薄毛と恐怖心

薄毛で恐怖心を抱くこと

恐怖心は悲観的な気持ちが作り出す幻想

楽観的な心が作る希望のイメージで恐怖心を忘れさせてくれます。

自分は、絶対に幸福になれるのだという信念は、楽観主義者の特許です。

成功者は、全員が楽観主義者で、
常に前向きに成功をイメージし、目標を持って考えている人。

脳内にドーパミンというホルモンが継続的に分泌されます。

ドーパミンは、構造式や作用が麻薬に良く似た物質です。

血液中のドーパミンの量が増えると、毛細血管をゆるめて血液の循環をよくし、
心地よい感じやワクワクするようなアイデアがどんどん湧きます。

毛の補給路の血管は、頭頂部の末端では、毛の太さの1/10の細さです。

アトピー体質、ストレス、気の滞り、
自律神経失調は、この細い毛細血管が消えたりして影響を受けやすい状態です。

炎症、吹き出物などで、血管が弱くなっているところに、
育毛剤で局部的に血管を拡張しても効果は期待できないか、育毛効果は低くなります。

頭皮回復させる手当てを、
先に行ない頭皮が改善して育毛剤を加える、2段階の手当と組み入れましょう。

ドーパミンが大脳の働きを刺激

頭の回転が速くなり、何をしても失敗することはないという自信が湧くようになります。

恐怖心は、悲観主義者の特許です。

恐怖心には、すべてに共通していることは、確実にやる気を奪い取ってしまいます。

人間は恐怖心に襲われると、
脳からの指令でアドレナリンというホルモンを副腎皮質内で大量に合成します。

大量のアドレナリンは、短時間のうちに血液の循環を悪くし、神経系統を麻痺させます。

大量のアドレナリンは、胃酸や汗などの分泌物にも影響を及ぼします。

胃腸や体温の調子を狂わせ、食欲不振を招きます。

末端の髪の毛には、充分な栄養がないと生命維持に必要な臓器に栄養が先に運ばれ、
不足状態では、末端ではカットされ、毛母細胞の分裂が正常に働かなく、
結果、粗雑な毛髪になります。

極度の恐怖心

中枢神経がひどいショックを受け、毛根から空気が侵入して、
わずか数時間のうちに髪の毛が白くなることもあります。

慢性化した恐怖心や不安は、
アドレナリンの毒性を体内に蓄積して、身をじわじわと蝕みます。

恐怖心は、自分の弱さを意識することから生まれ、そして障害に
立ち向かえるだろうかと不安を覚えたときにしか、恐怖心は生まれません。

病気に対する恐怖心

自分には、それを克服できないのではないかという意識から生まれてきます。

恐怖心を克服するには、まず何を恐れているのか、正確に知ることから始まります。

恐れている相手は、まだ何も起こっていないか、現実には存在しないものか、そのどちらか。

恐怖心を感じる時間を、持てないほど自分を忙しくする。

自分の心の中に勇気を育み、壁に挑戦するための大切な手腕(スキル)です。

忙しさは、恐怖心という心を無くします。

恐怖心の実体は、ほとんど存在せず、自分が作り出しています。

髪は体と心の余裕から育つ

落ち着く時間を作り、お茶を飲んでホットすることも人生には大切。

早く結果を求めて、育毛手当がストレスになってはいけません。

自律神経が緊張して、血行や栄養の循環が滞ります。

毛を育てる毛球部には、栄養を送りこむ血管を包むように取り巻いているのが自律神経です。

脳は何でも受け入れる

薄毛、ハゲ、脱毛症になると、世間や人間関係など人に合うことが嫌で、
髪の毛が薄いことがで悩み、ストレスを発症する人が増えています。

薄毛が気になる人は、
今のうちに治してください。簡単に、ストレスを無くすことはできません。

現代社会は、さまざまなストレスにさらさられて、私たちは生きています。

仕事上のストレスがあるから、別の仕事に就けばいいといった、単純なことではありません。

ストレスには、悪いイメージを持っている人が大勢いますが、善玉ストレスもあります。

その人の原動力になる善いストレスもあります。

人間には何かをしなくては

ある程度のプレッシャーがないと、人は動こうとしません。

これもストレスで、
このストレスを原動力とすることが、できるか、できないのか、ということ。

上手な人は、さまざまなストレスを、逆手に取り、それを乗り越えようとします。

ストレスを善いエネルギーとします。

髪の毛そのものについてもいえます。

薄くなってきたことを気に病んで、絶望的になることがまた、髪を抜ける方向に向かいます。

深く考え込んないで、おおらかな気持で、髪の毛についても考えるようにしてください。

持って生まれた性格があります。

溜めやすい人、残しやすい人、
ストレスになら無いようにストレスは早いうちに解消するのが一番です。

ストレス解消法を見つけてください。

何ごとも、のめり込んでしまうと視野が狭くなります。

仕事に追われ続けて、
いつの間にか、身体にストレスを溜めてしまい、生活習慣病になるという人も多いです。

やり過ぎがあります。

食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動のし過ぎ・オーバーワーク、ダイエットのし過ぎと色々です。

こうしたことが重なって、身体だけでなく、髪の毛にも大きな負担をかけています。

趣味を楽しみ、仕事以外に生きがいを見つけ、落ち着きゆっくり生活を大切にする時代です。

生きている限りストレスを避けられない

ストレスを受けると、脳下垂体からホルモンが分泌されます。

副腎皮質モルモンが分泌され、ストレスを和らげる役目です。

脳下垂体や副腎皮質のホルモン分泌が悪くなると、
ストレスが精神や肉体に色々な形で悪影響を及ぼします。

毛根は、さまざまなホルモンの影響を強く受けます。

そのためストレスが脱毛に結びつくことが、想像できると思います。

ストレスが脱毛に結びつくメカニズム

詳しく解明されていません。ストレスをできるだけ蓄積しないようにすること。

笑いや気晴らしを上手に生活に取り入れ、ストレスを感じにくくする生活を大事にしてください。

脳生理学的

仕事上の緊張感を"A"とします"A"の緊張感をほぐすために何もしないで休むより、
音楽による"B"という異質の緊張感の中に浸ることが効果的です。

脳は、何でも受け入れて、ダメということはなありません。

常日頃からバラエティーの富んだ、情報を受け入れるよう生活習慣を意識的につけてください。

生活パターンも自然と夜行型に移動して、
不規則な生活、睡眠不足などが、身体に負担をかけています。

いくつも積み重なり、心と身体の鏡の髪の毛に影響が出てきます。

健康のために、規則正しい生活のリズムを守るようにしてください。

質の良い睡眠を取るようにするだけで、ずいぶんとストレスを解消できます。

食生活でも、少しでもバランスのとれた食事を摂るようにしてください。

脳は、情報が駆けめぐる場所に応じ、さまざまな脳内ホルモン(神経伝達物質)が活躍します。

それが不順な動機であろうと、
刺激されることでホルモン分泌が高まり、情報伝達をゆさぶるということになります。

とにかく何かを、考えて実行しようと思わない限り、脳は働いてくません。

脳は、刺激されれば答えてます。

大切なことは、脳が答えてくれるように、日頃から好きな心を抱いたり、
何かを見つけたり、感動するのでなければ、答え方が散漫になります。

ボーッとテレビばかり見ているような生活は、脳を馬鹿にします。

スポンサードリンク




皮膚の健康には入浴は欠かせません←前に戻る
食塩摂取量は、1日約12g→次のページ