育毛剤を使分け

育毛剤を使分け薄毛や抜け毛を改善する

育毛、養毛は段階的に改良しましょう

薄毛やハゲの脱毛症の額(生え際)は、後退すると元の位置に戻すのは難しいので、
ハゲで後退する前に、毛の伸びが遅くなる、抜け毛が多く、
赤ちゃんの毛(短い毛)などの兆候を早く見つけて、早めの育毛手当をしましょう。

右か左の片方だけが早く後退したり、育毛手当をしても、片方だけ改善が遅れることもあります。

今では、若い女性も、額(生え際)の後退で、悩んでいる人が増えています。

額(生え際)の後退、M型の脱毛症

額(生え際)の後退が難しいのは、脱毛原因の確定が難しく、体の不思議なことは
同じ男性ホルモンが、部位により全く正反対に作用をするためです。

男性ホルモンで、頭皮の一部は、老化=バランスが崩れるので、
髪の毛が抜けたり髪の毛が細くなりやすいです。

額(生え際)の毛の伸びる速度は極端に遅いので、育毛手当の効果が
出ているのか自分で判定しにくいため、途中で止める、挫折する人が多いです。

育毛の成功

複数ある薄毛、ハゲ、脱毛症原因をどれだけ、解消できるかが、育毛手当ての成功です。

これを1本の育毛剤だけで、解消するのは難しいのが現実です。

薄毛、ハゲは、育毛剤の成分の効果だけに頼ると失敗します。

育毛手当の組み立て、育毛剤の使い方が効果を上げ、育毛剤の成分を浸透させ作用させるか。

育毛剤を使い分けている理由とは

額(生え際)の後退、M型の薄毛、ハゲの脱毛症は特別の手当と、育毛剤の使い方も違います。

育毛手当ての効果は、手当の方法と育毛剤の使い方で大きく違います。

ホルモン様の働きをする伝達物質に注目

毛の成長促進・毛の老化ともに深く関与

薄毛、ハゲが進行し、実際に弱っている頭皮を使って、処方設計した
スカルプケア頭皮エッセンス(高機能育毛剤)は、毛の成長期を、

長くし成長促進を助けて、毛の退行期や休止期を早めて、炎症を起こす作用を緩和、
ハゲ、脱毛症の老化タイプの育毛に特化する新しい育毛剤です。

血管は一定ではありません。体内で作られたり、消えたりしています。

血流促進だけの血管拡張作用だけの育毛剤ではなく、血管の量も育毛には重要な要因です。

血の滞り・気血の滞り

虚血性、うっ血、血の滞りと、薄毛の新しい原因としてストレスによる、
血の滞り・気血の滞りが増加しています。

この原因を、血管拡張・血行促進の育毛剤だけで改善することは難しく育毛効果に限界があります。

局所的な血管だけを考えた、今までの育毛法や育毛剤は、効果に限界、改善が難しいので新しい育毛剤スカルプケア頭皮エッセンス(高機能育毛剤)シリーズが必要なので出来(開発)ました。

育毛の実践から開発された育毛剤

社会が複雑化し、ストレスを多く受ける、社会構造と不規則な
食生活や食の変化から薄毛やハゲ、脱毛症の原因も大きく変化しています。

薄毛、ハゲ、脱毛症を改善するため、効果のある育毛手当、
スカルプケア頭皮エッセンス(高機能育毛剤)が必要です。

頭皮ローションと頭皮エッセンス

今までの育毛剤や育毛手当は効かないと、あきらめていた症状を改善するための、
スカルプケ頭皮ローション、スカルプケア頭皮エッセンス(高機能性強化育毛剤)です。

育毛効果を発揮、実感出来ます。

買いやすい価格で、ほどほどの効き目の育毛剤では、
難しい症状の薄毛、ハゲ、脱毛症を解消できない症状が多くなりました。

育毛手当の細分化、高機能性に特化した育毛、
スカルプケア頭皮ローションシリーズ、スカルプケア頭皮エッセンスシリーズが必要です。

皮脂分泌だとか毛穴閉塞とか、薄毛、ハゲ、脱毛症の症状や状態は、個人差が大きいです。

薄毛、ハゲ、脱毛症の原因が違います

同じ育毛剤を使っても、育毛剤の使い方や使う量などを、
細かく処方(指導)しないと、薄毛、ハゲ、
脱毛症は治り(改善)ません。

宝の山を前にしてあきらめている人が多いのは残念です。

頭皮の熱(のぼせ)のため抜け毛が多くなり
薄毛になっている症状もあります。

スポンサードリンク




女性の薄毛、抜け毛の育毛とは←前に戻る
薄毛、ハゲ、脱毛症の原因は→次のページ