皮膚を洗う

皮膚を洗う

皮膚を洗う目的は、皮膚を清潔にして置くこと

皮膚には、いろいろな汚れがあります

自ら分泌したものや、外から自然と付着したもの、メークなど千差万別です。

また、それらの汚れを栄養源として繁殖する、殺菌なども有ります。

洗浄剤は、水やお湯では落としにくいので、これらの汚れを効率的に落とすために用いられます。

当然、落とすべき汚れを効率的に落とすために用いられます。

当然、落とすべき汚れにより、用いられる洗浄料も、その使い方も変わってきます。

洗浄料は、大きく2種類に分けることができます。

一つは、石鹸やボディーシャンプーなどのように、自然に体に止まる汚れや殺菌を落とすことは主な目的とするものです。

もう一つは、ファンデーションや口紅など、彩るために皮膚につけられた、メークアップ化粧品を落とすことに主な目的としているものです。

皮膚の性状と洗浄

洗い上がりの皮膚は、清潔でしっとりしてとても気持ちのよいものです。

洗面台で顔を洗うだけでも、さっぱりして気持ちよくなります。

すべての人が同じように洗顔をし、あるいは体を洗ってよいものでしょうか。

若い人とお年寄りでは、当然、洗顔の方法も、体の洗い方も違ってきます。

若いうちは、皮脂の分泌が盛んです。

また外で、活動する時間も長く、スキンケアは汚れを、落とす洗浄が中心になります。

しかし、年をとるにつれ、皮脂の分泌も少なくなり、
運動量も比較的少なく、汗をかく機会も少なくなります。

若い人とお年寄りでは、このように汚れの質も量も違ってきます。

お年寄りでは、洗顔の回数は少なくしてすみます。

毎日入浴するなどしている場合、その都度、洗浄料で体を洗う必要もなくなってきます。

スキンケアは、洗浄よりも不足している皮膚の成分を補うことが、中心となってきます。

皮脂分泌量の盛んな、若い人は、分泌された皮脂を
そのままにして置くと、皮脂に埃が付着したり、菌が繁殖したりします。

あるいは、皮脂そのものが酸化して、
刺激物質となり、皮膚に悪影響を与えるようになります。

毛穴の中に皮脂が溜まり、にきびの原因にもなります。

出きるだけ頻繁に、洗顔するように心がけることが必要です。

若い人の皮膚は、2種類のタイプがあります。

顔全体が脂っぽいタイプと、
額や鼻の頭は脂っぽい(Tゾーン)ですが、頬や目の周りは乾燥しているタイプです。

確かに皮脂分泌の多い部分は洗顔を頻繁に行なうのがよいのですが、乾燥している部位は、
洗顔してそのままに放って置くと、かえって皮膚を荒らしてしまいます。

やはり洗顔した後は、失われた保湿成分を油性成分の少ない化粧品で、
きちんと補う必要があります。

若いうちは、可能な限り洗顔の回数を多くするように心がけたいものです。

しかしながら、回数を増やすといっても、なかなか難しいことです。

毎日同じように洗顔料を使って、洗う必要はありません。

ウェットティッシュなどで、拭くだけでも、かなり効果があります。

メイクをしていると、人によっては朝1回、帰宅して1回、
寝る前に1回と計3回がやっとという人もいると思います。

日本には化粧水という、日本の気候に適した油成分をほとんど含んでいない化粧品があります。

ケラチンタンパクの機能を高める成分を含んだものもあります。

洗顔する機会が少ない人は、洗顔料で毎日の洗顔をしっかりと行ない、
その後このような化粧水をたっぷり使い、保湿成分を補って置いてください。

油性成分を含んだ乳液やクリームは、
かさつきが気になる部分にだけ少量使用するようにしてください。

スポンサードリンク




洗顔方法は、密度の高い泡を立てる←前に戻る
洗浄料にはさまざまな活性剤が使われています→次のページ