脂漏性

脂漏性湿疹(皮膚炎),脂漏性脱毛症

脂漏性湿疹はステロイド薬などでメディカル・ケアします

脂漏性湿疹(皮膚炎)体の中からの手当と平行して
行なわないと症状は治りにくいです。

脂漏性湿疹のシャンプー法は、
ルナレストル育毛シャンプーで洗うのが基本です。

脂漏性症状が強いときには、ルナレストル育毛シャンプー
2倍に薄めてから頭皮をやさしく洗うこと。

ルナレストル育毛シャンプー前、頭皮を保護するため、
スカルプケア頭皮ローションⅠルナレストルセリピッドⅤ
塗布してから育毛シャンプーで洗います。

ルナレストル育毛シャンプー後も、スカルプケア頭皮ローションⅠと
ルナレストルセリピッドⅤを使って頭皮に薄くつけて保護すると効果が早いです。

皮脂の増進が脱毛、薄毛の起因ではありません

皮脂を取る育毛手当をしても毛は、元気に生えてきません。

男性ホルモンが毛の成長を抑制するので、皮脂が毛の成長を抑制するのではありません。

過剰に分泌されるから、余分といって、皮脂を取り除く手当をしても、
薄毛は改善しなく皮脂を強引に取り除けば、生体防御システムで働く、

皮脂腺を刺激してしまいますます皮脂分泌が多くなるか、
生体防御システムを破られて、頭皮や毛が衰えていきます。

皮脂には、毛の成長を助ける成分も含まれています。

取り過ぎてはいけません。

皮脂を取っていると、脂漏性湿疹(皮膚炎)になります

脂漏性湿疹は、ステロイド薬などで治療します。

しかし、薄毛やハゲに関しては、体の中からの育毛手当を平行させて行なってください。

皮脂を無理なく取る方法

ルナレストル育毛シャンプー前に、ルナレストルセリピッド=頭皮料を、
進行部位中心に、塗布してからシャンプーすると、

余分な皮脂が無理なく減少していくもで、
ルナレストルセリピッドⅤを続けていると、頭皮はさっぱりとしてきます。

皮脂腺を刺激しないように設計された、育毛用のシャンプーが望ましいです。

シャンプーで直接、皮脂を取り除くより、次第に皮脂が少なくなっていく
ルナレストルシャンプーとルナレストルセリピッド=頭皮料を、
組み合わせて、皮脂を抑制していくのが一番です。

育毛のためには、感触や使用感を優先させるのでなく、目的にあったシャンプーを選ぶことが大切。

市販の多くのシャンプーは、コンディショニング=髪の保護や補修が目的です。

頭皮や毛穴の育毛環境には、よくありません。

薄毛の80%以上が、頭皮に異常

頭皮が赤くなり炎症状にある。

このような、頭皮が悪化した、育毛環境では、いい毛が育つことはありません。

この状態が続くと、頭皮や髪の毛は、徐々に弱っていきます。

このような頭皮の状態では、育毛剤が効かないばかりでなく、育毛手当をすることで、
ますます頭皮が弱り薄毛、ハゲ、脱毛症を進行させることにもなります。

育毛とは

頭皮を育てること、毛を直接育てることだけでなく、
毛が育ちやすい環境を作ることです。

毛が少なくなるのは、頭皮に何らかの異常があるからです。

その異常を正していくことで、髪の毛は回復してきます。

残念ながら、育毛剤では、頭皮の保護作用や
頭皮回復作用が不足しています。

頭皮を改善するには、スカルプケア頭皮ローションや
ルナレストルセリピッド=頭皮料が必要になります。

頭皮のダメージの炎症深度により、スカルプケア頭皮ローションや
ルナレストルセリピッド=頭皮料を、何日か使うだけで白くなる
場合もあるし、3週間から2ヶ月ほどかかる場合もあります。

症状が慢性化している場合、専門的な施術を数回することで、改善できます。

育毛効果を早く期待する人は、頭皮回復施術を、アドバイスしています。

皮脂が多いのは

何らかの刺激や体の中に原因がある(胃腸の働きや肝臓の働きなど)ことが多く、
それを直接的に、洗って取ると、皮脂腺は刺激されてますます脂漏性になります。

ルナレストルセリピッドは、皮脂を無理なく取るので使い、シャンプー後は、少なく使います。

毛穴の中はボロボロ

洗浄力の強いシャンプー剤で、毎日頭皮や髪の毛を洗っていると、
頭皮の育毛環境にダメージを受けて悪化します。

こんな毛根の抜け毛が多くなってきました。

原因は色々あり、毛穴の中がボロボロになっていることは一致しています。

初期段階なら育毛剤だけでも改善できますが、症状や進行度によっては、
育毛剤だけでは、無理なことが多くなっています。

この抜け毛が多いのに、育毛剤を使っているからと安心していると、
薄毛、ハゲ、脱毛症、抜け毛は進行して、このような頭皮の毛穴から、
生えてくる次の世代の毛は、弱々しい毛になります。

適切な育毛手当をしていますか?

どんな薄毛、ハゲ、脱毛症、抜け毛でもシャンプーして、
育毛剤を振りかければ、毛が生き生きと生えてくることはありません。

[check]どのような毛が多く抜けて、混じっているか。
[check]頭皮の色、緊張度、フケは、それは細かいか、大きいか。
[check]頭皮はお肌と同じ成分。吹き出物や湿疹ができやすいか。
[check]体質的なアレルギーがあるか、アレルギーの家系か。
[check]現在、使用しているヘアケア製品は育毛環境を阻害していないか。

薄毛、ハゲ、脱毛症、抜け毛は、保険診療では限界があります。

頭皮の状態を育毛剤を効くようにする育毛手当てが必要です。

薄毛、ハゲ、脱毛症、抜け毛の原因が変わってきました

男性ホルモンが、毛の成長を抑制するので、皮脂が毛の成長を抑制することはありません。

皮脂をクレンジングを使い取ることは、薄毛、ハゲ、脱毛症、抜け毛は改善することはありません。

皮脂を強引に取ると、皮膚を外的から防御している皮脂を分泌している、
皮脂腺を刺激していまい、ますます皮脂の分泌が過剰になります。

生体防御システムに狂いが生じて、結果、頭皮や毛穴が衰えることになります。

皮脂には、毛の成長を助ける成分も含くまれているので、クレンジングを使って、
皮脂を取り過ぎは、薄毛、ハゲ、脱毛症、抜け毛を進行させてしまいます。

薄毛、脱毛症、抜け毛は、そんなに単純な原因で発症しません。

最低でも6つ以上の原因が、複雑に絡み合って発症して、
薄毛、ハゲ、脱毛症は進行して大勢の方が悩んでいます。

情報や交通の発達で、環境も複雑になり、ストレス社会に反映して原因も変わっています。

育毛手当に使う製品も変わってきました。

お金と時間のムダになり手当をしても薄毛、ハゲ、脱毛症、抜け毛は進行していきます。

毛根を見て、自然脱毛と楽観していませんか

ストレス性の抜け毛
ストレスは恐ろしいです。

ストレスによって、血管が収縮して髪の毛に栄養が滞って制限された毛です。

ストレスがきっかけに、薄毛、ハゲ、脱毛症が発症進行してきます。

これは、元に戻りにくくなるタイプが増えています。

このような、抜け毛(信号)が出ていたら、
通常の育毛手当をしていても改善は難しくくなかなか改善されません。

スポンサードリンク




髪が伸びる仕組み←前に戻る
ルナレストルセリピッドⅤ→次のページ