかするというようなことできません。

化粧品が対称とする老化は、外部環境などにより、
促進された外因性の老化変化だと考えられます。

芽キャベツ 肌を美しくする

芽キャベツには、ビタミンCが多く含まれ、キャベツの4倍です。

ビタミンCは、コラーゲンを作りだし、肌に潤いを与え、
いつまでも若々しく美しい肌を保つのに役立ちます。

ビタミンCは、細胞膜の材料レシチンを作る働きを助けます。

皮膚細胞は十分に栄養も受けられ、生き生きしたダブル美容効果も期待できます。

芽キャベツは、抗潰瘍性ビタミンU(胃炎予防)を含んでいます。

ビタミンUは、胃液分泌抑制作用、潰瘍組織の再生促進作用があります。

芽キャベツは、丸ごと調理することが多く、
壊れやすいビタミンCが壊れにくく効率良く摂取できます。

ビタミンCは、美肌作り、ストレス対策に効果があります。

芽キャベツの食物繊維は、キャベツよりも少量で多量の食物繊維が
摂取でき便秘解消におすすめします。

便秘改善により、胃・小腸や大腸(結腸)など消化器の機能も回復します。

肝臓や腎臓なども正常に働くようになり、
利尿効果も高まり、ダイエット効果も現われるようになります。

肉類や揚げ物など、脂肪の量が多く、消化されにくい物を食べるときには
芽キャベツと一緒に食べると、食物繊維が、脂肪を絡めとって、体外に排出します。

ビタミンUが、胃腸への負担を軽くして、食物の消化能力も高まります。

スポンサードリンク




毎日シャンプーしている←前に戻る
育毛悩みサイトマップ→次のページ