経過観察

経過観察

症状がない人、症状が軽い人に適している

定期的な検診を受けながら様子を観察します

症状が悪化した場合、治療を受ける必要が、ありますが、将来妊娠を希望している人、
妊娠を希望しているが、症状がなく、筋腫も小さい人、
妊娠している人には身体的・精神的負担が少ない治療法です。

薬物療法

対症療法

[check]鉄剤、鎮痛剤など用いて、症状を軽減します。
[check]メリットは、症状が改善する。副作用が少ない。
[check]デメリットは、筋腫自体の治療効果はない。効果がずっと続くとは限らない。

貧血や月経痛など症状が強い人、偽閉経療法が合わなかった人に適しています。

ライフプランから見て適している人は、貧血や月経痛など症状があり、日常生活に不便を
感じている人、手術や偽閉経療法に抵抗がある人、閉経が近い思われる人です。

偽閉経療法

ホルモン剤などによって閉経状態にし、筋腫を小さくします。

[check]メリットは、筋腫を縮小できる。手術中の出血を減らせる。
[check]閉経が近いと思われる人は、手術をしないで閉経を迎えることができます。
[check]デメリットは、長期間行うことができない、薬を止めると筋腫が
  元に戻ってしまう場合がある更年期と似た副作用が出る場合があります。

症状から見て適している人は、筋腫核出術を行なう予定の人、
貧血や月経痛などを改善してから、手術を行なう方がいいと思われる人です。

ライフプランから見て適している人は、過多月経や月経痛など症状があり、
日常生活に不便を感じる人、偽閉経療法に抵抗がない人、閉経が近いと思われる人です。

手術

筋腫核出術は、筋腫核だけを摘出する

メリットは、子宮を温存できる、筋腫による症状が緩和される、
      手術後に妊娠・出産が可能です。

デメリットは、筋腫が再発し、再治療の可能性がある、
       手術時の出血が比較的多い、すべての筋腫を取り切れない場合もあります。

症状から適している人は、筋腫による症状が強いが、
子宮を取ることに抵抗がある人筋腫が不妊の原因と考えられる人です。

ライフプランから見て適している人は、年齢が若い人、
この先、妊娠・出産を希望する人です。

子宮全摘術は、子宮を摘出する

メリットは、再発する心配がない、筋腫による症状を確実に治せる、
      将来子宮がんなどの病気にかかる心配がありません。

デメリットは、子宮を失い喪失感を感じる場合がある、
       手術後に妊娠・出産が不可能です。

月経や体調の変化に注意

子宮筋腫は良性の腫瘍です。

症状がなかったり、日常生活に支障がなければ、
経過を見るというのも治療法のひとつです。

経過観察とは、具体的には定期的に医師の診察を受けて、
筋腫の状態や前回との変化をチェックすることをいいます。

貧血の検査を行なうもともあります。貧血が見つかれば、
鉄剤などによる薬理療法を行なったりもします。

月経痛がある場合も同じです。

経過を見るというのは、決して放置いてもよいということではありません。

定期検診を怠ると、筋腫が大きくなっていたり、突然痛みに襲われ、
筋腫だと思っていたものが子宮肉腫で、手遅れになることもないとはいえません。

定期検診は、6ヶ月に1度のペースが基本ですが、筋腫の状態によっては、
3ヶ月に1度の人も入れば、1年に1度の人もいますので、医師の指示に従ってください。

経過観察中の日常生活

月経量の変化、痛みの有無、体調などに注意を向けておくことも大切です。

筋腫による貧血は、徐々に進むことが多いので、
貧血に気づかないまま、症状を悪化させる場合があります。

異常を感じたら、定期検診でなくても、すぐに医師に相談してください。

たまには、お腹を触ってみて、しこりが触れないかどうかを確認したり、
普段から鉄分の豊富な食材を積極的に摂り、ぬるめのお湯にゆったり浸かり、
骨盤内の血行を促して、月経痛を緩和してください。


女性ホルモンによって守られていることを実感して
苦痛にない人生を愉しんで下さい。

14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座
14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座



妊娠を希望するかで決まる治療法ライフプランを考慮することも必要←前に戻る
対症療法と偽閉経療法薬を用いる療法を薬物療法といいます→次のページ