膣式手術

膣式手術

膣式手術は、お腹を切らない手術法

基本的には膣から子宮を全摘する手術のことをいいますが腹腔鏡を併用する腹腔鏡下膣式
子宮全摘術、子宮鏡を用いた子宮鏡下筋腫核出術筋腫分娩を捻り取る膣式捻徐術があります。

開腹手術と比べて、お腹を切らないため傷が残らず、
痛みも少なく回復が早いのですが手術の際に見える範囲が狭いのが難点。

膣式子宮全摘術

膣の一番奥を切開し、卵管、卵巣、膣を残して、子宮だけを膣から摘出する手術。

お腹に傷が残らず、術後の回復の早くなりますが、誰でも適応するわけではありません。

膣が狭い場合や、筋腫が大きい場合、子宮の周りに癒着が疑われる場合は、適応しません。

原則として、お産(経膣分娩)の経験がある人に対して行なう手術。

膣式子宮全摘術の主な手術

[check]全身麻酔科下半身麻酔を行なう。
[check]膣の一番奥を切開する。
[check]子宮頚部を膣から引き出し、子宮の下部のじん帯を切断する。
[check]子宮体部の膣から引き出し、子宮の上部のじん帯を切断する。
[check]膣から子宮を取り出し、膣の断面を縫い合わせる。
[check]膣式子宮全摘術のメリットとデメリット

メリット

[check]お腹に傷ができない。
[check]術後の痛みが少ない。
[check]術後の回復が早く、入院期間が短い。

デメリット

[check]手術の際に見える範囲が狭い。
[check]適応となる人が限られている。
[check]途中から開腹手術に切り替える場合がある。

膣式子宮全摘術に適している人

[check]子宮の大きさが成人男性のにぎりこぶし大以下。
[check]癒着がない。
[check]経膣分娩を経験している人。

膣式子宮全摘術に限界がある人。

[check]子宮が新生児のあたま大以上。
[check]経膣分娩の経験がない人。
[check]膣が狭い人。
[check]癒着がある、また疑われる人。

腹腔鏡下膣式子宮全摘術

腹腔鏡下膣式子宮全摘術は、膣から子宮を摘出する手術(膣式子宮全摘術)も
補助として腹腔鏡を用いて行なう手術法。

子宮が大きい場合や癒着があるようなとき適応されます。

手順は、腹腔鏡と操作鉗子を用いて、じん帯のうち子宮の上部にあるものを切断し、血管も
結紮(けっさつ:縛って血液の循環を止める)して切断します。

卵管や卵巣を切り離し、癒着も腹腔鏡で剥がします。

次ぎに、膣側から膣の一番奥を切開して、膣に近い子宮の下部のじん帯を切断、外側に沿って
切断された子宮を膣から取り出しますが、子宮が大きい場合は、いくつかに分割してから
取り出します。後は、膣を縫合して終わります。

腹腔鏡を使うことによって、本来なら開腹手術しか選択がなかった、
大きな子宮でもある程度までは膣から取り出すことが、可能になりました。

お産(経膣分娩)の経験の有無に関わらず、誰にでも適応するところが大きなメリットです。

腹腔鏡下膣式子宮全摘術の主な手順

[check]全身麻酔を行なう。
[check]腹腔鏡と操作鉗子によって、子宮上部のじん帯を切断する。
[check]癒着があれば、腹腔鏡で剥がす。
[check]子宮下部のじん帯は膣式で切断する。
[check]膣から子宮を摘出する。
  (子宮が大きい場合は、分割して摘出する場合もある)
[check]膣の断面を縫合する。

腹腔鏡下膣式子宮全摘術のメリットとデメリット

メリット

[check]手術による傷口が小さい。
[check]術後の癒着が少ない。
[check]基本的に誰でも適応。
[check]術後の回復が早い。
[check]傷が小さく、見た目に優れている。

デメリット

[check]手術時間が回復手術と比べると長い。
[check]回復手術に移行する場合がある。
[check]限られた医療機関でしか受けられない。
[check]医師の非常に高度な技術が要する。

約70%くらいの女性が不快な生理痛で悩んでいます。

その生理痛の原因とは、ホルモンバランスの崩れといわれています。

原因は個人差があるのが、ホルモンバランスの崩れです。

なので、その原因によって痛みを改善するやり方が変わるのは分かると思います。

この「14日間集中!子宮内膜症改善」講座は、
特に子宮内膜症・卵巣チョコレートのう腫・子宮腺筋症などに特化しています。

子宮内膜症・卵巣チョコレートのう腫・子宮腺筋症についてそれぞれの原因と、
ステップを踏んだ対策を分かりやすく、実践しやすく解説していきます。

ホルモンバランスが崩れた原因は個人個人当然違います。

ホルモンバランスについては、学校でも病院でも教えることは決してないようです。

とても不安になると思います。

ですから、内膜症などで貧血が酷いと、原因を知らせられないため、
言われるままに子宮を全部摘出したり、ピルを使用することになるのです。

ホルモンバランスは、子宮や卵巣だけでなく、あなたの身体全体に影響があるのです。

なので、ピルで生理を止めても子宮を切除しても
「ホルモンバランス」を改善することはできないのです。

恐ろしいのは、手遅れになってホルモンバランスが崩れたままだといることなのです。

乳ガン、高コレステロール、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、痴呆などが
起こりやすくなるということです。

子宮内膜症・卵巣チョコレートのう腫・子宮腺筋症などは、あなたがこの
「14日間集中!子宮内膜症改善」講座で、ホルモンバランスを整えれるなら改善ができます。

この講座でホルモンについて知識を得て、
子宮内膜症・卵巣チョコレートのう腫・子宮腺筋症などを
あなたなりに改善する事が出来き健康な毎日を送られます。

多くの女性にとってホルモンバランスが、一生涯、健康のカギなのです。

女性ホルモンによって守られていることを実感して、苦痛にない人生を愉しんで下さい。

14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座
14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座



お腹の中を直接見ながら手術ができるので、確実で安全←前に戻る
子宮内腔に液体を注入して膨らませて筋腫核を見えやすい状態にします→次のページ