術後に肥満になるの

術後に肥満になるの

手術を受け子宮を全摘しても太らない

食事制限をする必要はありません

筋腫の手術を受けるのは、閉経に近い時期であることが多く、
体脂肪がつきやすい時期と思われている原因かもしれません。

術後しばらく大事を取る意味で、安静にしすぎたり、
栄養を摂る過ぎたりすることが、一時的に体重や体脂肪の増加につながる場合もあります。

食事を極端に制限することはいけません。

体調を見ながら、体を動かすように心がけましょう。

子宮を全摘した後、何に対しても無気力

無意識に、子宮を失った喪失感を強く感じる

自分自身では意識していなくても、子宮を取ってしまったことで、
女では無くなってしまったのではないか、夫から女として扱われなくなるのではないか、
といった先入観から、無気力になってしまうことがあるのかも知れません。

子宮筋腫は命に関わる病気ではないため、
子宮を失った喪失感を強く感じてしまいがちになります。

子宮を取ったことで、避妊を考える必要がなくなった、筋腫にまつわる不快症状に悩まされる
ことがない、今後子宮がんになる心配が無くなるなど、多くのメリットに目を向けてください。

物事をこのように前向きにとらえることが、
いきいきとした生活につながっていくのだと考えます。

更年期の症状がつらい

ホルモン補充療法は症状改善に有効

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期にまつわるさまざまな症状の改善に有効で、
子宮がんや卵巣がんを増加させることがありません。

乳がんに関しては、長期間続けると、
少々リスクが高まりますが、4〜5年以内では問題ありません。

信頼のおける医師の指示のもとで行なえば、さまざまな不快症状が緩和されるので、
生活の質=クオリティー・オブ・ライフ(QOL)が高まります。

ホルモン剤は一生飲み続けるの

骨粗鬆症、動脈硬化、高脂血症などを減少

卵巣を摘出して急に女性ホルモンが無くなってしまったので、
ホルモン補充療法をすすめられます。

女性ホルモンを補充することによって、更年期障害を改善して、
さらに骨粗鬆症、動脈硬化高脂血症などを減少させ、膣の萎縮予防をします。

ただ5年以上続けると、乳がんや血栓症がわずかですが、増加します。

更年期障害が改善した後は、中止してもよく、
ホルモン補充療法を続けることのメリットとリスクを考えて判断してください。

筋腫核出術後に下腹部に差し込むような痛み

時間とともに痛みはやわらいできます

短時間の痛みで、すぐに消えるようなら、
腸の動きによる一時的な痛みが起きていると考えられます。

時間とともに痛みの出現も少なくなりますので、あまり神経質にならないほうがよく、
まれに、手術の結果生じた癒着が原因で下腹部痛が起きる場合もあります。

痛みが続いたり、痛みが強くなるようなら、一度、医師に相談してください。

手術後、便秘気味に悩んでいるので対処法は

筋腫が腸を圧迫していて、便秘がちですが手術によって治るケースがあり、
筋腫の手術によって便秘を引き起こすということはありません。

便秘と手術が関係があるとすれば、子宮と腸が癒着を起こした可能性が考えられます。

傷をかばってお腹に力が入らないかもしれません。

排便が困難な場合は、医師に相談してください。

手術のあと大事を取る意味であまり動かなかったりしたとか、
食事が不規則になったなど生活習慣のうえで思い当たることがあるのなら、
そこから改善する生活習慣全般の見直しも必要かもしれません。

手術やホルモン療法、超音波療法よりも、
健康的でかしこい方法がここにあります。

オンライン物販
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

ダウンロード
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法



帝王切開になるかどうは、筋腫の位置や胎児の位置によって決まる←前に戻る
下腹部がぽっこり出てきた縦に切った部分が食い込んで引きつる痛み→次のページ