腎臓機能

腎臓機能

無意味な育毛諸手当て

無駄な育毛手当に大切な時間・労力・お金を費やすことはできません。

無駄で寄せ集め育毛手当てとは、インターネットで、
毛にいい情報を集め、お金を使い毛にいい商品を買い集めて行なう自己流育毛手当て。

ひとつひとつは、なるほど効果があるようですが、
それらを寄せ集めても、育毛法としては効果は低いです。

ノコギリヤシを、飲めば毛が生えるとか増えることはありません。

ノコギリヤシは、腎臓機能が低下して、それに伴ない毛が抜けるような人には有効といえます。

五臓の腎には腎臓も含まれ、精を作るため重要視されます。

腎虚

腎の機能低下が腎虚と呼ばれます。腎虚になれば精力衰退、老化などに繋がっていきます。

腎で作られた精は、骨髄で血を作り、全身に巡ります。

髪は血余といわれるのは、腎に関した言葉で、腎の働きの状態は、髪の毛に現れます。

水液を司り尿を作り、体外に排出されます。

精神面では、腎は恐れと関連するとされ、
驚きやすさ、警戒心の強さ、疑り深さにつながっています。

精力減退が、起きればやる気のなさなども現れます。

若々しさの秘密は、精にあります。

精が強ければ老化も遅くなり、いつまでも若々しさを保てます。

若々しい人に、腎臓機能(体内の水分調整)が低下している人はいません。

ノコギリヤシは、育毛だけの目的では、円形脱毛症以外は使いません。

亜鉛にしても

亜鉛が不足したら、細胞や毛を作る機能に影響だ出るといいます。

しかし、亜鉛だけを摂れば、即、毛が生えるとか、増えることはありません。

食事にしてもバランス

これを食べれば、毛が回復・毛が生える・太くなるといった食べ物はありません。

健康を維持することからも、まんべんなく、偏りのない食生活を考えてください。

そのうえで、足りない栄養素を補うためにサプリメント、健康補助食品を摂ることが大切です。

腎臓は汚れた血液のろ過装置

尿の原料の血液は、体の中でどのような働きをしているのか。

体の中の細胞に、細胞が活発に活動するとき必要な
新鮮な酸素と栄養分を、体の中に摂り入れる必要があります。

生きている間、常に酸素と栄養分を体は必要とします。

血液が体の中隅々を巡り、酸素と栄養分を届けます。

酸素は、鼻や口から呼吸によって体に摂り入れられ、肺を通って血液の中に入ります。

栄養分は、食物を通し口から入り、胃と腸で分解、腸の壁から血液の中に吸収されます。

血液は、栄養分や酸素を届けるだけでなく、体内のごみ(老廃物)を集める大切な仕事をします。

細胞を活動するときに、栄養分を燃やして燃えカス=毒素を出します。

毒素をそのままにすると血液は汚れます。

体に、悪影響を及ぼします。

腎臓は血液が集めた毒素

血液の中から取り除き、尿を作って体外に出し、血液をきれいにします。

尿の主成分は、水分の他尿素や尿酸などの老廃物です。

これらは細胞が活動するエネルギーを得るため
栄養分を燃やしてできた燃えカスで、小さな分子になっています。

小さな網の目も通り抜けられます。

反対に、赤血球、白血球、血小板などの血球成分やたんぱく質は、
尿素、尿酸などと比べるととても大きな分子です。

体のバランスを保つ

体には、毎日の食べ物の変化や環境の変化に対して、
体の状態を一定に保つためのシステムが組み込まれています。

尿を作って出すことも、システムの一つで、腎臓は、毒素を除くだけではなく
体の状態に合わせて、余分な塩素や水分も一緒に排出します。

血液の量や成分が一定になるように働きます。

血液が常に、弱アルカリ性になるよう余分な酸性やアルカリ性の物質を取り除きます。

毎日、尿の色や匂いが変わるのはそのためです。

泌尿器

泌尿器とは、血液から尿を作り、排泄を行なう器官です。

泌尿器は、腎臓、尿管、膀胱、尿道の4つからなります。

腎臓は泌尿器の要で、血液から尿を作り、尿管は腎臓から作った尿を膀胱まで運びます。

膀胱は尿管から運ばれた尿を一時貯めて置く袋です。

膀胱に、一定の尿が溜まると、
尿意を感じ、尿は尿道を通り、体外につながる尿道口から排出されます。

尿と便の違い

便は大便、尿は小便ともいいます。

尿も便も、体にとって必要がなくなった不要物。

それぞれ全く違う過程を経て作られる別物です。

便は口から摂り入れた食べ物が、胃や腸などの消化器官を通る間に、
必要な栄養分が抜き取られてできた食物の残りカスです。

尿は、体の中を回る血液が、
腎臓を通るときに、余分な水分とごみが振り分けられいらない血液です。

スポンサードリンク




日本人の4人に1人は高血圧←前に戻る
気虚血虚タイプの薄毛→次のページ